<   2016年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧

さくらんぼ狩り

週末に毎年恒例のさくらんぼ狩りに出かけました。
梅雨の合間をぬって、まあまあお天気にも恵まれて、どっさり食べてきました。

さくらんぼって食べすぎるとおなか壊します。
なんでだろう、とちょっと本気で調べてみたら、さくらんぼにはソルビトールという成分が豊富に入っていてそれが、お腹をゆるくするのだとか。便秘の人は一気に解消!一網打尽!

でも、バスツアーの人なんかは大変でしょうから、あまり欲張って食べ過ぎないほうがよさそうです。

今年のさくらんぼは天童では豊作、南陽ではやや収穫量が減っている、ということでした。
美味しいものは早い者勝ち。

佐藤錦はもう少し楽しめそうです。
紅秀峰もでてきました。

それにしても毎度往復800キロはけっこうな距離です。
行きは比較的すいていて、4時間ちょっとで着いたんですが、帰りが6時間半もかかった。
特に大渋滞というわけでもなく、ただ平均時速が遅かった、というだけで、2時間も変わるなんてねぇ。

長距離なんで、時速10キロ変わるだけで、1時間ちがってきますからね。
山形遠い!
来年高速ができるのが待ち遠しいです。
[PR]
by MySakuranbo | 2016-06-28 21:11 | 日々の出来事 | Comments(0)

2003年 ウィークエンド in 「しながわ水族館」 「大井競馬場」編

これは過去記事をブログにアップロードしなおした記事です――
いきさつなどはこちらをご覧ください。ブラウザはIEのほうがまともに読める確率が高いようです。尚、投稿日については実際のイベントとは無関係ですのであしからずご了承くださいませ。

――


JR大井町駅西口より30分おきに無料バスがでているので
12:00のバス乗り込みました。
(注:平日は1時間おき)

小さなバスにぎゅうぎゅうになりながら約15分で
目的地の「しながわ水族館」に到着です。
水族館は一帯の公園の一部にあるので、周囲を
散策することもできます。
車で来る時は駐車場が少ないのでかなり駐車待ち時間が
あることを覚悟!


東京にはいくつか水族館があるけれど
ここの売りは唯一「イルカのショー」が見れること。
でも、すごくステージは小さい。
天気のいい土日はすぐに椅子席はいっぱいで
座れないと思うので、30分前には着席しておいたほうが無難みたいです。
1Fのイルカショーは地下の水槽前でも見ることができます。
イルカがジャンプに備えるシーンは迫力満点。
地上の様子も両サイドにあるモニターで見ることができます。

とても小さい水族館なので大人なら1時間あれば全部
見て回ることができます。
うちは13:30からのイルカのショーを最後に見て水族館を
あとにしました。

<くらげ>
b0043980_1748275.jpg



水族館の南駐車場から首都高速沿いの道を品川方面に
歩くとすぐに大井競馬場が右手に見えてきます。
トゥインクルレースの日程は大井競馬場のHPなどを
チェックしてから行ってください。
その日によって開門時間は異なるようですが
この日は14:20に開門しました。

大人の遊び方として、まず「指定席券」を購入します。
丸1日遊ぶのに、立ちっぱなしや背も垂れのないベンチ
ましてや、席もなくて新聞を敷いて座るなど、大人のすること
ではありません(笑)

指定席はいくつか種類があるようで、インターネットで予約を
することもできるみたいです。
うちはこの日初めて指定席券を買ったので、2号スタンドの一般指定席券
1枚500円をその場で購入。 5階の席になりました。
500円で席が確保できて、テーブルもついているとなると
これはいいですよ。 おすすめ。
冷暖房完備のゴンドラ席も今度はぜひ行ってみたい!

