カルチャーギャップと宅急便問題

先月、ちょっとした事件がありました。

田舎の義父さんは電話をかけてくるとき、いつもとしくんの携帯にかけてきます。
3週間ぐらい前にさくらんぼを送ったから、と聞いていたので
その週末待機して待ってたんですが、1週間以上たっても来ませんで、
ま、よくあることなので、気長に待ってようと思っていたんです。

そしたら、次の電話で、”送ったから”、とまた連絡があったんですね。
(義父さんはよく電話をしてきます)

それがなんと韓国行く前の日でした。
でも、ひょっとしてまたガセネタ(笑)かもしれないと、軽く考えて
韓国に行って帰ってきたら、今度は本当だったみたいで、自宅に
何通も不在票が・・・。

金曜日・土曜日・日曜日、と3日目になっても連絡がないので
宅急便会社も、送り返しました、ということになってて、あら大変。

怒っちゃったのは、義父さんです。

もともと宅配便を送るとき、いままでもすごく苦労して受け取っていたので
としくんもなんでいつもこうなんだ!と怒っちゃって・・・。

帰国後の日曜日、夜中だったけど(帰国日に家についたのが夜中の
12時だったので)、いちおう電話をしたら、熟睡中のところにさらに怒ってたみたいで
電話を切られてしまったと、としくんからききました。
勝手に送るな、と、送るなら前もっていついつ送ると言ってくれ、と夜中に言うことでも
ないのだけど(苦笑)

としくんの田舎は日が暮れると辺りは真っ暗になって、当たり前のように
夜の7時には義父さんは寝てしまいます。
そんな義父さんからしてみると、ワタシととしくんの生活は全く想像できて
いないに違いない、ということで、なんとなく納得しました。

毎晩帰宅は夜10時過ぎで、朝は7時台には家を出て、土日は買い物やら
ロビンのシャンプーやらでいっぱいいっぱい。
としくんの携帯に夜の7時ごろ電話してくるみたいだけど、
”仕事中だから”と言っても、うまく伝わってないみたいです。

電話にでたくないからだ、と思っていたりしないかしら・・と逆に心配になっちゃうほど。


ほんと、宅急便は”問題”になっちゃうほど、不在処理はワタシたちにとって
つらく悲しい作業です。
特に生ものの場合は期限があるのでキツイ・・・。

それ以降なんとなく不和状態でいたのだけど、
それも仕方ないし、結果オーライ?とワタシなりに考えていました。

スーパーに行って、さくらんぼを見る度に、義父さんに悪いことを
しちゃったなぁ、と罪悪感にさいなまれたりね。
時が解決するか・・・と思っていた矢先、その時はすぐにきました。


さくらんぼを送ったから、とまた義父さんから電話がきたのです。
しかもまた 過去形 でした・・・


こんどこそ!(笑)
[PR]
by mysakuranbo | 2008-07-02 13:31 | 日々の出来事

毎日が新発見


by me
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30