首都高の値上げに思う

年始に実家に行ったときに利用した首都高の代金が800円になっていた。
そもそも割引前の区間では700円だったのが、100円の値上げ。
深夜や日曜日の割引もなくなってしまった。

ときどき560円で利用できた区間が800円とはものすごい値上げだ。

なぜ首都高は値上げになるのか。

近距離の利用を望んでいるとしたら、埼玉県から神奈川県までを
縦断する首都高は必要ないだろう、と思うわけである。

前からそんな計画があるのはなんとなく知らされていたが、まさか
1月からなんて、聞いていなかったですよ。

距離別料金制はいつの間にか導入されてしまった。

でも、若者には関係のない話だ。
なぜなら彼らは車を買わないし、乗らない。
車を所有して維持するより、時折レンタカーをするとか
電車でグリーン車に乗るとか、タクシーを利用するほうが
損得で考えればはるかに得だし、だいたい彼らはローンを組んでまで
車は買わない。

事実、ローンで車を買おうとする人は減っている。
昔は5割と言われていたが、今は3割程度がローン利用者とか。

では、この値上げはいったい誰のなんのためなのか。
近距離の首都高を利用する人たち(おそらく経費で落とそうとする人たち)
の、経費削減には大いに貢献するだろう。

それを歳出削減した、とか言われたらすごく気持ち悪いのだ。

いつの間にか始まっている制度には常に気持ち悪さがつきまとう。
[PR]
by MySakuranbo | 2012-01-24 09:21 | 日々の出来事 | Comments(0)

毎日が新発見


by me
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31