カテゴリ:-US CPA( 47 )

今週のおさらい

何のためにを考えるのをやめると、目の前のことに集中できますね。
物事、効率とか成果主義とかそんなことばっかりですから、そういう中にあって、今の今は結果を求めないというのは結構大事なことなんじゃないか、と思えるようになりました。

もちろん長期的には効率よく物事を進めていく必要はあると思います。
勉強のサイクルも資格をとるために一応あるわけだから。
でも、効率というのは、長い試行錯誤があって、はじめて産み出されるもので
最初から効率は存在しないのですよ。

そして産み出される過程は人によってちょっとずつ違う。
だれかにとってのベストプラクティスでも、そのベストプラクティスが機能するまでに
時差があるんじゃないかと。

真似しながらも、自分の物にしていく過程はやはり時間がかかるんだよね。
そんなことをひたすら考えた1週間でした。

そう、ひたすら頭をかきむしりながら、過去問と対峙していくうちに
正答率も70%を超えてきました。
ぜーんぜんわかってなかったところを潰して、大きくはずさないようにして
とりあえず形にはなった。
単位テストは来週。2科目同時にうけます!

またBECのDVDに戻って新しいインプットができる余裕ができました。

毎日100問~200問、問題を解いたり、見直したりしているうちに、英語の質問の仕方にも慣れてきたし、少しスピード感がでてきたような気がします。
集中力も先週よりもあがった。

やっぱり問題を解く

圧倒的にわかってないところを復習

問題をとく

この繰り返しで完成度を範囲全体を通して7割以上にするのが早いかも。
そして、残り2割について、細かく見ていくフェーズに展開。
最後の1割は捨てる。

まだDVDが2枚残ってます。
今後の予定: 

DVD6: Operation mgmt & Risk mgmt
単位試験準備:Capital Budget & Ratio
DVD5:IT




[PR]
by MySakuranbo | 2016-12-16 19:25 | -US CPA | Comments(0)

GDP って結局何よ

夜になりなんとか60%まで正答率が上がってきた。年度もますます遡り合計200問。これをもう一回転させればなんとかなるかなと少し光が見え始めたところで今日は終わり。

この時間が無駄なのか?と感じられたのだけど、よく考え見れば経済学は一般教養でもある。
GDPとか経済とはについてこんなに勉強することもそうはないのだから貴重な時間なのね。

英語でしかやってないのだけど、セオリーの諸説やケインズなどの言葉もわかってきた。
ふむ、今まで直接ではないけれどこんなに大切なことを知らずよく今までの仕事してたなぁと思う。経験と感と勘でなんとかやってたからねぇ。

としくんも私もGNPの世代なので世の中いつからGDPになったのか、素朴についていけてませんでした。第一声はやっぱり国民総生産でしたよねぇ。

[PR]
by MySakuranbo | 2016-12-14 23:44 | -US CPA | Comments(0)

単位試験がきつい

経済学の単位試験に備えて予備テストを受けているのだけど、かなり悲惨な成績。
過去問の正答率(いずれも1回目)

xxx年 34%
yyy年 50%
zzz年 57%

いかーーん。
理解度が恐ろしく低いところで、重要なのはテキストに戻ってやっているのだけど
USCPAの範囲外も多くあるので、覚える(暗記する)ことが結構あり焦っています。
結局、金曜日は避けて来週の火曜日に延期。
落ちてもしょうがないので、間違えた箇所を中心に覚えなおすしかない。
直接BECの勉強と一致していないだけに心がすさんでくる。
焦ってもしょうがないので、まずはこの単位をとることだけに集中してやるしかない。

えーん、つらいよう。

[PR]
by MySakuranbo | 2016-12-14 19:07 | -US CPA | Comments(0)

あっちのほうのエコ週間

ECOの勉強なんだけど、こんな感じでいいのかなぁ、とちょっとウロウロしながらやっているところ。
今日から問題集をコンピューターベースに切り替えてやってみました。他のセクションだとあてずっぽうに四択を選んでしまってそれが記録されていくのも嫌だったので、紙ベースのほうではじめてたんです。

