<   2009年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ベルギービールとムール貝

ランチタイムはrue des Bouchers ブーシェ(肉屋)通りと呼ばれるレストランが
沢山集まる路地に行きました。
b0043980_9384484.jpg


ここは観光客がわんさか押し寄せるので、客引きがすごいです。
当たり外れがあると思うので、お店選びは一番心配なさそうな
Leonにしてみました。 (パリにもありますが、ベルギーのほうが本場ですよね)

今回一緒に行った子はドイツ語がペラペラな子。
メニューにはフランス語、英語、ドイツ語の表記があったので
注文するときは、ドイツ語にしてみました(笑)

明らかにアジアからきた観光客2人、ドイツ語でオーダーしたら
オモシロイ?と普通にお願いしてみたら、ウェイターの方も
ドイツ語堪能でした・・・(笑)
ウェイターは私には英語で、その彼女にはドイツ語で話しかけてましたよ。
ヨーロッパでは数ヶ国語が話せるのって本当に当たり前なのね^^;

b0043980_9421913.jpg


もちろん昼からビール!

b0043980_9424157.jpg


バケツのムール貝は多すぎるので、こちらを注文。
もう~~~、思い出すだけでも美味しかった。 
また食べたい!といいまくっていた一品です。

b0043980_9435094.jpg

ガーリックとオリーブオイル!
日本で食べるムール貝とちがって、ふっくらしてすごく新鮮でした。
時期的にも冬場がいいそうですね。

ランチ後、小便小僧の像を見に行きました。
なんで小便小僧がそんなに人気なのかはわからないけれど、みよ、この人だかり!
b0043980_947448.jpg


ブリュッセルのグランプラスの周りを散策するのは3,4時間あればできてしまいます。
とっても小ぢんまりとした小さな町でした。
夕方はやめのタリスを予約していたので、またブリュッセル南駅まで早めに戻ることに
しました。

その前にブリュッセルのスーパーに立ち寄って、お部屋で飲むビールは
忘れずに買いましたけどね^^



タリスを待つ間、またもや・・・



b0043980_9461287.jpg



これ1杯たった1.5ユーロなんです。
安すぎる~(笑)

ほろよい気分で無事にパリ北駅まで到着。
とっても満喫したブリュッセル日帰り旅行でした!
b0043980_951639.jpg


夜もベルギービール
[PR]
by mysakuranbo | 2009-03-31 09:51 | -Bergium

本場のベルギーワッフルにくらくら?

ブリュッセル南駅に到着した私たち。

b0043980_17352121.jpg

駅につくなりチョコレートがお出迎え!
大興奮です。

ここから観光の中心地域までは電車に乗り換える必要があります。
あまりこのあたりは予習をしていかなかったのだけど、ブリュッセルには
バス・トロリー・地下鉄といろいろな交通手段があって、ちょっと複雑。
とにかく「40」ならば近くまで行くらしい、とガイドブックを見て、
証券取引所付近まで電車に乗ることにしました。

このチケットの仕組みもいまいちよくわかっていませんでしたが、
なんとなく慣れてきてたので、券売機に向かってみます。

b0043980_1736462.jpg

これが券売機。 英語表記にすることもできるけど、フランス語でもおそらく
わかるでしょう。
往復チケットを買いました。 チケットは磁気カードなので、帰りも同じものを使います。

b0043980_17374458.jpg

これが改札です。
改札は自主的に通す仕組み。 ちゃんと通さないとあとでぺナルティがあるらしいので
しっかり通します。

b0043980_17383548.jpg

こんな可愛い電車やトロリーが来るんですよ。
ちゃんとお目当ての電車に乗れるか不安でしたが、案の定最初反対方向に
乗ってしまった・・・(笑)
でも、修正もききますし、ご安心あれ。
メトロは最近路線が新しくなったようで、ガイドブックにも載っていない路線がありました。
最新の路線についてはこちらを参考にされたほうがよいかもしれません。

