日曜日の朝の夫婦

今日はスーパーで安いものがある日だったので、朝早くからとしくんと二人で買い物にでかけた。 そのスーパーは9時から営業しているから、特売品のヨーグルトが売り切れる前に行きたかった。 

夕べはワインを時間をかけて(量もたっぷりと)飲んでいた。福山雅治の石巻でのコンサート模様をTVで放送していたので、ついつい最後まで見てしまったのがその原因である。 ワインを1本半というところでストップしたのだが、度数が14度のワインだったので少々翌日まで残ったのだ。 12度のワインと14度のワインとでは全然ちがう。 2度の違いは結構大きい。

さておき、起きたのが10時近かったのでほとんどパジャマみたいな恰好でスーパーに急ぎ行くことになった。 最近はレギンスにチュニックで町を歩いても誰もパジャマとは思わなくなったいい時代だ(笑) 当然ふたりとも腹ペコだったが、特売品はいつもより40円も安いので、絶対にそいつはゲットしないといけない、と固く心に誓っていた。 

スーパーにたどり着くまで数々の誘惑がある店たちを振り切って、一目散にスーパーのヨーグルトコーナーに行き、12個をカゴに入れた。 二日酔いと、睡魔と空腹に勝った瞬間である。

目的を果たすと急速にお腹が減ってきて、何か食べずにはいられなかった。 気分的にはサンドイッチとコーヒーだったのだが、近所に美味しいサンドイッチを出す店がない。 (これは本当に悲しいことです。)
「マクドナルドでも」、と行きかけたときに、としくんが本当に嫌そうにしていたので、仕方なく蕎麦屋(立ち食い系の椅子がちゃんとある方)に寄ることになった。

朝からソバか・・・。


としくんはわかめそば、わたしはコロッケそばを頼んだ。
(だからとしくんは痩せていて、わたしは太る)

食べながら、サンドイッチでもなく、マクドナルドでもなく、蕎麦屋(立ち食い系チェーン店の)にして正解だったように思えてきた。 大好きな更科系には遠く及ばないそのそばがなにせ美味しい。 
汁もいつもより多めに飲んでしまった。

二人でモクモクとそばを食べ、すっかりいい感じになった。

「なんか蕎麦にしてよかったみたいね」、とそれぞれがマイバックの買い物袋をぶら下げながら、また来た道を戻る。 

「蕎麦は二日酔いにいいんだよ。」

としくんにそう言われて、そうだったそうだった、と思い出した。
仕事をしていたころは、前日飲みすぎるとランチに必ずざる蕎麦を食べていたんだっけ。

としくんの袋には12個のヨーグルトが入っていて、私の方には玉子と少々の野菜が入っていた。

梅雨に入ったとは思えない、日曜日の朝のことだった。
[PR]
by MySakuranbo | 2012-06-10 18:38 | 日々の出来事 | Comments(0)

毎日が新発見 【2017限定】USCPA合格への道を綴ります


by me
プロフィールを見る
画像一覧