さて、単位試験。
金曜日にEconomicsを2科目受けることにしたので、今週はずっとECO週間になります。
講師いわく、Ecoで落ちる人はよっぽど稀ということなので、落としてはいけないということ。
しっかり最初から理解するようにデマンドカーブとサプライカーブの関係について頭にしみこませます…。

試験のことを考えるとちょっと不安。
「できないかもしれない」と思うからであって、それは自信がないから。
自信がないということは、対策をしていないから。
その対策とは、問題を解く練習をして、覚えていない分野の知識を再確認すること。
覚えていることと覚えていないことの区分が明確になること。

不安から逃げないように。


[PR]
by MySakuranbo | 2016-12-12 20:34 | -US CPA | Comments(0)

中学校の数学は難しい

私は数学が苦手な子供でした。
当時、国立大学の入学試験には数学が必須で、できの悪い私は案の定門前払い。
そしてそれはいまだに尾をひいているのです…。

この数式、すぐに解けますか?

2x+1=5(x-4)

わたしはウンウン唸って、全然わからず(笑)
答えはこちらのHPにのっています。
http://sugakumakino.net/archives/1122

中学校の数学らしいですが、カッコつきの方程式の計算。
いまもすんなりいきません。

等式の右と左をどうのこうの、というのがパパパっとできる人ってすごいなぁと思います。
こういうのをちょちょっと暗算できないから、いちいち時間がかかるのですね。
もちろん中学のときはできてましたけど、なんか頭でなんでだろう、って考えてしまうとよくわからなくなります。
馬鹿なのかもしれない(笑)

こんなことでは統計学なんてできるのか不安になってきましたが、今日は中学数学の復習もできたってことで次に進むのみです。
こんな調子で大丈夫かしらねぇ。



[PR]
by MySakuranbo | 2016-12-12 11:33 | -US CPA | Comments(0)

エコノミカルとエコノミック

なんで今日に限って3つも記事を書くことになったのかは謎である。
しかし、ブログが現実逃避の場所であることは確か(笑)

今日はいまひとつ気分が乗らず、午前中にあったスキマ時間1時間を無駄にし、
午後に十分にあった2時間も昼寝に費やして出かけてしまった。
このまま今日は仕方のない日とあきらめようとしたけれど、どうも諦めきれなかったので
夜になり1時間ほど新しいDVDを見た。

やっとeco(economicsのこと)ですよ。
economyは楽しいから好き。なんだろうこの楽しさは。
計算もあるだろうけれど、嫌いじゃない。むしろ好きなジャンルかもしれない。
こういう気持ちは大事にしておきたいので、今日1時間でもやってよかったなぁ、と思う。

次の単位試験予定はこのeconomy、とMacroeconomicsの予定。続けて2つよっっ!

ここまでがエコノミックな話。
ここからはエコノミカルな話。

ところでエコノミークラスって経済的なお座席って意味だと想像するけれど、経済的であることはそこにあってもよさそうな付加価値を排除したものってことですよね。財政的にお財布に優しい、ということ以外に価値はない。もちろん目的地へ運ぶという本来の意味はあるけれど。

LCC(ローコストキャリア)の場合は、もっとお財布に優しくするから、もっと搾り取って芯しか残ってないけど、目的を果たすからいいよね、っていうフライトですよね。そうやってどんどん削っていくと、いったい何が残るんだろうか、とやはり心配になってきます。

最低限の何かがあればいいじゃん。貧困じゃないじゃん、という発想とどこか似ている。
マズローの欲求5段階でいうところのSafetyを満たしてるからいいじゃん、っていうのでは世界は潤わないし誰も働かないのではないかと危惧するのであります。

はぁ、よい週末を!