Network maps of Brussels STIB 



ほどなくしてグランプラスと呼ばれる観光名所付近に到着です。
ここは圧巻。

b0043980_1741689.jpg


ひとしきり見て、写真をとったあと、
私たちのブリュッセル旅行の目的の1番目、ワッフルを食べに行きました!

b0043980_17432462.jpg

b0043980_17434490.jpg


これが私がたべたもの。 トッピングで生クリーム&ホットチョコレートです。
海外のチョコや甘いものが得意じゃない人はちょっと厳しいくらいの甘さです。
一緒に行った子は、甘すぎて震えが来る、と言ってました(笑)

必要以上に甘くしないためにChantillyは生クリームのこととぜひ覚えておきましょう(笑)
ちなみに私は海外の甘いもの大好きなので、まったくOKでした^^

そして、グランプラスに程近いところにある、古いアーケードに行きました。
ここはチョコレート屋さんがたくさんあります。
b0043980_1749721.jpg

b0043980_17492423.jpg

b0043980_17505969.jpg

パリで買うよりも安いです!
もうにおいだけで甘さにくらくらしそうな場所ですが、お土産をたくさん買いました。

買物のあと、いよいよランチタイム♪
[PR]
by mysakuranbo | 2009-03-30 17:58 | -Bergium

ブリュッセル行きのタリスに乗る!

パリからベルギ・ブリュッセルまではThalys(タリス)という高速鉄道で
行きました。
こちらのチケットはWEBから予約しました。

チケットの予約方法はそれほど難しくありませんが、以下に書いておきます。
決済はクレジットカードです。

チケットの予約方法

1 まずは行き先、日付、人数、一等席か二等席を選択。

予約はパリ(北駅)からブリュッセル南駅までで、二等席です。
ブリュッセル行きのThalysはパリの北駅からしか出ていませんし、ブリュッセルでは
南駅(中央駅ではなく)にしか停まりませんので、注意が必要です。

2 そして次のページが肝心。
b0043980_16563195.jpg

ここではチケットをどこで受け取るか、を指定します。
私たち海外の旅行客は現地で受け取るを指定すべし! 
受け取り方はあとで説明します。

3 次のページではいろいろな時間のチケットと変更可能かどうかが書いてあります。
もちろん一番安いチケットは変更不可です。
往復の電車を選んだあとConfimをすると、この画面がでてきます。

b0043980_1744725.jpg


このマークにしておくほうがBetter。
駅にはSNCF(フランス国鉄)の自動チケット引き換え機がたくさんなるのですが
なぜか私のカードはうまくValidationができなかったんですね。
おそらくICカードじゃなかったから?と思うのですが、チケットカウンタが
一番奥にあるので、予約表を見せて、支払い時に使ったクレジットカードを
再度提示すると、あっさりと引き換えることができました。

ただ、このカウンタが混んでいる場合もあるので、少し時間に余裕を持って
行ったほうがいいと思います。
私たちは残り5分というところでようやく引き換えができたので、ホームまでダッシュでした。
チケットカウンタの方が乗り場のホームを教えてくれます。

b0043980_1791940.jpg

北駅。 
北駅付近は物騒だときいていたけれど、Policeもたくさんいたし
そんな感じではありませんでした。 (駅から出たら違うのかもしれませんが)

b0043980_17101911.jpg


そしてこれがタリスの中です。 日本の新幹線と同じく全席指定(?)なので快適。
本当は全席が指定のはずなのに、その日によってなんか変だったり、ということは
あるみたいです。 私たちが行ったとき、帰りの車両がなぜか変で早い者勝ち?みたい
になってました。
私たちが指定した座席にいくと、既に誰かが座ってます。
ムッシュー、これはあなたの席?と聞いてみると

いつもは15号編成だけど、今日は10両だから、15号のチケットを持っている人は
5号車に乗っていい、といわれたとか。

そんな馬鹿な(笑)

