<   2007年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

神様からの贈り物

現在午後7時。
そして暇です。

としくんも、とある遠い空港で今日は夜も仕事しています。
お互い出張中で我が家の新聞は止まったまま。
目の前にこんなに飛行機があるというのに、どれも日本には連れてってくれ
ません。 としくんも同じように飛行機を見てるのかな。

会社の人たちは心配のシの字もしてないようで、ガンガン仕事のメールが
入ってくる。
せめて大丈夫?ぐらい言ってくれてもよかろうが・・・。
いったいパリで何してんの?ぐらいなんだろなぁ。

さっき映画でBABELを見ました。
見たことなかったから。
う~ん、よくわからない映画だった。
意味もなくセクシャルなシーンがあるところとか、あまり好きではないかも。
ただひとつ共感したのは、モロッコや砂漠に取り残された人たちと
自分を重ねてみれたことぐらいかしら(笑)

考える時間がたっぷりあるので、いろいろ考えられます。
日本に帰ったらあんなことやろーとか、こうしよーとか。
つかの間でも異国にいると、新しいアイデアが出てきたり、自分を見つめられたり
するものだけど、意図せずこんなに時間をもらったのだから。

少しだけ思っていることがあります。
今回の旅、最初から妙に心の中がそわそわしていました。

1) 出発する前日に行きの成田- パリ間の飛行機が機材の調達の関係で遅れる
ことになり、接続の時間が大幅に伸びてしまった。 そのため同日中に出張先まで
入れずにフランクフルトで1泊することになった。

2) フランクフルトでくるはずの迎えがドイツ国鉄のストにより道路が大渋滞となり
1時間以上遅れた

3) 出張先に入った初日にひどい湿疹が体中にでて、微熱も。
翌日以降少しからだがつらかったが、なんとかもちこたえた

3) 週末フランクフルトに戻ってくるとき、タクシーの運転手が道がわからず
いったいどうなることか、と危ぶまれた

4) あるはずだったVIPとのミーティングがVIPの急病により行われなくなった
一番の目的が果たせず非常に残念

5) フランクフルトーパリの飛行機が2時間遅れて、ホテルにチェックインしたのが
夜中になった。

6) そしてストのためワタシの飛行機が飛ばず。 前後2便は飛んでいるというのに・・・。


単なる偶然でしょうか?
もしかしてすべてすんなり予定通りに行っていたら、どうなったのでしょうか。
ワタシは宗教に特にこだわりはないのだけど、神様のちいさないたずらというものを
なんども経験しているだけに、これが単なる偶然とはどうしても思えないのです。
人生って(と急に話が大きくなるけれど)小さな偶然が集まって必然になっていると
思う。

ワタシがあのとき・・・していなければ、としくんと会うこともなかったし、
ワタシがあのとき・・・していれば、病気は防げたかもしれないし、
ワタシがあのとき・・・したから、今の仕事に就いていて、

今ここから飛び立つ飛行機たちを見ているのだから。

常に前を向いていこう。
この貴重な時間に感謝しよう。

怒ったり、泣きそうになったり(ホントよ)、がっかりもしたけれど、
今はそんな心境です。
[PR]
by mysakuranbo | 2007-10-30 03:21 | 日々の出来事 | Comments(8)

パリでメルセデス

外は雨、気温は10度ありません。
暇です(笑)

明日は晴れるみたいなので、パリまで行こうと思っています。
そろそろ現金が底をついてきて・・・(汗)
今回の旅は散々・・・と言いたくないので、明日は必ずギャラリーラファイエットで
がっつり買い物するぞ! もちろんカードで!!
ワタシが持っている荷物の重量がえらいことになってるので、
別送品にしないといけないかもしれません。
Arrival のフロアに別送品のカウンターがあることに気づいたのだけど
お値段まではわからず。
20キロをオーバーすると確実にチャージされるので、なんとかしたいのだけど。
あとでConciergeに相談してみます。
ふぅ、もう2週間もこんなことしてるんだよなぁ・・・(遠い目)


昨日パリの街ですごいものを発見!!

b0043980_2353927.jpg


きっと日本で見ることは後にも先にもないであろう、この車は
メルセデスベンツ SLRクラス!!
マクラーレンが開発したロードスターです。
お値段いくらだと思います??

