<   2011年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

So it is my revenge.

だからこれがワタシのリベンジよ。
毎回この写真を入れてみることにする。
よかったねぇ、ロビン。





b0043980_14493656.jpg

[PR]
by MySakuranbo | 2011-11-29 14:51 | 日々の出来事 | Comments(0)

「ワタシ」を壊す広告

記事の真下に広告が入るようになった。まるで自分が書いたかのようなので、すごく気持ち悪いから、スペースを保つことにした。

それと、同じ月の記事の下にもPRが入ってる。
広告はしかたないとしても、あまりにも記事ヤタイトルに近いのはどうにかなりませんかね?

ブログユーザーが減ってるんだろうし、広告収入がないとやっていけないのもわかるのだけど、今回ばかりはこのエキサイトの変更には辟易。

うーん。
別にエキサイトじゃなくてもいいし、って思ったりもする。いままでこれを使っていた唯一の理由は、シンプルだったからなのだよ。


新規獲得と業績向上を狙って既存顧客を逃す典型的パターンなのでは? うちもそうならないようにシンプルで手作り感を忘れずにいなくちゃ。
[PR]
by mysakuranbo | 2011-11-29 13:27 | 日々の出来事 | Comments(0)

ロビンの涙

ロビンは涙目になることが多い。
たいていのチワワはうるうるしている。
でも、放っておくと毛が汚くなるし、乾いたりしてかわいそうだから、目の下にたまった涙を
拭いてあげるようにしている。

「めめ、ふくよ」

と、わたしがティッシュをもつと、顔をあずけてくれる。
しっぽもふりふり。

子犬のときからずっとやっているので、静かにじっとわたしがティッシュでこぼれた涙をふくのを待ってる。

犬は言葉も気持ちも全部わかってるね。

b0043980_1035299.jpg

[PR]
by MySakuranbo | 2011-11-29 10:07 | -DOG | Comments(0)

口内炎と食生活

今日は大学はさぼりだ。
って、もうやる気がでんからだ!
そんな日もある。

口が痛いのに、食欲はあって、何が痛くなくて、何が痛いかわかってきた。


1 柔らかい食べ物。
一見するとよさそうだが、柔らかくて歯につきそうなものはNG。
人間の舌は歯についた食糧をこそぎとることにずいぶんとその筋肉をつかっていることが判明。

2 乾いた食べ物。
当然ながら痛いので却下。
カールを食べたら、1+2でひどい目にあった。
でも、意地でたべたけど(笑)


痛みには強い私だけど、痛いということは全身が疲れるってことも知ってる。
あちこち肩がこったり、首がこったりする。
今回は頭痛がひどい。


暇にまかせて(大学をさぼってるくせに)、冷蔵庫にずっとあったもち米でおこわをつくることにした。 正確には金時豆ごはん。 金時豆を煮たらすごい量になってしまい、ご飯にまぜることに決定。 炊飯器に「おこわ機能」があって、それでチャレンジ中。

あ、最近になって炊飯器を買い替えたの。
10年つかっていた3合炊きとはおさらばし、保温しても固くならなそうな機能のついてる5合炊きにした。 我が家は本当にたまにしかご飯を炊かないから、たまに炊くときぐらい美味しいご飯がたべたいと思ったまでのこと。

前にも書いたかもしれないけれど、1年間で20キロは食べないはず。なにせ月に2回3合炊くだけだものね(笑)

ちなみに月曜から書いていくと

土:ステーキ (としくんだけご飯1杯)
日:シチューとマカロニ 
月:ブイヤベース (ショートパスタ)
火:マカロニと野菜
水:パスタ (ボロネーゼ)
木:スンドゥプチゲ (ごはんなし)
金:おこわ (←私は今週初のごはん!)

冬になるとますますご飯をたべなくなる。
これが口内炎の原因ではないことを願う。
[PR]
by MySakuranbo | 2011-11-25 11:36 | 日々の出来事 | Comments(3)

近況

口の中に口内炎がいっぱいできた。
なによりも舌にできてるのが痛い。

英語は舌を活用する言語なのでちっともしゃべれなくなる。
今週はマイルドな1週間なのでまぁ、よかったけれども。

そんな訳で、株の落ち込み以上に口内炎にやられてやる気が萎えているこの頃です。

ぶー026.gif
[PR]
by MySakuranbo | 2011-11-25 09:05 | 日々の出来事 | Comments(0)

南半球かよ!

