2012 夏休みシンガポール旅行記: マンダリンオリエンタルホテル

ちょっと飛ばしてしまったので、今回のシンガポールで宿泊したホテルをアップします。

シンガポールは「目的」をしっかり定めてホテル選びをすると楽しい町だと思うんですよね。 いままで私はオーチャード沿いにしか泊まったことがなく、当然あまりマリーナ地区を散策することもなかったのですが、マリーナエリアの工事も一通り終わったことだし、いよいよ景色を眺めてみますか、ということでこちらのエリアにしたのでした。

ホテルはマンダリンオリエンタルです。
このホテルはハーバー沿いのラッフルズロードにあるため、もともとちょっと交通が不便でもあります。
なぜかというと、ラッフルズロードは一方通行でマリーナからシティ方向にしか走ってないからなんですね。 シンガポールはタクシーが安いので多少ぐるぐる回ったところで大した違いになりませんが、私たちが到着した日はなんとこのラッフルズロードが全面封鎖で、National Dayのリハーサルをおこなっていたのでした。

b0043980_1959491.jpg


このリハーサルが本当にすごい。
ここまでやる~?ってぐらい用意周到にほぼ毎日毎日なんらかのリハが行われていました。
到着日は通し稽古みたいなもので、花火も含め当日と同じ状況でやっていたので、ラッキーです。

b0043980_1919266.jpg


お部屋はハーバー沿いのハリウッドツイン。 最初なぜか手違いでツインになっていたので、キングを希望したところ、15分程度待てば用意できるということで、2FのBARで待たせていただいたのです。 飲み物はアルコール以外はなんでもフリーでいただくことができるのが素敵なサービス。

b0043980_19231863.jpg


また、マンダリンオリエンタル東京から数名の方が赴任していて、チェックイン時にはお世話になりました。
日本人スタッフが常駐というのもなかなか良いものですね。

b0043980_192467.jpg


1987年に開業したマンダリンオリエンタルホテルのこの建築様式と同じようなホテルがシンガポールにあちこちにできたのだそうです。 そういえば、パンパシフィックもコンコルド(旧メリディアン)も同じような作りでしたね。 Wikipediaにもあるとおり、マンダリンオリエンタルの隣にあるマリーナマンダリンホテルとは資本のつながりもないので、当然建築上つながってもいません。
このあたりはマリーナスクウェアというショッピングモールでつながっている(といっても、いまいちつながりが悪いのだけど)ので、リッツカールトン、コンラッド、パンパシフィック、マリーナマンダリンあたりは相互に行き来することが比較的楽ではないかなぁ、と思います!

景色だけで言うと、一番ハーバーフロントにあるのがマンダリンオリエンタルなので、シティとマリーナベイサンズの眺めが一同に楽しむことができました。
[PR]
by MySakuranbo | 2012-08-11 19:32 | -Singapore | Comments(0)

毎日が新発見


by me
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30