7000万らしいですよ。

とにかくこんな貴重なものが見れたので思わず写真とりましたですよ!
シャンゼリゼ通りのメルセデスのショールームにありました。

こういう車ってヨーロッパにしか似合わないね^^
本物をすぐ目の前で見れて幸せでした~~。
[PR]
by mysakuranbo | 2007-10-29 23:57 | -CARs | Comments(2)

シャルルドゴール空港<学>

今日のパリはかなり激しく雨が降っています。
空港はいたるところで雨漏りがしてます(笑)
だいたいテキトーなんですよ・・・。 少し前にターミナル2Eで屋根の崩落事故があり
人が亡くなったほど。 地震がないのでテキトーもありえるのかもしれないけど、
日本だったら”まったく柱のない構造”はありえませんね。


b0043980_20333053.jpg


さて、写真はホテルからの風景です。
今泊まっているシェラトンパリエアポートホテルはシャルルドゴール空港の
Termial 2Fと2Dに挟まれたエリアにあります。


このホテルはすぐ前に滑走路があるにもかかわらず、完全防音で本当に
何にも音がしません。 外では絶対に爆音がしているはずなのに!!
夜なんかけっこう綺麗ですよ。 
乗り換えでパリに泊まって翌朝すぐに飛び立つのなら、このホテルが一番おすすめ。

ここ数日エアポート内を右往左往しましたので、すっかり暗記してしまうほどです。
これから旅をされつ方のために、少し覚えたことを書いておきますね。

シャルルドゴール空港には3つのターミナルがあります。
Terminal 1 主にスターアライアンスチーム
Terminal 2 主にAir Franceを始めとするスカイチーム
Terminal 3 かなりマイナーな航空会社なのであまり日本からは使わない

TerminalのことはAerogareとフランス語でかきます。
カタカナではエアロ(空)のゲートですね(笑)

Terminal2は小さなサテライトの集まりで、ABCDEFと名前がついてます。
ま、串団子のようになってる、とイメージしてください。
エールフランスの日本からの直行便は2Fです。 そして乗り換えてEU諸国に
飛ぶ場合は2Dに移動します。 2Fから2Dは普通に歩けば5分ほどですが、
大きな荷物を抱えて移動する場合は、7,8分みたほうがよいです。

パリで乗り換える場合は最終目的地まで荷物をチェックインしたほうが
この移動が楽になりますね。
最初にパリに来ることになったら、まずターミナルとサテライトを確認です。

2A ドゥ ア
2B ドゥ ベー
2C ドゥ セー    
2D ドゥ デ  
2E ドゥ エ 
2F ドゥ エフ

もちろん英語でも発音してくれるときあるけれど、最初にフランス語をキャッチして
もう一度確認のために英語で聞き取る、ほうが確認できてよいです。
単にTerminal 2だけでは、広い空港内、下手したら乗り遅れる可能性がありますので
要注意ですよん。

と、こんなガイドブックに書いてあることはどうでもよくて(笑)
エアポートの中に何があるか!

1 Paul (パン屋)はArrivalにもDepartureフロアにもありますが、Departure
の場合2Dと2Fの間にあります。

2 FLO (ブラッセリー) 日本にもケーキやタルトでFLOは有名かと。
このブラッセリーが2Fの2Dよりの突き当たりにあります。

3 市内に行くためのRER-B乗り場も2Dと2Fのあいだにあります。

この2Dと2Fの間を移動するのに、必ずDepartureフロアを通る必要があるのだけど
ここはエスカレーターにっててカートが使えない! だから皆1度荷物を降ろして、
手で持って移動するわけで当然、混雑します。

日本の成田空港のようにカートごとエスカレーターに
乗れる国ってすご~~く少ないんですよ。
日本ってすごいよ、あの技術! 細かいところがすごいんだよね、日本って(笑)

More
[PR]
by mysakuranbo | 2007-10-29 20:45 | -France | Comments(0)

ドイツの小路から

b0043980_1133699.jpg


b0043980_1141962.jpg


b0043980_1144784.jpg


b0043980_1154559.jpg


b0043980_1164617.jpg


とても素敵な街でした。
空を見上げると高いところにたくさんの飛行機雲が見えました。
[PR]
by mysakuranbo | 2007-10-29 01:26 | -Germany | Comments(2)

ドイツ料理の数々

結局帰りの飛行機は火曜日の夜までとれませんでした~~~!
そしてあろうことか、フランクフルトに戻り全日空に乗り換えるという便に
振りかえられたので、いったい何のためのパリでの乗り継ぎだったのか、と(笑)
最初からパリなんかに寄らなければこんなことにならなかったのに~!