フランスに行く予定が、ぎゅい~~~んとカーブしてなんと
2月にオーストラリアに行くことになった!

お~、ひさしぶりのオーストラリア。
しかも今回香港からめてますんで、ちょっと楽しくなりそうです。

考えてみればパスポートの更新もしなくちゃいけないし、オーストラリアはETAS(というビザみたいなもの)を申請しなくちゃで、2月ってあっという間?

あぁ、ついでに国際免許も更新しなければ・・・。

飛行機だけは押さえておいたので、もう決定かな。

真夏のオーストラリア、どんな旅にしようか、旅のしおり作りも始めたいと思います!

しかし、久しぶりのオーストラリアだなぁ。
[PR]
by MySakuranbo | 2011-11-19 20:30 | 旅のはなし | Comments(0)

フランス風きた~!

大学は今日はお休みなのだ~。
そして冷たい雨が降っている東京。
いろんなことにやる気がでない1日です。 そういうときはブログを書くに限る。


大学にも文化祭っぽいものがあるんだね。 わたしは直接参加していなけれど、見に行ってみようかな、とは思ってる。 としくんも一緒に行くらしい。
それを大学の友達に行ったら、

「旦那さんってなんさい?」

って、聞かれて笑った。

子供って結構人の年が気になるんだよね。
子供がよく大人にむかって、なんさい?って聞くのとすごく感覚が似ていて、オトナと子供の区別ってそういうところにあるのかな、なんて思った。

とにかく44歳のおっさんは彼女たちにとってお父さんにかなり近いぐらいの年齢なので驚くことはいっぱいです。


あ、つい最近、今年は旅行はしないかも~って言ったばかりですが、2月頃にフランスに行くことになりそうです。 夏場は大混雑しているエッフェル塔も1度ぐらいは登ってみたいから今回がチャンスかも!? 旅計画リアル更新してきますので、こうご期待です。
[PR]
by MySakuranbo | 2011-11-11 14:22 | 旅のはなし | Comments(0)

ドイツでビールを飲みまくろう

5月のドイツは本当にいい天気です。
ヨーロッパを旅するのであれば、5~6月がベストシーズンではないかと思いますね。
7月になるとバカンスシーズンなのでまた違う雰囲気になってしまうと思うし、エアコンの設備がないので、ひどく暑い日にはけっこう辛いかもしれないから。

5月は日中は半袖で歩いてちょうどいいくらい。 ちょっと肌寒ければショールなどでうまく体温調節できます。 ドイツにいくとすごい数のショールが売られてます。 ドイツ人はあんまりお洒落さんがいない、と言われていますが、襟元のおしゃれは上手なんですよ。
ドイツのデパートやお洋服屋さんに行ったら、ぜひショールやストールはお土産にどうぞ。

b0043980_10513544.jpg


旧市街、マリエン広場にミュンヘンの地ビール屋、アウグスティーナーがあります。前回のミュンヘンの旅でも行きましたが、また今回も。
やっぱり滞在中1回はここのビールを飲みたくなります。
コンビニ(実際はコンビニではなく、コンビニ風のショップ)や、駅ビルにもアウグスティーナー
の瓶ビールは売られてますので、お土産にもなりますよ^^
Augustiner beershttp://www.augustiner-braeu.de/augustiners/html/en/Sortiment.html

b0043980_105204.jpg


迷ったら、この順番で飲むのがよいと思います。
Hells ---> Edelstof ---> Weiss

Weiss(SSはドイツ語のBに似た綴り)についてちょっと説明。
ミュンヘン以外の地方ではヴァイツェンのことをほとんどヴァイス(Weiss)と呼んでいます。
他の地方ではWeissと言うと白いビールのことを指します。
でもミュンヘンのあたりのバイエルン地方ではWeissもちょっと色がついていて、白くはないものもあるんですよね~。だから、ヴァイツェンと同じになってしまうんです。
それ以外の地方にいくとWeissとWeizenは別のものですので、要注意。
アウグスティーナーのページをみるとわかるように、アウグスティーナーのWeissはかなりブラウンなのがわかりますよね。 ややこしいけれど。