それで、今回はじめて1Rから10Rまでフルで
がんばりました。
トゥインンクルレースとは言うもののは1Rは15:30発走で
真昼間です。 売店で生ビール(600円)を片手に
まずはのんびり行くのが正解。
勝手知ったるヒトたちはしっかりミニクーラーボックスを持参して
缶ビールにつまみを用意していた!
ここまでくるとすごいですが、本当は缶は持ち込み禁止らしいので
バレないように(笑)

↓これは5Rごろかな

b0043980_17483599.jpg



↓お月様と大スクリーンのコントラスト

b0043980_1749159.jpg



↓7Rごろにはとっぷり暮れました

b0043980_1749051.jpg


レースの合間には↑のようにライトがちかちかして
まるでミレナリオやルミナリエを意識したようです。


さて、勝敗はとしくん4勝6敗、ワタシ2勝8敗。
としくんはプラス、ワタシはマイナスで終わりました(笑)
だいたい3勝ぐらい勝てば元はとれるんじゃないかと思います。
経験的にですが・・。

レースは100円単位で買えるので、ちまちまと
楽しむことができました。
まぁ、ビール代ぐらいになればいいなぁと思っていくのが
遊びとしてはいいみたいですよ。

でも100円でも賭けているとついつい
おっさん並に叫んでしまいます。
「走れ~~~~、いけ~~~~!!」

すっかり汗だくになって帰りも競馬場から
でている無料バスで大井町まで送ってもらって
ラクチンに帰ることができました。

としくんは初めてのトゥインクルレースすご~く楽しんだみたいですよ。
[PR]
by MySakuranbo | 2016-06-24 17:49 | 日々の出来事 | Comments(0)

2003年 夏の御宿

これは過去記事をブログにアップロードしなおした記事です――
いきさつなどはこちらをご覧ください。ブラウザはIEのほうがまともに読める確率が高いようです。尚、投稿日については実際のイベントとは無関係ですのであしからずご了承くださいませ。

――


Summer 2003 Onjuku
☆御宿中央海水浴場☆




買ったばかりのカメラ付携帯で撮影。
ちょっと雲もあったけれど、ばっちり日焼けしました。
ボディーボーダーもサーファーも結構多いので
ホントに楽しい海です。
海はきれいだし浜もごらんのとおり、砂は黒くありませんよ。
ビーチパラソルとビーチテントの見本市のようでした。

もっとボディボー上手になりたいな、と思いました~。
波に乗ったら帰ってこれなくて、また荒波を乗り越えて
沖まででなっきゃいけないんだもん・・・。

足がとどかないくらいの深さの海でボードにつかまって
波をまっている間、振り落とされないようにしっかりしがみついてました。
落とされたらきっと溺れてしまう~~~。
やっぱり怖いのでもっと浅瀬でやろうと思いました(反省)



ぶれぶれな写真なので勇気をだして掲載!(笑)
b0043980_1744309.jpg


とりあえずこんな格好をしていま~す。
水着の流行なんかは一切無視していますが、サーフパンツ
を履いているのはなにもサーファーに限ったことでは
なくて、今年もそういう流行みたいです。

ビーチにいる若い娘たちは黒系のビキニを着ている人が
多いように思いました。
しっかしみんなスタイルが良かったな~~~。
いやいや30半ばなワタシも負けられまい!
↑ムダな勝負を挑むアホ



★御宿への道のり★

 今回はWEBで抜け道情報をゲットしてそれを
頼りに行きました。
それでも埼玉から東京を抜けるまでに2時間、
そして下道でさらに2時間という長旅です。 抜け道を通らなかったら
ビーチにつく頃には夕方ということもありえる!?

千葉ののどかな風景を見ながらドライブできたのも
結構楽しかったです。
ナビしていたワタシは地図と格闘して疲れたけど(笑)



以下はリンク集



★ 今回使った抜け道MAP (製作してくれた人に大変感謝!)
     http://www.asahi-net.or.jp/~kr5t-hrks/t01aah00.htm
    
★ 御宿中央海水浴場への道のり
    
b0043980_17443016.gif


   埼玉からの道のりはヒジョーに遠いですが、軽く案内をします。
   東関東自動車道で行くコースと京葉道路・東金道路経由で行くコースと
   二通りありますが、東金に行くコースはひどい渋滞があるため東関東
   自動車道を使い、行きは中野ICでおりて県道、農道(笑)を中心に
   ひたすら山の中を走り、最後は県道176号線を使って御宿に向かう道を
   とりました。 帰りは佐倉から乗りました。

★ 御宿海水浴場 7月第1日曜日~8月31日 (8:00~16:00)
  駐車場はどこでも1000円と決まっているみたいですが、大きい駐車場
  海から遠いので、旅館『ニュー阿波屋』の駐車場に入れました。
  ここは温水シャワー付で1500円だそうですが、うちは普通に停めただけなので
  1000円でした。
[PR]
by MySakuranbo | 2016-06-24 17:45 | -日本 | Comments(0)

2003年 長野旅行・後篇

これは過去記事をブログにアップロードしなおした記事です――
いきさつなどはこちらをご覧ください。ブラウザはIEのほうがまともに読める確率が高いようです。尚、投稿日については実際のイベントとは無関係ですのであしからずご了承くださいませ。

――

ペンションは旅行雑誌でみつけた『リゾート イン ボヌール』。

車山高原のペンション群の中にあります。 

「夕飯が18時からなので17時ごろには到着ください」と言われていていたので

時間に少々焦りました。

こんなにお腹がすいているのに食べられなかったらショックですから!