と、ワタシは二度とAir Franceを使わないことに決めたのは
言うまでもありません。
スカイチームでは他にKLMという強い味方がいて、今回もKLMにしようか
Air Franceにしようか悩んだあげくAFを取ったのが間違いだった。
でも帰りの便も決まったことだし、それまでの落ち着き先のホテルも決まったことだし
気分はそれほど悪くないです。

いったい何泊してるんだろ。
そしていったいいくらつかってるんだろ(笑)

さ、時間はたっぷりあるぞぉ~~~~。
今回の旅で食べたものたちを紹介します!!
ちょっと写真が大きいままなので、お時間かかるかもしれませんが
ドイツ料理をマジマジとみてみてください^^

これはパンプキンスープ。
b0043980_0174047.jpg

ドイツではハロウィンを祝うという風習はもともとはないのですが、アメリカの
影響ということで、最近は祭り気分で祝うとのことです。
日本と少し似ている立場でしょうか?
でもパンプキンの料理自体はたくさんあるようですよ。


b0043980_0181549.jpg


エビとピクルスのサラダ。
ピクルスについてはドイツはたくさんの種類がありますね~。
ただ、このピクルスという食べ物は日本人にはウケがいいですが
中国人系の人はみんな駄目と言ってました。
ふむ、いろいろです。


b0043980_0194760.jpg


ヤングカウとオニオンです。
ヤングカウ(子牛)はvealという英単語があるけれど、そんなもの知らなければ
ヤングカーウ! で通じる(笑) とてもグロイけれど、いいのです。
ドイツ料理にはオニオン料理は多いです。

b0043980_021241.jpg


ポークの中にザワークラウト(キャベツの酢漬け)が入っていて
ソースで食べるもの。
これねぇ・・・お好み焼きそっくりの味がした!!
豚肉、キャベツ、ソースだよ?(笑)
あまりの旨さにあっという間に平らげました。

b0043980_0294821.jpg


そしてデザート。
ね~~、とても全部が美味しそうでしょ?
あいにくドイツ語の名前は覚えてません(笑)
だけど、従業員の方は英語で説明をしてくれる場合が多いし、
なんとなく日本でも外来語としてわかるものもあります。

ワタシがいたのはフランクフルトから数十キロ離れたところにある片田舎な町ですが
Deep Germanyを堪能いたしました。

次はそんなドイツ片田舎の風景をUPします。
[PR]
by mysakuranbo | 2007-10-29 00:34 | -Germany | Comments(0)

旅はつづくよどこまでも?!

えーと、まだパリにいます(笑)

やはりというか案の定というか、ストライキに巻き込まれました。
ひどい1日でした。
一番きつかったのは重たい荷物をもってカウンターやらターミナルを
歩き回ったこと。 想定外だっただけに、スーツケースやらパソコンやらで
40キロぐらいある荷物はつらかった・・・。

エールフランスが全面的にストライキをやったんです。
今も続いてます。
妥結しなければ月曜日まで続けるとのこと。
勘弁してよ~~~!!!

そして遅れたことにたいしてのアナウンスや、振り替えについての
案内もほとんどありません。

とにかく明日またこの時間に来てくれ。
飛ぶか飛ばないかはわからない。
キャンセル待ちがあれば飛ぶかも?

と、いうこと。
成田行きはコードシェア便を除いて2便が欠航してるんです。
一便には400人。 800人もキャンセル待ちなんてありえない!
機材だってシャルルドゴールにたくさんあるはずなの。
だから飛ばせば飛ぶはずなのに~~!!

日本からの飛行機は飛んでるのでしょうか?