なんどこの説明をきいてもいまいちピンとこないので、ま、美味しければいいか、と
ごくごくいただいてしまうんですけどね(笑)

こっちがHelle。
b0043980_10521293.jpg

それでもって、こっちがWeiss。
b0043980_11114971.jpg

Weissをごくごくやってると、「おねーちゃん強いね~」って顔で見られます。
日本人は(アジア人は)酒が弱いというのがたいていのヨーロッパ人の定説ですので、ぜひそれを覆してやりましょう!(どんなよ笑)


さてさて、こちらがお食事。
ソーセージとザワークラウトは絶対に食べるべし。 ザワークラウトは日本で売っているものと根本的に味がちがいます。 もっとミルキーで温かくて食べやすいのです。
ドイツではザワークラウトは「温めて」「調理して」食べるものです! 

b0043980_10522083.jpg


日本でも瓶詰などで売ってますので、そのままモリモリ食べるのではなく、ベーコン、コンソメと一緒にぐつぐつ煮て食べると最高においしいので、ぜひやってみてください。
ドイツ人に1歩近づきます(笑)

そしてこっちは季節ならではのもの。
b0043980_111208.jpg


春には白アスパラが出回ります。
旬のものはこうしてシンプルに茹でて、オランデーズソースでいただくのが最高に美味。
このプレートだけでビールが2杯は行けます!

あ、ビールは0.5リットル、1リットルとありますので、頑張れる人は1リットルいきましょう。
でも、いろんな種類を飲みたいのであれば、0.5リットルで頼むのがよろしいかと。

パイントという言い方はドイツはしません。 パイントはイギリス&アメリカのみ。
ドイツ、フランスはメートル法、リットル法ですのでハーフリッターです。
これが日本人にはわかりやすくてGoodですね。
グラスには必ずメモリがついてます。
ドイツでは法律で目盛を付けるように義務づけられていて、(今でもそうかは不明)、正しい量を図ってお客様にサービスするように決まってるんですよ。
すばらしい法律だ!!

良く言われているように、ドイツでは最高に水がまずいので、ビールのほうが安い、ということがありえます。

昼間からビールを飲んでも誰にも咎められませんし、後ろ指もさされません。(職場は除く)
どうどうと朝からビールをいきましょう!

はぁ、ドイツってすてき。




※追記
アウグスティーナーですが、日本語の表記では「アウグスティナー」と書いてあることが多いのですが、ドイツ人の発音は「アウグスティーナーとティーを伸ばして、そこを強調するイメージですので、しっかりティーを発音すれば必ず通じます。
逆に英語みたいに「アウグスティナー」と音節を短く発音しようとすると、は??って顔されますので、英語とドイツの音節の違いには要注意です。
[PR]
by MySakuranbo | 2011-11-11 11:23 | -Germany | Comments(0)

ミュンヘン: BMW博物館

b0043980_19474515.jpg


ミュンヘンはBMWの本社がある街でそこにはこんな風に見学できる大きな
ショールームとミュージアムがあります。
地下鉄で数駅で行けるので行ってみました。

ミュージアムのほうは自動車の歴史がよくわかります。
そもそも自動車ってメルセデスが世界で一番最初に作ったんですが、今CMでもやってるとおりかれこれ125年前の話です。
1880年代のころです。 そしてそのあと量産に成功したのはアメリカのフォード。
これが1920年ごろの話。

そしてアメリカでは工場労働者の時代がやってきて、資本主義が確立されていくっていう歴史があるんですが、まぁ、話すと長くなるのでこの辺で(笑)

わたしが前期に大学ではこの辺のアメリカの工業化の歴史についてをかなり取り組んでやりまして、ここに女性はどのように産業発展に寄与したのかということを研究しました。 実際には1900年代初頭~1940年ごろまでは女性にとっては暗黒の時代です。
でも、そんな男性優位の時代となってしまった理由のほとんどが、アメリカという国の成り立ちと宗教性に理由があるんですよね。

