カテゴリ:-Indonesia( 2 )

ジャカルタの現実

ジャカルタに行く前から風邪気味だったのですが、行ったら案の定最悪の状態に悪化してふらふらになりながら研修をうけていました。最終日なんかは何を話しているのかも集中できず、右から左へぼーっと聞き流して椅子に座っているのが不思議なくらい。

おまけにホテルの食べ物が何一つ美味しくない!
いちおう高級と呼ばれるホテルに宿泊していたので、部屋とかはよかったのだけど、たぶん口に合わないのだろうなぁ。

フルーツばかり食べていました。

一般にホテルの外をでて歩くという雰囲気ではないところがジャカルタ。
ホテルには柵があり、入口には強固なセキュリティーが敷かれています。入る車は一台ずつセキュリティーにチェックされるし、手荷物も空港のX線検査みたいな装置に入れないと、持って入ることができません。

それだけ危険な国ということ。
貧富の差が簡単に人質事件を引き起こし、身代金を要求するような事態になるのです。
渋滞はひどいし、物乞いはいるわ、路上で何をしているのかわからず座り込んでいる人たちの多いこと!

貧富の差があるので、オフィスで働くインドネシア人はみな、運転手&メイドつきの階級。
もちろん英語もみな達者です。
いったいどうやったらそんな格差が生まれるのか?

それはインドネシアは階級社会だから。 生まれながらにして、下の階級に生まれた人は転んでも何しても、上にあがることができないわけです。私が会った人たちはエリートだったのだなぁ、たぶん。


はぁ、いままで行った国と地域のなかで、一番

二度と行きたくない

場所になってしまった。

人によってはあんな雰囲気が好きだという人もいるでしょうが私は3日間でもう沢山という気分でした。
風邪も悪化しましたし^^:

b0043980_1294549.jpg

[PR]
by MySakuranbo | 2012-07-27 12:09 | -Indonesia | Comments(0)

帰ってきました!

インドネシアで最後に食べたヌードルです。
なにかとショッキングな国でした。

b0043980_8445210.jpg

[PR]
by Mysakuranbo | 2012-07-26 08:54 | -Indonesia | Comments(0)

毎日が新発見 【2017限定】USCPA合格への道を綴ります


by me
プロフィールを見る
画像一覧