<   2015年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

タイブッフェ サムイ島旅行記2015夏

今日も友人と食事をした際に、タイってけっこういいかも、という話になりました。私はもともとシンガポール好きでもありますが、タイはシンガポールにはないものがあります。

逆にシンガポールはひとことで言うと何かというと、前も書いたかもしれないけれど、全部が映画のセットみたいなんですよね。ディズニーランドを地でいくみたいな。
もちろん生活感がある街もあるんですが、そういう植民地的なところを文化の発端としているのではなく、近代的を超え、前衛的で精神的なものを文化として作っていっている最中な感じです。ちょっと肩肘はってるんですよね。

それが魂をゆさぶる感動にはつながらない。
タイにはタイなりの大自然と長い食文化があると思います。(それほどタイ料理の歴史に詳しいわけではないけれど。)

そんな話をしていました。

インターコンチネンタル・バーン・タリンガムのレストランでは週に1度だけタイ民族舞踊のDinner Buffetが開催されます。ちょうど初日がその日でしたので、予約をいれておきました。

b0043980_23060488.jpg

お席は外のテラスが格上のようで、予約順に埋まっているようでした。
b0043980_23060920.jpg

ありとあらゆるタイ料理がBuffetでいただけます。
トムヤンクンも辛さ自由に作ってくれます。

ここでも日本人であることに感謝。スタッフがまず、それぞれの料理を説明してまわってくれるのですが、

This is Chicken, and that is pork. This is vegitable (みりゃわかる)

みたいなアバウトなんですけれど、

これっってソムタムだよね?というと、わかるわけです。
それに、パッタイも、トムヤンクン(クンでなく、グンのほうが正しい)もわかるわけです。
日本人は。
グンはエビ。
パッタイグン、だとエビいりの平たいビーフン炒め。

日本語はすごいですよ。
中国人にはこれわかりませんからね~。
ふふふ。

タイ料理ってサラダや野菜料理がけっこう多いってことに気づきました。
辛いものもあるけれど、全体的に美味しかったです。

b0043980_23061413.jpg

お待ちかねの民族舞踊も見目麗しく。
素敵な一日目のDinnerとなりました。

レストラン:Amber
Intercontinenal Samui Baan Taling Ngam Resort
ピーク時は予約必須(19:00がおすすめ)
お値段: ひとり1700バーツ (6000円弱)

以下ホテルより抜粋

WORLD OF SIAM (EVERY THURSDAY)

Discover the World of Siam through a culinary journey of flavors from every region of Thailand accompanied by traditional live performance. World of Siam includes local dishes such as Samui fish soup with turmeric, fried minced meat with hot basil leaves, and papaya salad with salted baby mud crabs. Live classical and contemporary Thai music and dance complement the evening.
Priced at THB 1,700++ per person
From 7:00 pm onwards with Live Thai Dance show starting 8:00pm - 8:30pm.

[PR]
by MySakuranbo | 2015-09-15 23:22 | -Thailand | Comments(0)

スパと夕陽と サムイ島旅行記2015夏

サムイに行ってなにをする?

アイランドツアーのようなものがエクスカーションとしてでています。
ビーチから見える島。その付近ではお魚がたぶん沢山いるんだと思います。

そういうエクスカーション的なことを一切無視し、ひたすら4泊このホテルの中で過ごしたわたしたち。

そう、1歩も敷地からでませんでした。

でも、建物と起伏にとんだ地形が織りなすコテージの配置など、随所に目を楽しませてくれるのです。

ざっと書いてみましょうか、どんな過ごし方をしたのか。

1日目: 到着、無用な朝食を食べ、部屋に行き、そのあとすぐにビーチサイドで少々寝そべって、SPAに行く。
2日目: 朝全速力スイム(誰もいない時間帯にがっつり泳ぐ)。そしてビーチサイドで寝そべる。
3日目: 朝全速力スイム。そしてビーチサイドで寝そべる。少しだけワークアウトをする。
4日目: 朝全速力スイム。そしてビーチサイドで寝そべる。


いやぁ、かわりばえない4日間だ(笑)
読んだ本3冊。

何をしに行ったのか、と言うとほぼ読書ですね。
そして文明的なものからなるべく遠ざかり(携帯電話はなるべくONにしないなど)、夕陽が沈むまでのんびりとする、という究極のリゾート。
2日目でこんがり焦げまして、帰るころにはほとんど現地の方と同じ色に・・・。

こういう、寝そべり型リゾートはやはり美味いものがある土地に限ります。
タイはその点いいよね。飽きないから。

1日目にはSPAをちょっとしたんです。
Harnn (http://shop.harnn.jp/)のスパがあったので出発前に予約をしておきました。
ひさしぶりのカップルスパ。としくん何年ぶりでしょう。

SPAはリゾートのいちばん頂上にありますので、バギーで送っていただきます。
b0043980_20530110.jpg
b0043980_20525857.jpg
2時間のコースで体はつるつる。心もさらさらになります。
マッサージはちょっと強めでとても上手でしたよ。


お部屋に戻ってきたら、ちょうど夕陽が沈むところでした。

b0043980_20552534.jpg
いつもこの先には雲がかかってしまうのだけど、初日の夜は最後までみることができました。
うーん、もう一度見たい!