ペンションにはジャグジー室があって、お部屋ごとに貸切ができることになっています。

水着を着用しないといけないのに、水着を忘れた・・・。 ガーンです。

だからジャグジーはやめて部屋付のうちより狭いユニットバスに
お湯を張って体を温めました。 

泡風呂の素とかもってくればよかったなぁ、と思ったけれどそこそこサッパリして

いざ夕飯へ!



このペンションはフランス料理が主体で美味しいと評判だからこそ予約したのです。

メニューはこんな感じでした。


前菜   
スープ  

お魚   

お肉   

デザート 

ホタテとアンディーブのサラダ (量が多い!)
コーンポタージュスープ (くりぃみぃ)
白身魚のバタームニエル (スズキかメローだと思う)
フィレ肉のステーキ・ライス
シャーベット2種 ケーキ・コーヒー







赤ワインのボトルを別オーダーしました(2300円ほど)



ごめんなさい、食べることに夢中で写真を忘れました(笑)

え~それが肝心なのに、という声がいま聞こえました。 次回から撮ります!



このペンション何が一番良かったかというと、年齢制限があることです。

私達のような夫婦二人だけのカップルや、家族旅行で来ている(お嬢さんが

大学生ぐらい)家族連れなどばかりで、ディナータイムもゆっくりと
談笑できるのがうれしい。 

でも、すぐ隣のペンションはお子様大歓迎みたいで、おもちゃやブランコなども

ありましたので、それぞれのペンションの特徴を選ぶと
楽しいリゾート時間が過ごせると思います。



普段家ではできないゆっくりとした会話を楽しみ、お腹も満たされて
その日は10時には眠りにつきました。





翌朝、予定では5時に起きて車山高原を散歩する、という計画でしたが、

ちょっと無謀でした。 ロープウェーに乗らないと上まで行けないし、なんと

ロープウェーの営業時間は朝8時から・・・。 ガーンです。

というわけで、さっさと断念しました。 



朝食はアメリカンブレックファストです。

ちょっとビックリしたのが、前日の夕飯で「コーヒーと紅茶どちらがいいですか?」と

質問さえれて「コーヒー」と答えたら、翌朝の朝食はうむを言わさず「コーヒー」に

なったこと(笑) いや、コーヒーでワタシはOKなのだけど、朝は紅茶じゃないと!

ってヒトはそうリクエストしたほうがいいみたいです。





9時。

本日最初の目的地、野辺山の「宇宙電波観測所」に向けて車を山梨方面に走らせます!

何故「宇宙電波観測所」に行くのか?(笑)

ここが建設された当時(1982年)、新聞やニュースで話題になりました。

星の観察や宇宙的なものが好きなワタシ。

UFOを見たこともある!(ほんとだって~)

なので、昔から気になっていたのです。 いずれは行ってみたいなぁと中学生のみーは

思っていたので、やっと念願がかなって行ける! ワクワク♪


b0043980_17392582.jpg




野辺山までは高原のドライブコースを走ります。

このあたりは本当にすばらしい! 高原キャベツの畑が右にも左にも広がります。

b0043980_17392424.jpg



空気がおいしいので車のクーラーをとめて、窓全開できっもちいい~~。

と、そのとき『びっくり市』とでかでかと書かれた市場を見つけました。

地元ナンバーの車も多い! よしここは見てみようってことで車を寄せることに。

b0043980_17392563.jpg





ネットいっぱいに入ったタマネギ、すごく安かった。 

けれどそんなに毎日タマネギ食べられないってことであえなく断念。 かわりに

メロンを2個となめたけ瓶詰め(←としくんの大好物)を買いました。

このメロン、すごく甘かったです。 

家に帰ってシールをみたら「山形産」と書いてあったのには笑えた。

なにもココで買うことはないじゃない、とかは禁句です(笑)