[PR]
by MySakuranbo | 2016-12-09 23:14 | -US CPA | Comments(0)

ちょいちょい切り替えを

しばらくUS CPAの話題がつづきます。なんせこれしか今していませんので(笑)

自宅でひとりで学習をしていると、ちょいちょい煮詰まります。
(ちょいちょいという言葉、イラっとする言葉に思うのは私だけ?)
でも、自宅だからといって集中力がそがれるわけでもなく、単によくわかってないから、というだけ。

DVDを見る→テキストの練習問題を解く→DVDでさっと流された箇所を再度復習→問題集を解く

の連続だけど、今日ひとつわかったことがある。
まず、勉強したて(私の場合まだほんの2週間ほど)のときは、英語の問題が頭に入ってこないこと。
なにを聞いているのかさっぱりわからん、ということが半分ぐらいある。問題の構成とか、英語の文章とか、質問の意図(論点)の全てがちぐはぐな状態では、何度も何度も問題を読む羽目になる。そして時間が経過する…。

これを「英語で何を聞いているのか瞬時にわかるようになる」というのは、英語力の問題とちょっと違うのです。
このUS CPAの問題に慣れる、ただそれだけ。もちろん細かいところでは英単語の意味や、まわりくどい言い方とかいろいろありますけど、要は普段読み慣れていない文章だからわからない、ってこと。慣れるしかない。数をこなすしかない。

計算問題を見て、瞬間的に『めんどくさい』と思ってしまう(笑)この癖をクリアするにも、数をこなすしかない。
(今はBECでFARはこれからだけど、こっちのほうが計算は多いでしょうねぇ)

今日は単位試験2時間受けてきましたが、時間がたりなーい、って感じでした。
結果は1か月後。半分できたかも自信なし。
私の問題に対する感覚:

「なになに、どれどれ?」←遠近両用メガネをかけなおす
「ふんふん、えー、そんなこと聞いてきて、めんどくさいなぁ、まったく」←長い文章&計算問題だと必ずこう
「ん?ちょっとまてよ。質問はなんだったっけ?」←計算しているうちに忘れる
「さて、どこからはじめようかねぇ…」←しばし固まる

そして、腕を組む(笑)

時間ないわけだ。
まだまだ訓練が必要です。
今日は50問、ずーっとバットで殴られたみたいな気分でした。
あるいは高速サーブが飛んできて、リターンが返せずゲームオーバーみたいな。
もう少しイケルと思ったのに、思った以上にできなかった(がっくし)

いやいや、まだまだ、先は長い。
次行こう、次。
今日はできなかったところの復習をして切り替えるのだ。






[PR]
by MySakuranbo | 2016-12-08 17:06 | -US CPA | Comments(2)

アラフィフの机の向かい方

※私は現在とある予備校の講座をうけながら、米国公認会計士試験にチャレンジ中です。このカテゴリーでは専門用語や進捗を沢山書くので、なんじゃそりゃ、ってのが多くあるかもしれませんが適当にスルーしてください。2017年Q3中に全科目合格を狙ってがんばりまーす♪
明日の単位試験にむけてBECを復習中。
単位試験とテキストの範囲が一致していないので、もう半分とれればいいや、とややなげやり(笑)

記憶力カーブが俄然さがっていることに気づきます。
逆Learning Curve(笑)

昨日のこと 70%
おととい 40%ぐらい
1週間前 ほとんどゼロ(爆)

ということなので、単元ごとに復習の回転数をあげていく必要があるみたいです。
苦手なVariance Analysisはちょっとはマシになってきたけれど、ひとつをつぶすと他が飛びでる許容範囲のなさに泣けてくる。

そうそう、アラフィフになって勉強をすると、机に座っていて困ることが多々ある。

肩こり
足のむくみ
首のこり
背筋の痛み
・・・
・・・
そう、血行が著しく悪くなるのです。

血がたぎっている若者にはわかるまい!
適宜ストレッチしないと、このままカチコチに固まってしまうのではないかとすら思う。

ア、アラフィフ、がんばろう。



[PR]
by MySakuranbo | 2016-12-07 13:38 | -US CPA | Comments(0)

学ぶに遅すぎるはない

※私は現在とある予備校の講座をうけながら、米国公認会計士試験にチャレンジ中です。このカテゴリーでは専門用語や進捗を沢山書くので、なんじゃそりゃ、ってのが多くあるかもしれませんが適当にスルーしてください。2017年Q3中に全科目合格を狙ってがんばりまーす♪

