月曜日の雨の午後に

ソール・ベロー(Saul Bellow)を読むつもりで、本が横に置いてある。
数か月前に買い、読みたい気持ちは十分にあったのだけど、手をつけずにいた。
まぁ、時間もなかったし。

ここ数か月の私の文学歴を見ていて、わかる人にはわかると思うが
わたしはユダヤ系文学に非常に興味がある。
というより、時には自分と対比することによって、ものすごく共感したりもする。

ユダヤ人と聞くと、たいていの日本人は第二次世界大戦時のナチスドイツの
話を思い浮かべると思う。
あるいは、大富豪かのどちらかだ。

わたしも最初はそんな一人だった。

民族をひと括りにして語ることはとても危険だ。
そういう発想がかつての大殺戮を産んだわけだし、今も世界のどこかでは
そんな勝手な一括りのために、苦難の人生を歩んでいる人たちもいる。

日本人は、とわたしがここで言っててしまうことだって、大方のところ、自分の
経験や体験をオーバーに脚色して言っているにすぎない。
でも、ユダヤ人作家は、「われわれユダヤ人は」について、非常に客観的な
目線を持っている。

そういう民族論が好きな部分が、なぜか日本人と重なるところがあるんだな。
もちろん歴史はぜんぜんちがう。
かたや、黄金が眠る島と言われた日本に住む私たちと、かたや安住の地の
なかった人たち。

ベローはノーベル賞もピューリッツアー賞もとっている。
すぐれた作家というのは、文学者であるケースはあまりなくて、
彼も人類学者である。
(アメリカ人のノーベル文学賞は過去に10人が受賞、ちなみに
日本人は大江健三郎と川端康成のみ)

さ、やはり途中まででもいいので読むかね。
冷たい雨がふる月曜日の午後にはぴったりかもしれない。
[PR]
by MySakuranbo | 2012-01-23 15:46 | -趣味のアメリカ | Comments(0)

毎日が新発見


by me
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30