それにうまかったのでいいのです。 ぷぷぷ。

メロンは1個は実家のお土産にもなりました。





そんな寄り道をしつつ、ついに「宇宙電波観測所」に到着。 なんだか映画の撮影でも

できそうな景色! ここは東大の研究者たちが、日々宇宙からの微量の電波を

観測して「見えないもの」を探しているのだそうです。

入場料タダ! すばらし~。

b0043980_17392751.jpg



別に何をしてくれるわけでもないので勝手にぶらぶらと施設を見て、偉大さに感動するだけです。

見学コースの中にビデオを流している建物があって、そこで「ブラックホールについて」

というビデオを見ました。 なかなかおもしろい。 

こういうNHK特集とかでやりそうなものが、みーは大好きです(笑) 

これによると、太陽はどんどん膨張をしていき、最期は周りの

惑星(地球も!)も飲み込んだあと爆発を起こして、新しい星に生まれ変わる

のだそうです。 ホントかどうかは誰も知らないから(笑)

研究員のヒトたちは佳境にはいるとココに寝泊りするらしく、宿舎も完備。

すべて国費でまかなわれていると思うと、みーの税金のハナクソ分ぐらいはここに

投入されているハズ。 あ~宇宙の神秘に貢献しているのね。。。

b0043980_17392694.jpg





旅の話にもどします。

野辺山で長野にバイバイをして、車は山梨県清里にはいりました。

清里といえば、ペンション、テニス、とハイソな響きですが、なんてことはなかったです(笑)

前から狙いを定めていたレストランでランチを取ることにしていたので、清里駅前を抜けて

目的のレストランに到着しました。

なのに! その隣のパスタ屋さんに入ってしまった。。。

やっぱり最初から決めておいたところにするべきだったと、食べながら思う二人でした。

テーブルの上にシェフの説明が書いてありました。



「イタリアに6回行き、修行を重ねて生み出した味です」



・・・?



そう、どんなに味がよくても、パスタが主役。 アルデンテはうどんではない(笑)

でも、でも、山梨なのだから~、清里なのだから~と大目に見てあげて、

アイスコーヒー頼んだら最初からどっさり砂糖がはいっていたりしても、文句を言わず

いただいて帰りました。

ま、当たりもあれば、はずれもありますね。



そして、次の目的地「シャルマンワイン」に向かいます。

ワイナリー! ワイン好きなワタシたちにはこの響きはたまりません。

どうせ観光ワイナリーだろうと思っていたら、そこそこブドウ畑も持っていて

本当に自分で作っているみたい。 普通そうだろうけど(笑)

b0043980_17392681.jpg



ここもいいですよ。 ぶらっと行って、試飲して気に入ったら買ってあげてください。

ちなみにうちは2本買いました。

b0043980_17392418.jpg




そうそう、この話を忘れずに書かないと。



ドライブ中は途中道の駅を見つけるとそこで休憩するようにしています。

ワタシが高山病もどきで頭痛がしてきたこともあって、野辺山にいく途中休憩しました。

ベンチに腰掛けて休んでいたとき、隣のベンチに大きなゴールデンリトリバーと飼い主のパパさんが

いました。

そこへ飼い主のママさんが手にソフトクリームをもってやってきます。

その次の展開に驚きました。

飼い主ママさんはパパさんではなく、わんちゃんにソフトクリームを差し出して、

わんちゃんは本当にあっという間にアイスを食べ切ってしまったのです。

5口ぐらいですよ。 ぱくぱくぱくぱくぱく、で終わり。

よっぽどアイスが好きみたい。

だから~ゴールデン君は相当でぶっちょでした(笑)





さてさて、次は我らの最後の目的地「山梨県フラワーセンター」です。 

ふぅ、1日は長い(笑)

シャルマンワインから車で30分ほどの少し小高い丘の上にあります。

ここは穴場かも。 長野では最近有名な「バラクライングリッシュガーデン」にも

寄ろうかと思ったけれど、流行らしいので、やめて(←ひねくれもの)、穴場なほうにきました。

来て正解!

b0043980_17392783.jpg


花を見てまわるだけでなく、ちょっとした苗木の買い物もできます。

広い土地なので歩くと少しくたびれますが、入場料500円の価値は十分ありました。



これで全部の予定が終了して、あとは中央自動車道須玉ICから帰路です。

17:00に高速に乗り、途中はげしい豪雨・渋滞を経て、家に帰りついたのが23:00ごろでした。

行きには食べられなかったみーの大好物、アメリカンドッグも途中のSAで食べられたし!