昨日もおとといも寝る頃になってものすごい腹痛にさいなまれた。
これは機能性胃腸炎(ストレス性)しかないだろうと思い、以前に処方されたアコファイドを飲んでみることにした。
勉強であたまがこんがらがっているので仕方がないのです。
地頭が弱いと本当に苦労します。

大昔、簿記2級の工業簿記で制覇したはずの原価差異分析がちっともわからなくて昨日はうんうんうなっていました。
スカッター図?っていうの?変な図も日本語を忘れているので、いまいちだから、もう英語でテキストに書いてあるとおりに覚えることにした。
「操業度差異」とか言われてもなんのことやらさっぱりなので。
日本語でいままで仕事していなかったので、よくわからないのです。操業度ってなんだ?(笑)
差異はさすがにVarianceのこととわかりますけどね。

簿記のテキスト(大昔)をひっぱりだして一応みてみたけれど見れば見るほどさっぱりなのでこちらは諦めた。
昔必死で夜中に勉強したので記念にずっとテキストとっておいたんだよね~。独学で3級、2級と半年かけてうけたのだ。
今見るとおもしろい。
当時の簿記2級の受験料は2000円とあった。
ちなみに今はいくらだろう、と調べてみたら4630円だそうです。
2倍。

たぶん難易度も2倍になっているのでしょう…。
でも、資格は若いうちに受けて、受かるに限ります。なぜかっていうと、仕事が盛りだくさんに降ってこないから。


米国公認会計士だって23,4歳でうかっちゃうのが一番いいと思います。実際にアメリカでは普通に大学生が卒業と同時に受けたりしているし。
アラフィフも今のうちにがんばらなければ、還暦になってしまいます(笑)

今週もうひとつ単位試験を受けることにしたのでそこまでしばし集中~~★


[PR]
by MySakuranbo | 2016-12-06 12:52 | -US CPA | Comments(0)

キャップはそのままでいいじゃないか

午前は大学単位試験を受験。
私はワシントン州で受験しようと思っていて(いまのところ)まだビジネス単位24単位、アカウンティング単位3単位が足りていない。
すべてBECとREGに関する単位だけに、BECから鋭意すすめているところ。

今日はビジネス単位一発目だったけど、テキストに載っていないことも随分と範囲に入っていたみたいでアレってのがかなりあった。経験値的な答えしか入れられなかったものもある。もうちょっと自信があったんだけど、ひさしぶりの試験だけにやや緊張。

試験はコンピューターベーステスト(CBT)で受けるので自分で受験センターを選ぶことになっている。
都合のよい近隣で受けたけど、いまいちな場所だったので本試験であそこは使わないかな。

隣のおばはんがマーカーのキャップを開け閉めする音がカチャカチャと耳障りだった。
マーカーっていうのは、メモ用に渡されるシートがあってそこに書くための専用の油性マジックのこと。
自分のものは何一つ持っていってはいけないので、渡されたものを使うことになっている。

コンピューター試験ではおとなりどうしまったく別別の試験を受けている。
私は英語で会計の試験だったけど、TOEFLだったり、コンピューター関係の試験だってあるみたい。
お隣は、なんのテストだったんだろ。
とにかくテーブルが一続きで、仕切りで区切ってあるだけのところだったので、隣のおばはんがいちいち手を机にドンっておくのが揺れるし、気になる気になる。

ひさしぶりの試験はまったく英語が頭に入ってこなくて、何度も読み返してしまった。
だいじょうぶか、わたし?

帰り掛けに美味しいといわれるパン屋によってバゲットサンドを買ったのでそれがご褒美。
テストのあとに軽い褒美でもないと気分解消できませんからねー。

半分できれば合格というレベルのテストなのに、いまひとつ手ごたえがなかったのがなによりもショック。
あぁ。
午後は気を取り直して夕べ頭をかきむしったCost Accountingを再度やるのだ。

10年の間にきれいすっぱり忘れていてすごくビックリしているところです。
それに法律も考え方もだいぶかわっているみたいです。
やれやれ。






[PR]
by MySakuranbo | 2016-12-02 14:34 | -US CPA | Comments(2)

毎日が新発見 【2017限定】USCPA合格への道を綴ります


by me
プロフィールを見る
画像一覧