じゃぁ、5号車の人はどこに座ればいいのよ~、と隣の車両に移ったら
なぜかまた同じ番号があります。
(ThalysもTGVも座席は1本の電車に1つしか同じ番号がない造り)
あれ?
というわけで、そこに座ってしまいました。
本当は6号車でしたけど(笑)

で、もし6号車の人がきたら、こう言ってあげようと思いました。

「今日は15号車の人が5号車に乗ったので、5号車の人が6号車になったのよ」

と。
旅にハプニングはつきものですから(笑)
でも、さいわい私たちの席には誰も来ることはなかったのでした。

b0043980_17155563.jpg


電車の車内放送はフランス語・オランダ語・ドイツ語・英語の順番で
されていきます。 英語は一番最後^^;


私は道中ず~っと車窓を眺めていました。
フランスの田舎はとっても素敵で、どんな街にも必ず教会があってそこを中心に
街がひろがっているのがよくわかります。
教会も古いものから大きなものまで、目を凝らすとあちこちにあります。


ブリュッセル(英語の発音はブラッセル)までは1時間22分。
とっても近いです。
[PR]
by mysakuranbo | 2009-03-30 17:21 | -Bergium

東京とパリの美術館

昨日としくんと青山のユニマット美術館に行ってきました。
チケットをいただいたのと、この美術館、3月31日で閉館と
なってしまうのだそう、ときいて行ってまいりました。
もともと箱根の美術館の所蔵品をこちらに移してきたもので、
かなりのレベルの所蔵品にびっくりしました。

つい最近パリのオランジェリー美術館でたくさんのモディリアーニと
ユリトロの作品を観てきたばかりで、またまたこちらで出会えるのが
うれしかったです。
それと、LAのゲッティ美術館にあるミレーの「鍬を持つ男」にかなり
衝撃的なインパクトを得ていた私は、昨日おなじくミレーの
「一日の終わり」を見て、なんだか納得してしまいました。
今後この「一日の終わり」がどこの美術館に行くのかはわかりませんが、
機会があれば見てみると、なんとなくフランスの農夫の気持ちが
わかると思います。

海外を旅していてかなりの頻度で美術館にも行くけれど、何千マイルも
離れた土地でそういうストーリー的な出会いがあると、すごくうれしく
なりますね。

ユニマット美術館に、クールベ(ギュスターブ・クールベ)の「シヨン城」が
ありました。 とても惹きつけられる作品です。
どこかでもっと大きなシヨン城の作品を観た記憶があるのだけど、
それがどこだったのかどうしても思い出せないままでいます・・・。

この前のパリ旅行ではじっくりと美術館を見ている時間がとれそうに
なかったので、比較的短時間で見れる「オランジェリー美術館」に
行ってきました。

b0043980_11244979.jpg

だいたい2時間もあれば見れてしまいますので、短期観光客には
ピッタリの美術館だと思いますよ!
こちらはぜひ朝一に行ってほしいです。
そして解説オーディオもぜひレンタルしてみてください。

もちろんモネの睡蓮は語るに及ばずすばらしいのだけど、私がいちばん
感動しのは、むしろ1Fにあるチュイルリー宮の基礎でした。
今ではこのオランジェリー美術館のある一帯がチュイルリー公園と
なっているけれど、ここに昔宮殿があったんだなぁ、とパリの歴史に
思いを馳せたのでした。

b0043980_11253784.jpg

コンコルド広場から見るエッフェル塔。
この前TVでやっていましたが、このオベリスク、エジプトのルクソール神殿から
持ってきたものだそう。 どうりでヒエログリフが書いてあるわけです。
[PR]
by mysakuranbo | 2009-03-30 11:27 | -France

パリのカフェ

b0043980_22141085.jpg


サンジェルマン・デ・プレ教会。
こじんまりとしていますが、これでもすごく歴史があるんですよね。
このすぐ近くにある、有名なカフェに行ってみました。
Cafe de Flore。 
有名人も集まるということらしいです。