思い残すことはなにもないし、3連休だから月曜日も休みだし。

言うことのない楽しい旅行となりました。 



道中ほとんどの運転をとしくんがして、往復600キロを走破しました。

カーナビがないので最新の地図を買って臨んだ今回の旅。

自分たちで道を見つけて旅する醍醐味がありました。



みーは最初トレッキングにも少し不安を抱いていて、そんなに歩けるのかしら、と

心配だったけれどやってみるとすごく楽しかったです。 最近歩くことが増えたのも

いいトレーニングになっていたみたい。 

自然にふれる旅、 こんな高原の旅ならまた行ってみたいです。



あ~長野って広い!
[PR]
by MySakuranbo | 2016-06-24 17:41 | -日本 | Comments(0)

2003年 長野旅行・前篇



前編 




今回の旅行は『高原に親しむ』がコンセプトで、自然観察をたくさんしてきました。

長野というところは本当にきれいなところですね。

高原の空気をいっぱい吸いすぎて頭がふらふらしました。

酸素がたっぷりあって濃い新緑の空気かと思ったら高所だけに
酸素は薄かったとういことに行ってから気づきました(笑)

さてまずは長野県の地図を見てください。
赤字が高速道路。 この上信越自動車道から長野に入り、北へ向かい、
更埴ジャンクションで南下し松本ICで下りたコースです。
あとはひたすら県道とビーナスラインを走るプランで作りました。
詳しい日程表は以下のとおりです。



7月19日(土) 



6:00 出発 関越自動車道 - (藤岡JCT経由) 上信越自動車道 -
 (更埴JCT経由)長野自動車道 - 松本IC 【松本城見学】 - アザレアライン・ビーナスライン経由
【美ヶ原高原散歩】-【八島ヶ原湿原トレッキング】-
車山高原ペンション『リゾートインボヌール』到着16:30


7月20日(日)



9:00 出発 (白樺湖・蓼科経由) -(道の駅で休憩)- 野辺山 【国立宇宙電波観測所 見学】 
- 【びっくり市で買い物】 - 清里 《昼食》 - 【シャルマンワイナリー見学・試飲】 -
 【山梨県フラワーセンター見学】 - 中央自動車道須玉 IC
- (首都高経由) - 23:00 到着


では旅行記をお楽しみください♪
+++++++++



朝5時。 としくんが起きてもいつもどおりもぞもぞと動きの遅いワタシ。 
出だしから1時間遅れまして、家を出たのが6時半。でもちゃんとお稲荷さんも
作って、お茶も入れてもっていくし、 もちろんお菓子もバッチリ!





夏休み初日から3連休ということもあって、関越道はかなりの渋滞でした。(にっくき花園地点!)

上信越道に入ってからはスイスイだけど、雨が降ってきた。 まだ梅雨明けしてい
ない関東地方。 その日の天気は曇ときどき雨で、気温も低めの予報でした。
でも私達が向かう先は長野県。

きっときっと・・・。 心の中で願うみーです。

前日みーは近くの神社に神頼みに行きました。
『神様お願いですから晴れてください・・・』


最初としくんの運転でしたが、途中でワタシに交代して松本に到着。


松本晴れてる!! 

 山を越えたので関東とは天気ががらっと変わっていました。

松本城から見た外の景色もスンバラシ~。

b0043980_17332366.jpg



ワタシは中学の林間学校で長野に行ったとき以来。 もちろんとしくんは初め
てでした。 前に岐阜の城にも行ったことを考えると、ワタシたちは
相当の城フェチなのではないか?(笑)



さてさて、城見学のあとは昼食!

ここは信州なのだから、信州ソバってことで通りすがりのソバ屋をみつけて

せいろを頼みました。 手打ち。 たぶん10割ソバ。

チューボー風に言うと☆1つ半てとこかな(笑) としくんは感激していたです。

でもお腹すいてたからおいしかったです。



腹も満たされた二人はここから一路高原への道をひた走ります。

目的地は美ヶ原高原牧場。 

牛さんたくさんいて、アイスクリームを食べるんだぃ、ってことだったけど標高が1500m
あたりから霧がではじめた。美ヶ原は標高2000m以上あって、到着する前から
視界はほとんど0。そしてすごく寒い。

100m標高が高くなると1度気温が下がるという原理そのままに、
ふもとで26度ほどあった気温が12度まで下がった。 

ふふふ、そんなこともあろうかと長袖と、ウィンドブレーカーをもってきていた!