[PR]
by MySakuranbo | 2015-09-11 20:57 | Comments(0)

インターコンチネンタル・バーン・タリンガム サムイ島旅行記2015夏

台風一過。
わたしのまわりでは事なきを得ましたが、大災害になってしまってテレビの画面でドキドキしていました。うちから少しいったところにも小さな川があって、定点カメラで写されている映像をみると、かなりの水位でした。水位の調整は湾際で行っているようですが、さらに上流となると水の行き場がないですよね。

雨の降り方が最近は東南アジア化しているような気がします。
先日行ったタイ(サムイ)でも最終日の朝は豪雨でした。遠くに雷鳴がとどろき、雲があっという間にひろがる様子が見て取れました。

雲がたまりやすいところ、というのが地形的にあるのでしょうね。
サムイの西海岸ではあまりひどい雲がかからなかったのですが・・・。


さて、この流れでサムイ旅行のつづきです。
わたしたちが宿泊したのは、サムイ島の西側にあるプライベートビーチを持つリゾートでした。

インターコンチネンタル・サムイ・バーン・タリンガムリゾート
http://www.ihg.com/intercontinental/hotels/jp/ja/koh-samui/usmks/hoteldetail

空港からは車で約40分と少し距離があります。
ホテルに予め頼んでピックアップしてもらいました。

サムイ島の場合タクシーは交渉が必要ということなので、面倒でしたからホテルサービスを利用したんです。街のトラベルエージェントや空港でも頼めるみたいです。お値段はホテルサービスのほうがやや張ります。でも、インターコンチネンタルに泊まると決められたのであれば、ピックアップを利用されるのをおすすめします。(冷たい水におしぼりも用意されていますし!)
b0043980_15320557.jpg
ホテルロビーからの景色です。

わたしたちは10:30ごろ到着しました。
当初お部屋の準備ができていない、ということで、仕方がないので朝食をたべていましたが、ほどなくして、ホテルのちょっとした係りの人がやってきて、部屋の用意ができたとのこと。
私がIHGのメンバー(ホテルメンバー)と知らせたからみたいです。たいしてお腹もすいていないのに、食べていたのでなぁんだ、という感じでしたが、ともあれ、すぐにチェックインできたことはなによりでした。

b0043980_15330074.jpg
b0043980_15330513.jpg


食べていたものはこれ。
タイとは無関係なナシゴレンとサテー(笑)
でも、タイ風のアレンジだったかな。

インターコンチネンタル・バーン・タリンガムについてはもっともっと写真で紹介する予定。
このロビーフロアはメインビルディングにあり、ヒルサイド、ビーチフロントと上下にわかれていきます。
わたしたちはメインビルディングの200番台のお部屋。
なかなかよい位置でした。

b0043980_15381912.jpg
お部屋は広々していて、ひろいバルコニーがついています。
b0043980_15374980.jpg
ちょっと光を外に合わせて・・・。
目の前は海。

b0043980_15394519.jpg
ステキなリゾート時間のはじまりを予感させてくれました。



[PR]
by MySakuranbo | 2015-09-11 15:41 | -Thailand | Comments(0)

心の支点

会社まわりでバタバタしています。
詳しくはもう少ししたら、こちらでも書けると思いますが、今は静かに見守っていてください。

このブログの読者でもあった大の親友が亡くなり1年近くがたとうとしています。
彼女のいない人生は、「いたときには感じなかったけれども」、途方もなく深い谷底をとぼとぼと歩いている気持ちが今でもします。親、姉妹や夫でさえも埋めることができない喪失感をずっとこの1年抱えたまま生きてきました。

先へも進めず、あとにも戻れず、です。
まだ前進しているといいきれないけれど、その兆しは感じつつあります。

難しいです。
今後、この先もどのような出会いがあるかはわかりませんが、彼女の存在はとても大きなものでしたので誰もとってかわることはできないでしょう。ただ、変わりゆく自分と世界との間に時間を止めたままの彼女が存在するのみです。

友の死というものは、これほどまでに大きく深い穴をあけるものなのですね。
かつて彼女はいいました。

『神様はそれを越えられる人にしか厳しい試練を与えないんだって』

今もどこかで見守っていてくれていますか?
あなたと過ごした20代がまぶしすぎて、どちらが本当の現実だったのかさえ忘れてしまいそうです。

これからもどこかで支えてください。
わたしなりにがんばります。


みい





[PR]
by MySakuranbo | 2015-09-05 16:23 | 日々の出来事 | Comments(0)

毎日が新発見 【2017限定】USCPA合格への道を綴ります


by me
プロフィールを見る
画像一覧