しばらくパリを歩き回ったあとで、カフェは最高です。
b0043980_2219564.jpg


b0043980_22192556.jpg


このあと、シテ島に行ってまたまたカフェに行ったんですね。
その写真もあわせてどうぞ。
シテ島は思いっきり観光地なので、ちょっとお値段もお高いです。
できることならあえてシテ島でカフェする必要もないんですが、それはそれで
楽しいひとときです。

b0043980_2222158.jpg
b0043980_22222288.jpg


シテ島ではノートルダム大聖堂、コンシェルジュリーなどなどを観光しました。
このあとはパリ市庁舎に行きます。

b0043980_22234839.jpg


マレ地区を歩いて、またまたバスチーユに戻ってくるころには
すっかり夕暮れになっていました。
ほんとよく歩いた1日。

b0043980_22293220.jpg



パリの観光地をばっちり制覇した1日は暮れていきました。
この日は朝の4時半にパリに到着し、そこから一睡もせずにひたすら
歩き回っていたので、クタクタでした。
若くない~?(笑)


でも、ほんとパリってどんな景色も絵になるし、なんだかホッとするんです。
古いものに囲まれているからかなぁ。


明日はいよいよベルギー、ブリュッセルに行く日です。
[PR]
by mysakuranbo | 2009-03-29 22:37 | -France

パリのマルシェ

カルチェラタンというエリアはセーヌ川の左岸のソルボンヌ大学の
あるエリアです。
学生街と言われているけれど、それはパリのことなので、
日本の学生街とはだいぶ雰囲気は違いました。
右岸は比較的平坦な土地が多いですが、左岸のこのエリアは坂があって
なかなか雰囲気があります。

b0043980_051416.jpg


カルチェラタンの中心、パンテオンからほど近くに
ムフタール通り(Rue Mouffetard)があり、曜日によってマルシェが開かれる
そうなので、行ってみました。

b0043980_0112911.jpg
b0043980_0115378.jpg

b0043980_054666.jpg


マルシェには思ったよりも沢山の野菜や果物や魚!が売られてます。
魚の種類の多さにはびっくりしました。
やはりフランス人は美食家が多い! 世界の美味しいものが
集まる国なのですね~。

マルシェでもちゃんと産地が書かれていましたよ^^


次回はサンジェルマン・デ・プレに続きマス!
[PR]
by mysakuranbo | 2009-03-27 00:15 | -France

パリ街歩き

さぁ、パリの街に出かけましょう♪

今日は1日パリ市内を散歩する日です。
私たちが行ったコース:

8:00  バスティーユ
↓(徒歩)
オステルリッツ橋
↓(徒歩)
カルチェ・ラタン 
↓(メトロ)
サンジェルマン・デ・プレ
↓(メトロ)
シテ島
↓(徒歩)
マレ地区
↓(徒歩)
17:00 バスティーユ

パリの南東方面をかなりぐるっと回りました。
移動には一部メトロを使いましたが、ほとんどが徒歩でしたので
朝から夕方まで本当によく歩きました。
パリって歩く街です。 でも、東京にいるより、意外と歩けてしまうもので
自分でもその歩いた距離にビックリ。 20キロ以上!

b0043980_22573429.jpg

朝陽を浴びて、キラキラしてました。

b0043980_23371549.jpg

朝、オープンして誰もいないカフェの椅子。
ここから1日が始まる、という感じがします。

b0043980_23341714.jpg


オステルリッツ橋からノートルダム大聖堂が望めました。
次回はカルチェラタンのマルシェを紹介したいと思います♪
[PR]
by mysakuranbo | 2009-03-25 23:40 | -France

Bonjourで始まる朝

今回は会社の子と2人旅行ということで、ホテル選び、プラン作りにも
1ヶ月ほどかけてじっくりと選びました。
まずホテル。

パリには星の数ほどのホテルがあります。
モダンな大規模ホテルから、古くからある格式高いホテルまで。
そんな中私たちはバスチーユに程近いところにある、プチホテルを選びました。