エアラインからホテルの提供がある、とう話をきいて数時間待っていたのだけど
らちがあかず、そのうち全部埋まってしまってからでは寝るところもなくなって
しまうので、自力でパリ市内のホテルをとりました。
携帯があってほんとよかったです。
空港はごったがえしており、殺気立ったひとたちであふれていました。

b0043980_5165898.jpg


今回のストライキはエアラインのクルーだけに、誰に何を言ってもむだです。
遅延をさせることが目的なのだから(笑)
もう笑うしかないです、あはははは。

パリのイメージがいままでよかっただけに大変残念だわ。

空港で6時間ほど食べることもトイレに行くこともできずにいて、ようやく
ホテルにたどり着いたのが17:30。
ちょっと考えたあと行動したのは、

せっかくだからシャンゼリゼ通りに繰り出そう♪

と(笑)
我ながらタフだわ・・・。

b0043980_5173451.jpg


地下鉄に乗ってGorge V(ジョルジュサンク)で降りてほんの少しだけぶらぶらしました。
ルイヴィトンが行列がすごかったのであきらめて、ほんとにウィンドー
ショッピングしただけ。 土曜日のパリってこんなにひとがいるの?ってぐらい
混んでてびっくり。

b0043980_5185539.jpg


明日またあさから空港でチャレンジすることに備えて、一応明日のエアポート
ホテルは押さえました。
飛ぶとなれば、あとからキャンセルすればよいこと。
空港から市内はバスで40分程度かかります。 エアポートバスだけは幸い動いてて
よかった。


いざというときに知ってるホテルがあるとないとでは違うね。
さ、明日はどうなるでしょうか。

としくんもあさってからまた出張にでてしまうので、どうしても帰りたいのだけど!
[PR]
by mysakuranbo | 2007-10-28 05:27 | -France | Comments(2)

離れてみてわかることもある

仕事を終えてパリに戻ってきました。
今日はフライトが2時間も遅れました・・・はぁ。
ついでといってはなんだけど、ストライキが行われています。
フランス語でGreve。
誰のせいでもないのだけど、日本に帰れるのかちょっと心配になってきました。
ま、Cancelになったら、パリで楽しめるのでそれもアリかも?

いろいろあるのだけど、今日はひとことだけ。

ドイツ料理はうまかった!


しょっぱいという声をよく聞いたので、ひょっとしたら
アジア人には合わないのかもしれない(笑)


あと日本って外来語あるから便利だね~。
ケルンは日本語ではケルンだけど英語ではコローンになっちゃう。
コローンに行くんだよ、って言われて????だったのだけど
ケルンのことだとわかって笑えたし。

イタリアンレストランに行ったときも、ミネストローネもボロネーゼも
ペンネアラビアータも全部わかる。
これが中国人には非常に難しいらしい。
ま、彼らはあんまりイタリアンを食べない、ということもあるのだけど。

ザワークラウトうめ~~~って叫んでいたら、
なんでYouはそんなに知ってるのか?

と聞かれました。

う~~~~ん、その質問は難しい。。。。
だって、東京にはソーセージもザワークラウトもヴァイツェンだって
あるも~~~ん、としか言えず。

みんな日本に来たがってます。
そんなに良い国だったのか・・・(笑)


明日は飛行機が飛べばとしくんが迎えにきてくれるって!
いつものことだけど、うれしいな♪
[PR]
by mysakuranbo | 2007-10-27 07:28 | -France | Comments(4)

フランクフルト通信3 ショッピングとコスモポリタニズム

こんにちは。
こちらは日曜日の朝です。 予定を変えてホテルにいますので記事UPします。

フランクフルトは日曜日はデパートもショップも全部休み。
開いているところいえば、美術館とか博物館ぐらい。
今日はユダヤ博物館に行こうと思っているのだけど、なんせ
湿疹がひどいことになっていて、困ってます。

いろいろネットで調べてみたのだけど帯状疱疹ではなさそう。
なぜならば帯状疱疹は体の半分にでるらしいのだけど、ワタシの場合は
なんの前兆もなく突然全体にひろがってるし。
すこし腫れて痛いのであまり無理をせず今日のところはホテルで
ゆっくりしてるところ。
たぶん、疲れですよ。 と、信じたい(笑)