霧で何も見えない牧場だけど、少しだけ散歩して霧の中としくんは立ちションをした。 

視界が0ってスバラシイね(笑)
この柵はウシさんが出れないように複雑に作られている

b0043980_17332326.jpg



気温が12度でアイスクリームはあまりにもつらいのでやめて、次の目的地
『八島ヶ原湿原』に向かいます。

美ヶ原にいた時間が少なかったので、この時点で朝の出だしの遅れはとりもどせました。



八島ガ原湿原は少し下ったところにあるので、天気もまずまずでした。

ここでワタシたちの今回のメインイベント、トレッキングをしました。
 湿原には沼が3つあって、そこを取り囲むように木道が整備されています。
 1周歩いて1時間弱。 かなり空気が冷えるので長袖とウィンドブレーカー
と歩くのに適したスニーカーがいいと思います。
だいぶ霧が下りてきたところ。少し幻想的!

b0043980_17332421.jpg



道中の思い出といえば、ワタシはずっとトイレを我慢して歩いたこと(笑)

だって、途中看板に
「トイレあっち」
って書いてあったから行こうとしたけれど、その看板が途中で
「トイレこの森の中」
に変わっていた! 森?!

怖すぎるので我慢しました。 なにかいそうだし、小動物とか虫とか霊とか(笑)
何かから逃げてる(つもりの)としくん


b0043980_17341549.jpg




トレッキングは最近大流行なのか、たくさんのヒトが歩いていました。

ちょっと小さな子供にはムリかもしれないけれど、お年寄りはたくさんいました。 みんな

首から一眼レフカメラぶらさげてて、うらやましかった~。 でもうちのデジカメも今回も大活躍!

7月はニッコウキスゲが満開な時期で、いたるところに咲いていました。


ほどよく疲れてきたころに1周終えて元いた場所に戻ってくると、霧が降りてきていて

風景もほとんど見えなくなっていました。 ちょうどいい時間にきたみたい。



さぁ、今日の予定ではあとはペンションに向かうだけです。



後半につづく・・・。
[PR]
by MySakuranbo | 2016-06-24 17:36 | -日本 | Comments(0)

2003年 裏磐梯でスノーボード

これは過去記事をブログにアップロードしなおした記事です――いきさつなどはこちらをご覧ください。ブラウザはIEのほうがまともに読める確率が高いようです。尚、投稿日については実際のイベントとは無関係ですのであしからずご了承くださいませ。――

Snowboard in Fukushima
裏磐梯グランデコ

ホテルの目の前がゲレンデ! 最長4キロのコースをのんびりと楽しみながら滑れます。
スノーボーダー8割、スキーヤー2割ぐらいで、コースも全体的になだらかで、ボーダー向きと言えます。
グランデコhttp://www.grandeco.co.jp/

ゲレンデ入り口ゲレンデ入り口から西吾妻山をのぞむ
ゲレンデは混んでいてもこんな感じ。
かなりガラガラです。
ゲレンデが夕暮れになりました。
部屋から撮影した夕焼け。夜は暖炉に火がともります。
こんなアホアホ姿もあり。アホアホ2号
帰りに喜多方ラーメンに寄ってきました。
これはみそチャーシュー。
こっちは醤油ラーメン。 うまいです!


[PR]
by MySakuranbo | 2016-06-24 17:25 | -日本 | Comments(0)

ジャズな夜

コメントにも書きましたが、HPからの記事の引っ越しは思ったよりも簡単にできそうです。
それに、テーブルも埋め込めるんだ、と知ってびっくり。
いつのまにかエキサイトブログも進化していた・・・(最初からできたのかも?!)
ただ、残念なことに過去記事にするのはあきらめました。 いちいち日付の設定をするのがまどろっこしい。

とういわけで、引っ越し作業もうまくいけば1週間でできてしまうかも、と思ってます。
なんせコピペするだけですから(笑)