国鉄のリヨン駅(Gare de Lyon)にも近くてとっても便利なホテルでした。
ただ唯一の欠点といえば、シャワーがかなり旧式だったことぐらい。

b0043980_2405922.jpg

可愛いんですけどね^^;

でもリビング+ベッドルームで5泊で6万弱というお値段。
しかも朝食込み!
朝食は毎朝同じメニューですが、バケットとチーズがあれば
何も言うことはないですね^^

ホテルは自分で予約して、早朝に到着するのでその旨をホテルにあらかじめ
連絡しておきました。 ホテルの人はとってもフレンドリーだし、英語を話して
くれました。
毎日、Bonjourで始まりBonjourで終わるパリの滞在を
とっても楽しくしてくれたのがこちらのホテルです。

Pavillon Saint Louis Bastille(旧ホテル名 Hotel Belle Epoque)


b0043980_2302950.jpg


早朝のシャルルドゴール空港着のエールフランスでしたので、空港からはTAXIでした。
住所さえわかればどんな道でもすいすい行ってしまいますので、
ほんとパリのTAXIドライバーは優秀です。

こちらは宿泊代に込みだった朝食。

b0043980_2305746.jpg
b0043980_2312622.jpg


バケットはとっても美味しくて、サンドイッチにしても食べたくなるほど!



b0043980_2312273.jpg


ホテルへの道すがらいつも見ていたバスチーユ広場。
ここから革命が起こったのだと思うと、身震いがするほど感動しました。
私たちのパリの旅はここから始まりました。
[PR]
by mysakuranbo | 2009-03-25 02:36 | -France

フランスから帰国しました!

ただいま~~~♪
もうすっかりご無沙汰しちゃって、ゴメンナサイ。

行く前はずっとバタバタで明日からもまたバタバタなんですが
今日だけは時間がありそうです。

といっても、帰ってきたのは今朝です(笑)
朝成田についてびっくりです。 目の前に真っ黒な煙がもくもくと、
そして炎まで見えます。
そのときはいったい何が燃えているのか良くわからなかったけれど、
Runwayでの火災といえば、やはり航空機ではないか?と想像したとおり、
お亡くなりになった方もいたとは・・・。

確かに着陸時は風がすごくて、とても飛行機が揺れました。
はっきり言ってみんな酔ってしまってました。
私も気分が悪くなったし、隣の子供はもどしてしまうほどでした。
着陸も不安だったのです。

最近天候不順による飛行機事故が増えてますね。
目の前に見た飛行機事故にかなり動揺しましたが、我々は今日はこのまま
仕事でした。
空港内の事故で少し到着が遅れ、高速道路の事故でなんとリムジンバスは遠回り。
ほんと慌しいまま出勤です。
Overnight Flightだったにもかかわらず、睡眠約1時間。
もうこうなったら気合あるのみ、でがんばりました。

今回のフランス・ベルギー旅行だけど、
すご~~~~~くいいプランに仕上り、すべての予定が
ピ~~~~ッタリと重なって、おまけに天気もさぁ~~~いこ~~~
でした。
ちょっと外人風に言ってみた(笑)

フランス語にもやや慣れてきました。
なかなか難しいのだけど、言わんとしてることは1割ぐらいわかるように?
日本に帰ってきたら、英語が変になってました。
とくにRの発音が・・・^^


さて、少しずつブログで旅の写真を紹介していきますので、
のんびりお付き合いください^^
あ~、はやくスーツケース届かないかしら。
宅配便で送ったのに、まだ受け取れてないんです(シクシク)
[PR]
by mysakuranbo | 2009-03-23 20:00 | -France

いまここにいます

b0043980_183138.jpg

[PR]
by mysakuranbo | 2009-03-19 18:03 | -Bergium

毎日が新発見 【2017限定】USCPA合格への道を綴ります


by me
プロフィールを見る
画像一覧