最初の日のスケジュールはこんなんでした。 

18:00 シャルルドゴールロワシー空港到着(パリ)
      乗り換えのため別のターミナルまで歩く
20:00 フランクフルトに向け離陸
21:30 フランクフルト空港着 (霧雨が降っていて猛烈に寒い)
22:30 空港から比較的近いホテルに到着
3:00  ようやく眠りにつく
6:00  起床・一日のエネルギー朝食を食べる!
8:00  迎えの車がくるはずの時間・・・コナイ・・・
9:00  ようやくくる
10:20 会社到着 そのまま仕事に突入
22:00 食事終了 解散

体中湿疹に・・・

睡眠時間が3時間というのが問題?(笑)

問題は湿疹に痛みが伴ってきたこと。
抗生剤は持ってきているので、飲みます。
ふぅ、次に湿疹がでたときのために記録をとっておくのはいいことでしょう、きっと。

こちらは雨が降り始めました。
昨日はとてもいい天気だったので昨日出歩いてホントによかった。

手荷物のことを考えて、何かBAGを買おう!と昨日ずーっと町を
歩いていたのだけど、フランクフルトで流行の先端なものは見つけられませんでした。
こんなこと言うと怒られちゃうかもしれないけど。

LVとかGucciとかの店はゲーテ通りというところにあるんです。
ゲーテ通りというのはビバリーヒルズのロデオドライブみたいな感じで、
そこだけ一角にリッチなお店が固まってる。
でもLV買うのならパリで買えばいいし(行く時間と体力があるかは別として)、なにも
フランクフルトで買うこともないなぁ、と素通り。

もうちょいこー、なんか、ないのか、と見て回ったのだけど
例えて言うのなら、赤羽駅の駅ビルのショップで売ってそうなBagぐらいしか
目にはいらない(笑) 
日本にはメイドインチャイナの安いものがたくさんあるので、クオリティを無視すれば
安い皮バッグはたくさん買えますよね

日本ってつくづく買い物天国な国だと思いました。
日本人はお金がないんじゃなくて、使ってるからないんだよ、みんな!

ドイツ人は給料レベルに格差があって、一般的なOLさんレベルとホワイトカラー
エグゼンプション的なレベルとずいぶん差があると思います。
それにポーランドからの人たちとか、東ドイツから来た人たちがかかなりの低賃金
で働いてるという複雑な国です。
そこへきて給料の3分の1はなんやかんやで控除されるので、一般的なOLの
手取りは感覚で200万~300万ぐらいじゃないかしら。
日本よりちょっと少ない? 同じぐらい?

親と一緒には暮らさないと思うので、そこから生活費を引いていくと
そんなに楽な暮らしじゃないよなぁ。
町を歩いている人を見ても、華やかさはあまり感じられません。
東京で言えば銀座をあるいているのに、です。

だからか、なんだかワタシも買い物の意欲が失せてしまったのかも。
いいことですけどね。

ワタシはすごくアメリカナイズされているのかな、って感じました。
ヨーロッパにくるととても”違い”を感じるから。
先週まで一緒にいたアメリカ人と話していると、なんだかホッとしたもの。




有名な小話があります。
小さな小船にイギリス人、アメリカ人、中国人、日本人、イタリア人、
ドイツ人の6人が乗っています。
船が火事になっていよいよ海に飛び込む必要がある、というとき、さぁ、彼らに
なんと言いましょうか。

イギリス人には『紳士ならば先に飛び込んでください』

アメリカ人には『だいじょうぶだ、保険がかかってる』

中国人には『今そこに美味しそうな魚が泳いでますよ』

イタリア人には『ほら、美女が泳いでますよ』

ドイツ人には『規則で飛び込むことになってます』

そして、最後に日本人には

『みんな飛び込んでますよ』

と言えばよい、とか。
この話いろんなバージョンがあるのですが、ジョークとして語り継がれてます。
ガイジンとディナーを食べてるときにこの話をするとかなりウケます。


コスモポリタンを目指す人はそれぞれの国からいいところだけを
吸収していけばよいですね。

Wikipediaによるとコスモポリタニズムの代表はEU連盟であり、アメリカは
それとは反対にモンロー主義という独立国家主義性をとっているのだそうです。
さて、ワタシたち日本人はどこを目指しているのでしょう。
[PR]
by mysakuranbo | 2007-10-21 18:07 | -Germany | Comments(4)

