がんばれ!!!!!

実家のワンコの具合が悪いと昨晩連絡があり、今日行ってみました。
ワンコは10歳。 人間の年齢で60歳程度。 まだまだ元気な年齢のはずなのです。

お腹の調子が悪いらしく、レントゲンにはなにやら影が。
食事ももう4日もとれてなく、すでに点滴しか受け付けないのです。

なんでこんなになるまで病院に連れて行かなかったのか?と母を
責めてしまったのだけど、もともと犬は吐き癖があると思っていたし
食べないのも、年だから、とちょっと軽く考えていたそう・・・。

ただ行っていた動物病院では”ガンかも”って言うのだけど、血液検査では
ガンの結果はみえてない、とか云々かんぬん。
とにかくはっきりしない。

病院曰く、お腹を切って中を見ればわかる。

(そんなことは誰でもわかる)

どうも私はその病院は信用しないので、他の病院に行ったらどうか?と
母に提案してみました。
今行っている病院は毎年ワクチン接種に通っていたところだから、慣れてるし、と
いう理由で行ってるらしいのですが、評判的には他の病院のほうがずっといいのです。

ただ、実家のワンコはウェルシュコーギーなので、車を運転しない母が
抱いて歩くにはちょっと大変なんです。
父も肝心なときに仕事だし、私も明日は絶対に休めそうにない日。

なんで大事なことを後から言うのかなぁ・・・と後手後手感に
ひとりイライラしっぱなしでした。
だって、見るからに衰弱しているし、もう、歩くことも立つこともできないんですよ。
おしっこもうんちも変だし。

すると、最近は散歩していると必ず毎回吐いてた、と母・・・。
いままで病気ひとつしたことなかったら、様子をみているうちに
もう手遅れになってしまったのかもしれません。

心配かけたくなかったから私に連絡しなかったらしいのですが、とにかく、
今日、明日が正念場な感じです。
明日の朝、まだ元気だったら、別の病院につれていってもらうことにしました。

ただ、動物病院の治療費の高さにびっくり。
1日検査、治療、入院しただけで4万です。
そしてそのあと毎日1万5000円ずつかかっております。

だからこそ、しっかりとした腕と信頼のおける先生に看てもらいたいんですよね。
がんばれ、ワンコ!!
私が子供のころから育てていたので、私の顔を最後は起き上がって
見送ってくれました。
きっと明日まで大丈夫と信じています。


こんなときに限って、としくんも出張でしばらくいない・・・。
[PR]
by mysakuranbo | 2010-01-25 00:50 | 日々の出来事

毎日が新発見


by me
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31