逃げる

身辺あわただしく、昨日は12500歩も歩き疲れ果てた。
でも、都内をうろうろしていると、だいたいそのぐらい歩くのは平均なのだと思う。
今まで歩きなさすぎたんだな。

就活がちょっとクライマックスに入りかけていていろいろ忙しい。
今うまく動いているところに、決まったら入りたいので、よい流れが続くように願っていてください(笑)

わたしは精神分析はあまり信用しないが、自分の直感を信じるし、人を見る目はある。
この人とだったらうまく働いていけそうだな、という人は見てわかる。 
そういう人と出会ってしまって、相手も同じように「わたしと働いたら面白そうだ」と思ってくれたらしい。

というわけで忙しいのが理由のひとつ。

もうひとつは、大学の友人が引っ越しをする、というので住むところ探しを手伝っている。都内の土地勘はわたしのほうがずっとあるので、ここはちょっと、というのもなんとなくわかるし、なにより、物件の見方も具体的にアドバイスできると思うからだ。

しかし、最大の理由は、悪徳不動産屋にだまされないようにすること。

これに尽きる。
悪徳、というと語弊があるのかもしれないが、見るからに東京育ちではない小娘が、これまた見るからに田舎からでてきた親御さんとアパート探しをする、というシチュエーションは危険極まりない。 この前だって、安いから、という理由で、とんでもない駅を紹介され、ありえないと却下したばかり。

不動産屋は言う。

それでも、主要JR駅からたったの15分ですし、駅からも歩いて10分、急いであるけば8分。 どうですか?

その不動産屋の言い分はこうだ。

「私は通勤で1時間かかってるんですが、住みやすくて広いところにしたかったので時間かかってるんですよ。 だから、1時間以内って結構いいと思うんですけどね。」

それはあなたの超個人的な理由にすぎない。

駅から歩いて10分という表記は、たいてい12分はかかる。
しかも、駅の構内を歩くことは一切考慮されていないので、15分かかるとみたほうがよい。

20歳やそこらの子が駅から歩いて15分の辺鄙な住宅街に住むのなんてありない。

そう思いませんか?

悪徳不動産屋が偽善ぶってるところが、またいけすかないわけだ。
あっさりと、さようならをして帰ってきた。 


今日たまたまだけど、ホラティウスの言葉でこんな言葉に出会ったばかり。

「悪徳からの逃避は美徳のはじまり」

美徳とは、偽善と裏腹なのである。
なるべく悪徳から離れていること、それがすべての幸せの根源ではないか、とこの頃思う。 
[PR]
by MySakuranbo | 2012-06-01 20:21 | 日々の出来事 | Comments(0)

毎日が新発見 【2017限定】USCPA合格への道を綴ります


by me
プロフィールを見る
画像一覧