昨日はとしくんとCotton ClubでJazzを聴いてきました。
ふいに思い立って前夜にとったチケットだけど、結構よい席でなかなか楽しめました。

b0043980_9484323.jpg


Jazzのことはあまり詳しくありません。演奏家も本当に有名な人なら、聞いた名だな、というだけで、その音楽と演奏家を結びつけることが難しい完璧な初心者レベル。 私の嗜好性はだいたいそんなもんで、ちょっとワインと似てます。

Jazzもワインと一緒で、あ、これが好き、これはそれほど好きじゃない、というのはわかる。
昨日はベニー・グリーンというピアニストが出演していました。

2ndステージだったのでメローな曲になったときにはなんだか眠くなってきたり・・・。
良い音楽というのは自然と眠くなるものなのかも。
[PR]
by MySakuranbo | 2016-06-23 09:34 | 日々の出来事 | Comments(0)

2002年 年越し

これは過去記事をブログにアップロードしなおした記事です――
2002年年越

2002年年越しも例年どおり山形へ行きました。
実家にいくついでに蔵王に行って、スノボー三昧。
あ~痛かったけど楽しかった♪

蔵王の上の台ゲレンデから竜王ゲレンデを望む。 
早朝の山はいつもこんな感じでお天気良い良い。
1月1日元旦。 ほぼ快晴。
こんなにいい天気はなかなかないらしい。でもこの日は滑らずに実家へ向かう。
ひきつづき元旦の実家にて。
遠くに見えるのは、飯豊連峰。 そこを越えると新潟県です。すばらしい天気♪
1月2日。 
一転豪風雪。 左の写真と同じところから撮影していますが、視界が悪いですね~。 朝方から降った雪なのにこんなに積もってしまいました。
更に雪は強くなり、視界がまったくありません。
雪は峠を越えて、福島にいくまで降っていました。
これが米沢ラーメン。
醤油味のさらっとしたスープに、ちぢれ麺というシンプルなものです。 最近関東では、濃厚醤油とんこつスープばかりもてはやされているけれど、これはホント何杯もいけるっ!

[PR]
by MySakuranbo | 2016-06-22 18:31 | -日本 | Comments(0)

2002年 ディズニーシー

これは過去記事をブログにアップロードしなおした記事です――

ディズニーシーに行ってきました♪

9月の3連休の最終日、お天気がよければ
ディズニーシーに行こう!って話していたら
朝のうちに雨があがり午後からどんどん回復してきたので、
いざディズニーへ! 午後2時到着
1stアニバーサリーってことで、千葉県民スペシャル価格で
入る事ができました。
連休の最後の日なので、駐車場もまだゆとりがあるみたいで
お、こりゃ中もすいてる?って思ったけれど、甘かったなぁ。
エントランスを抜けると、もうーーー人がいっぱい。

★ショー★

とりあえず2:30からウォーターカーニバルが始まるので、見えるところをさがすけれど、、、人がいっぱい。
1時間前から座り込みでいいところを場所とりしてる人もいるくらいだから、多少人の頭ごしだからって、文句はいえない。
メディテレーニアンハーバーで1日1回だけのショーで、ミッキーもでてきて、すごく感激!!9月30日までのショーでした。
★ランチ★

ショーを見たあとはまずランチ。
ロストリバーデルタの「ミゲルズ・エルドラド・キャンティーナ」でビーフファフィータとチキンロール、ビールをいただく。
あまりの空腹で食べてから写真をとるのを忘れたことに気がついた(笑)
このファフィータはほんとお勧めです。
ソースがアボガドソースで選べないのがちょっと難だけど、味はおいしいのでゆるしちゃう。
とてもすいていた・・・。
ここはちょっと遠いところだからかなぁ。

★アトラクション★
「インディージョーンズ」
最初に「海底2万マイル」にいこうとおもったら、110分待ち・・・という看板に、あ~今日はこりゃダメだ・・・って思ってた。
ファストパスは午後2時ごろ園内に入った人に残っているはずもなく・・・(笑)
けれど、1個ぐらい並んではいってみようね、というとしくんの温かい言葉を胸に、一番のりたいのを選んで「インディージョーンズ」に行ってみた。
そしたら80分待ちと書いてあったけれど、実際は1時間待って入れた!
感想は・・・笑いがとまらなかった~~(笑)
隣でとしくんがずっとゲラゲラ笑ってるのがすごくおかしかった。何故笑う?(笑)
素直におもしろかった。