フランクフルト通信 2 フランクフルトでフランクフルト 

今日はフランクフルトの町をず~~~っとぶらぶらと散策してました。
そして途中からショッピング開始。
この町は出だしがほんとに遅くて、10時、11時は閑散としていたのに
お昼になるころにはたくさんの人出が。

ひとりでぶらぶらしてるとちょっと退屈なのでBGMに日本から持っていった
ウォークマンが大活躍。 このウォークマン、パリまでの飛行機に乗っている
間も10時間聞き続けたし、今日も町を歩いているときもBGMにはちょうどいい
曲が流れてました。

今回ワタシがウォークマンに詰めていったのは、小曽根真、Dave Kozなど
メロー系がほとんど。 長距離のフライトに備えた、というわけ。
またこれがフランクフルトの町とあうあう(笑)
ヨーロッパな香りを残してるけど、近代的な町。 
そこここで工事が行われているところをみると、だいぶ経済が活性化されて
るんだなーと思います。
EUROが高いおかげよね、きっと。

今日ぷらぷらと町を見ているときも、高くて手がでないものばかりでした。
EUR120、という値札は、以前の感覚では日本円で15000円ぐらい
なのでしょうが、今のレートでは20000円を越えてしまいます。
今回ワタシが両替したときは170円を超えてましたもの!

2万だせば、日本のほうが安いなぁ、と思って買い控えてしまったものが
あれやこれや。 
おまけに、今回エコノミークラスで出張しているため、荷物の重量が20キロと
決まってます。 行きですでに8キロオーバー。

規定重量を超えた分は追加料金がかかります。
8キロで4万もとられました。
ひょ~~、でしょ。 ま、会社に請求しますけど(笑)
エコノミーなのが悪い。
これだから女は・・・って思われてもかまわん!

あ、これ、ビジネスクラスでは30キロまでOKなので大丈夫なのよね。
出張にはカバンを変えなきゃだめだわ、これからは。
ハードケースはやっぱり重いので、今度ソフトケースにします。

今日のお昼はこれ。
b0043980_0544528.jpg


ものっすごいシンプルなんだけど、美味です。(€1.8)
鮭おにぎりみたいなもんだと思う、たぶん。

だけど、こういうのって忘れられない味になるんだろなー。
けっこう町で食べてるひといました。
ワタシも思わず食べ歩き。

その後はクレープ屋をみつけたのでNutella のクレープを注文。
かなり美味しいかったです。 

C&Aにてコートがかなり安くうってたので欲しかったのだけど、今回はあきらめました。
日本はまだロングコートって感じじゃないし、荷物はこれ以上増やせないし。
€190だったのよね。 これも微妙な値段。 C&Aで3万か・・・と。

※C&AってZARAみたいな店で、もう少しカジュアルな感じです。
ヨーロッパにしかないらしいです。


ドイツといえばなんだろーって考えて、ガイドブックにのってた
調味料のマギーのショップにも行ってきました。


b0043980_163432.jpg


日本では見たことないものがたくさん!
スープといかインスタント系のものも沢山あるんだね。
日本ではクノールは売っててもマギーは売ってないよなぁ。

マギーショップはけっこうおすすめ。
それほど大きいお店ではないけれど、簡単な食事もできるみたいです。

※マギーは今はネスレから発売されてます。


さっきホテルに明日レイトチェックアウトしたいのだけど、とお願いをしてみたら
3:00までなら追加料金なしでいいよ、とラッキーな返事が!
本当は郊外には夜に帰ればよかったのだけど、ま、いいか。
明日はSPAにてフェイシャルをしてもらう予定♪
ほんとならBodyをお願いしたいところだけど、さすがに湿疹もあることだし
やめました。(ア~!)
でもフェイシャルだけでも生き返れれると思います!


郊外ホテルはインターネットが使えないため、またしばしさよなら、です。
郊外にもいいとこはあるんだけどね、お城とか(笑)
お城見学をしてきたのだけど、ほんとにすごいところでレンブラントの絵とか
飾ってあってびっくりした。 当主はまだ住んでいるとか。
ふぅ、時間の流れがあちらとこちらではまるで違います。

一番の驚きは郊外ホテルにはエレベーターがありませんでした。
ワタシのお部屋は3Fです。

28キロの荷物とパソコンを抱えて、来週もまたがんばります。
ではまたお元気で!

