ラジオ体操の呪縛

今日は1日家にいたので久しぶりに地上波のTV番組などを見てみたら
ちょうどNHKの体操の時間だとわかった。
すぐさまTVをつけて、運動開始。

いったいこの体操はいつやっているのだろう、と昔から気にはなっていたけれど
やっと正確に判明した。

朝   6:25 - 6:35 (2ch)
午前 9:55 - 10:00 (1ch)
午後 2:55 - 3:00 (1ch)

と、こういうことらしい。

そのうち午前と午後の体操を一緒にやってみた。
こういうのをTVを見ながらやるなんて、かなり老人ぽいと思ったのだが、
一生懸命やってみると、それなりに体がホカホカするわけだ。

大学にいかない日はただでさえ運動不足で、ほとんど家から1歩も出ない。
用事がなければ外出しないし、大学生にはそれほど用事もない。

あまりにもこれではマズイんじゃないかと思って、ここ1-2週間ほどまた
ストレッチとピラティスを再開してからちょっとだけ体の調子がよくなった。
血の流れが滞るといいことは一つもない。

午後の体操はラジオ体操第二だった。
子供のころにいやいやながら散々やったこの運動を、体はしっかりと覚えている。
ひとつひとつの動きを丁寧にやってみたら、5分間の体操にずいぶんと効果が
あったように思えた。 子供のころ、この運動がつまらないと感じたのは、
節々も関節も筋肉も柔軟な子供にはやや物足りない体操だったからに違いない。

今日あらためて思ったけれど、子供から大人までを想定しているらしい
ラジオ体操が必要なのは、せいぜい40代以上じゃないだろうか。

子供のときに、何が一番嫌だったかというと、ラジオ体操をやらされるときは
その前に全校生徒が一糸乱れぬ体形で一列に並ばされ、朝礼台に立った
体育係という犠牲者に向けて、皆で一斉に同じ運動をすることだった。 

あの頃から皆と同じに何かをするのが苦手だったわけだ。
ラジオ体操もそこに加担していたに違いないと確信している。
[PR]
by MySakuranbo | 2012-04-27 20:54 | 日々の出来事 | Comments(0)

毎日が新発見


by me
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31