メルボルン旅行記 3 ホテルとスーパー

IEで書くと落ちると知っているのに、ついついIEを使ってしまうのは
長年の癖だろうか。気を取り直すには長すぎる文章だった。

でも、気を取り直し・・・。

ホテルはFraser Place Melbourneで、キッチンがついたレジデンスタイプにした。
友人と二人という旅行スタイルには広さが求められることと、スーパーで買ってきたものなどを食べるのにもキッチンがあったほうが楽だからである。
それに今回ここに5泊したが、1泊13000円程度で泊まれた。ひとりあたり6500円という破格なので、迷わずここに決めたというわけだ。
b0043980_18161064.jpg


ホテルの近所にはQVというショッピングモールがあり、その地下にWoolworth(アメリカにもあるスーパー)が入っていて利用させてもらった。
オーストラリアはコーラが高い国だと発見。どんなに安くても600mlぐらいのボトルが$3はした。1オーストラリアドルが83円ぐらいだとすると、250円の計算になる。
同様に、水もよく選ばないと平均価格が$2~3なので、Woolworthブランドで安く抑えなければ相当飲み物にかかる計算となる。
実のところビールとコーラはほとんど変わらない値段なので、なんでコーラがこんなに高いのか政策的なものがあったりして、と思った。
Pepsiは一回も見ることがなかったし、待ちゆく人もそれほど水をがぶ飲みしている風でもないので、アメリカとはこの点が全然ちがった。

スーパーではハムやチーズはもちろん、サラダも調達した。
果物はかなり安い。最近日本でも手に入る、皮ごと食べるタイプのぶどうはこちらでは
巨大なひと房が200円弱で買える。量り売りなので、好きな大きさを買えばよい。
わたしは日本でも輸入もののぶどうをよく買うが、検疫の消毒のリスクはやっぱりあるので
新鮮なものを現地で食べられるのは何よりもうれしい。
もちろん日本で買う半額以下で手に入る。

b0043980_18154830.jpg


ハムやチーズは少し塩分が高いように感じた。
メルボルンはオーストラリアでも比較的寒い地域だからかもしれない。
今回牛乳を飲みそびれたのが悔やまれる。もうずいぶん前だが
生まれて初めてオーストラリアで牛乳を飲んだとき、すごく美味しかったのを
覚えている。

オーストラリアは食べ物がおいしい国なのだ。
どこで何を食べてもそう外れはない。
街中のいたるところで寿司や海苔巻が売られている。主にサーモンをネタにしているが、まぐろもかなり見かけた。日本食に飢える人はオーストラリアなら案外と手ごろにありつけるはずだ。

この町の本当の醍醐味は、その移民色の豊かな食事のバラエティにあると感じた。


<ミニ情報>
・Woolworthは袋はタダでくれる
・酒コーナーは別会計
・チーズコーナーはかなり充実している
・日曜日は17:00まで、平日は金曜を除き18:30ごろ閉まる。
[PR]
by MySakuranbo | 2012-02-28 18:26 | -Australia | Comments(0)

毎日が新発見


by me
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31