Tomorrow is known




何かを始めるのに、遅すぎるということはないと思っている。
ひょっとしたら遅かったとしても。

でも、英語に関しては、わたしの中に失われた20年が潜んでいるような気がしてならない。
いつでも挑戦者の精神でやってきた、と、思っていたのだが、やり方が間違っていたのかもしれない。

この頃遭遇する英語の壁の高さにめまいがするばかりで、逃げ出したくなることが多い。

「そうやって、これからも逃げていけば?」

20年前のわたしが言う。

確かに、20年前日本で「流通していた」英語と、今のレベルはちょっと違う。
20年前のクリスマスケーキを今同じレシピで作ったとしても、大した味ではないのと一緒だ。
格段に広くなり、格段に深くなった。

それでも、今からでも遅くないと思うことで、人は希望を見出している。
そしてきっと明日も自分に言い聞かせるのよ。

今日からでも遅くない、って。

都合のいいように、希望はいつも明日にある。
都合の悪いことは忘れられるように。

この前の20年間はそんな風に生きたのだと思う。
だれだろう、tomorrow never knowsなんて言った人は。











b0043980_14493656.jpg

[PR]
by MySakuranbo | 2011-12-28 20:02 | 日々の出来事 | Comments(0)

毎日が新発見


by me
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31