自動車という産業がいまだにかなりの部分で保守的なのも、120年ほとんど発想が変わっていないからじゃないか、という気がします。
だから、この話は長くなるのでこの辺でって・・・(笑)

と、ミュージアムを見に行くときには、観光気分で行くのもいいのですが、自分なりにテーマをもっていくと絶対に食いつきがちがいますので、おすすめします。

b0043980_1956209.jpg


b0043980_19565338.jpg



BMW Welt
http://www.bmw-welt.com/web_rb/bmw-welt/en/index.html


BMWを見たあとは、ミュンヘンの旧市街に戻って、お食事タイムです。



つづく
[PR]
by MySakuranbo | 2011-11-10 20:00 | -Germany | Comments(0)

ドイツ・スイス・オーストリア旅行1

今年はもう旅行はなしかな~という気がしてきました。
香港に今月行こうと画策していたのですが、いろいろ予定が入ってしまったのと、羽田発の飛行機がなかなか取れず断念。 新聞にもありましたが、羽田発の人気はすごいですね。
台湾便では半分以上の旅行客が羽田を利用しているそうです。
でもその分お値段が高いのが納得できない^^;
価格競争は成田vs羽田で始まっていますね。


さて、今年はどこに行ったっけ、って考えていたら、ゴールデンウィークにドイツ、スイス、オーストリアに出かけたことをこのブログでまったく書いてないことに気づきました。
あはははははは。

10日間のヨーロッパ旅行をしておきながら、そりゃないでしょう!

って言われてしまいそうなので、ちょっとずつアップしてみたいと思います。
旅はこんな旅程でした!

1-3 出国 ミュンヘン 2泊
4-5 スイス(チューリッヒ) 2泊
6  オーストリア(インスブルック)1泊
7-9 ミュンヘン 3泊
10  帰国

ミュンヘンをメインとしていましたが、スイスとオーストリアも十分楽しめる旅程を組んで、国境越えはすべて鉄道を利用しました。 ちょっとずつご紹介できれば、と思っています!

ミュンヘンの中央駅。 空港からはいつものようにルフトハンザバスを利用です。
電車で移動することもできますが、やはり快適なのはルフトハンザバス。 中央駅まで40分間はッミュンヘンの郊外を眺めることができます。 バイエルンミュンヘンのアリアンツスタジアムを通って、駅に到着するころにはすっかり心はドイツ気分。
b0043980_818568.jpg


駅は左側の工事中のビルで、右はインターシティという駅直結のホテルです。
こちらは便利は便利ですが、部屋が狭くていまひとつ、と実際に泊まった方が言ってました。
私たちは駅から道を挟んだところにある、フレミングスホテルを利用です。
ミュンヘンに来たときはこのホテルばかり使っています。
(ここ以外に泊まったことがない 笑)

ホテルは以前の記事を参考にしてください。

このホテルは無線LANが無料で使えるのですが、インターネットを使います、と言ってフロントでpin(暗証番号)をもらわないといけない仕組みです。 チェックインのときにもらい忘れても、いつでも言えば発行してくれます。 フロントの方々は英語を全員話します。

ドイツ人は一見するととてもとっつきにくい(特に年齢が上の人になればなるほど・・・)のですが、話してみるとそんなこともないです。 ただ、いつもニコニコ笑っている、という人種ではもともとないため、だいたいの人はむっつりしてます。

また、ドイツの教育システムで大学のインターン制度がありますので、若い子はインターンの可能性もあります。 インターンと言っても日本の大学生よりもかなりしっかりしていて^^;、オトナの対応ができます。 若い子は笑顔もチャーミングだし好奇心もあって日本人にも優しくしてくれるはずです。

そんな観察ができるのも海外旅行ならでは。


つづく! (たぶん今日 笑)
[PR]
by MySakuranbo | 2011-11-09 08:40 | -Germany | Comments(0)

毎日が新発見 【2017限定】USCPA合格への道を綴ります


by me
プロフィールを見る
画像一覧