ちゃお。 
[PR]
by mysakuranbo | 2007-10-21 01:19 | -Germany | Comments(0)

フランクフルト通信1 大変だ~   

ドイツに来てから4日が過ぎました。
今日は土曜日です。

今はフランクフルトにいます。 また明日はここから100キロ近く
離れた町に移動しますので、つかのまのシティを味わってるところ。
やっぱりシティはいいよ、うん。
郊外もいいのだけど車のない郊外生活ほど嫌になるものはありません。
常に頭の中は『どうやって移動しよう』ばかり考えてて・・・。

本当はレンタカーするのが一番よいのだけどね。
やっぱりドイツって結構運転が荒いので危ないし、知らない土地だから
今回はタクシーなどで移動中にしっかりと道を覚える、というのがひそかな
目標にしたというわけ。 来年来ることがあれば絶対にレンタカーにするぞぉ~。


さて、うわさではドイツ料理はマズイときいてましたが、なんか案外
ワタシイケルみたいです(笑) ええ、味覚がきっと日本人離れしている
のだと思います。 今回もうひとり日本から行ってる子がいるのだけど
彼女は「いや~まいりました」ってお手上げ状態でしたから。

芋料理がもともと好きだし、豆をすりつぶしたスープとか
かなり大好物系なのだな。 でも、たいていの日本人はおそらく飽きると思われる。
それと寒い土地だけに、料理がしょっぱい。 ま、これも平気。

ハムとソーセージは世界一美味しいし、チーズも臭みがなくて
なおかつビールが美味しい(笑)
野菜類の種類が乏しい、ということは確かにありますが、それでも
十分です。

ただ、口は美味しいと思って食べているのだけど、体に異変が起きてて困った。

2日目かなぁ、地元のドイツ料理を食べにいき、シュラビーナという地ビール
をジョッキで2杯ぐらい飲みました。(スペルを忘れたので、来週きいてきます)
この地ビールはほんのりとホップ系のフレイバーがあって、色はハーフ系の
ダークブラウンな色です。
このビールも好みがあるらしく、飲みにくい、という意見もアジア人の中では
ありました。
ワタシはかなり好きなほう(笑)

まだ時差ボケが直っていなくて、日本時間の丑三どきにあたるディナータイムは
かなりしんどかったです。 ホテルの部屋に帰って服を脱いだら、お腹中に
湿疹(蕁麻疹?)が・・・。
かゆみはないのだけど、すこし腫れて痛い感じはします。 でもほんと
どーってことはないのだけど。

もうすごいことになってて、自分が一番ビックリしてるんだけどどうしたんだろ。
食べたものが合わなかったのか、それとも疲れなのか。
としくんと電話で話したときは、飲みすぎで肝臓が疲れてるせい、と言ってた。
一晩寝たら治るかなぁ、と思ったけど、治らなくて、体も皮膚の柔らかいところ、
太ももの上のほうとか、腕の内側とか血管があるあたりにも広がってきました。
う~ん、困った。

まだまだ仕事は来週いっぱいかかります。
それに月曜日はVice-Presidentから食事に誘われてる!
仕事の打ち合わせをしてそのあと食事をしよう、って言われたのです。

Youの意見がききたいんだ、だって!

こんなチャンスはめったにないのだから、這ってでも行かなきゃならん。

でもブツブツとお腹がボコボコになってきてます(泣)
疲れてるだけだと思いたい。


ま、それが一番今回の出張できついことだと思います。
あとは迎えがこなくて1時間待たされたこととか、タクシーの運転手が道も英語も
わからなくて困ったり、とか、ぐらいです(笑)
ドイツ語で『フランクフルト、グロースグロース』
(フランクフルトは大きいから)って、言ってるのはわかった。
でも、それだけしかわからないし。
右も左もわからないとは本当にこのことです(笑) 意味わかる?わかる?

ダンケシェン

つづく
[PR]
by mysakuranbo | 2007-10-21 00:16 | -Germany | Comments(0)

毎日が新発見 【2017限定】USCPA合格への道を綴ります


by me
プロフィールを見る
画像一覧