「マーメイドラグーンシアター」
本当はマジックランプシアターに行きたかったんだけど、おそろしく長い待ち時間だったので、ファストパスがひょっとしてあまっているアトラクションがないかきいてみたら、マーメイドラグーンシアターがあります!ってことで、行ってみた。
結果は・・・ファストパスがなくても入れるみたい(笑)
20分待ち?とか書いてあったけど、ショーが始まるまで結局待つから、一緒だった。
これは、すご~く感動。なんか不思議な感覚だった。
としくんはかに男に感動。

「センター・オブ・ジ・アース」
70分待ち・・・。
けれど並んだよ。1時間並ばずに乗れた。
すごい迫力で、子供は泣いちゃうだろうなーって感じがしたけど、スリル満点で楽しかった。
行列つくって並ぶのは、大人でもしんどいのに、結構年取った人とか、小さい子供とかもいて、くたびれてた。そりゃ疲れるよね~。 ペットボトルの水とちょびっとお菓子は必ず必要みたいです。

★ディズニー・シー・シンフォニー★

夜にやる最後のショー。
これは圧巻!!
ショーの間じゅうミッキーの声の物まねをしていたみーでした。
「きょうはきてくれてどうもありがとう」
★ディナー★

ショーが終わったら、まずはお買い物~って思っていたら
雨が降ってきた。
アメリカンウォーターフロントのカントリーショップにいったら、人がいな~い。 みんな花火を見にメディテレーニアンの方にいったみたいで、ガラガラだったのでゆっくりお買い物をすることができた。花火は今年は見飽きたので今更いいよ・・・て感じ(笑)  もう時計をみたら9時すぎていたんだけど、食事をして帰りましょう、ということで、でっかい船の中の「テディ・ルーズベルト・ラウンジ」に行った。 BARみたいな雰囲気で落ち着けて、ここもおすすめ。
ここの「ローストコーンチャウダー」はまじうまだった!
雨で体が冷えていたので、本当に助かった。
チャパタとカマンベールフライとビールを頼んで、二人でちょうどいい量だった。 チャウダーとチーズをたべてから「はっ、また写真とってない」ととしくんに指摘され、あわてて撮影。既にお腹にはいってるのもあるけど、こんな感じ→でした。
おみやげ~~♪


2時から夜10時までの8時間、立ったり待ったり、歩いたりの連続で結構足は
くたくたになったけれど、思ったより疲れなかったです。
30代の夫婦ふたりで来てる人なんかいるのかなぁってとしくんと話していたけど
大人でも充分楽しめるし、子供に帰れるというよりも、素直に楽しめる空間ですね。
家から車で20分程度でこれる距離だからかも?(笑)
なんかすごく楽しい1日で、今度は夜から入れるプライムパスポートで
ゆっくり平日に来たいな~と思いました。



[PR]
by MySakuranbo | 2016-06-22 18:29 | -日本 | Comments(0)

2002年長良川花火大会

長良川花火大会
岐阜~名古屋1泊2日旅行
2002年7月27日~7月28日


どどーんと30000発の花火を見るため、遠路はるばる
400キロの道のりをドライブ♪
初めての名古屋港水族館にわくわく


7月27日 (土) 天気 晴れ

旅行っていうとたいてい家を出る時間を早い時間に設定するのが普通なのに、我が家はいつも
昼ごろ・・・。 それもひとえに寝坊族のわたしのせぃ?
しか~し今回は違った!
しっかりと朝おにぎりを作り、水筒に麦茶まで用意して
なんと9時には出発。ガソリンを満タンにして、いざ東名自動車道へ。
やっぱり夏休みがはじまると、高速道路はえらい混雑みたい。
東名インターから厚木まで渋滞25キロとか・・・。
それって全部じゃん。
普通は首都高湾岸線~3号線経由で東名インターへ、っていう道をいくんだけど、今回は保土ヶ谷バイパス経由で横浜町田インターで東名へ出たので、すいすいすい。
いい作戦だった。

岐阜までは順調に走れたので2時半には到着。
途中に観光がてら、豊臣秀吉が一晩で建てたと
いう「墨俣一夜城」(すのまたいちやじょう)を見学。
まぁ、実際は一晩で建つわけがないんだけど・・・。
秀吉のシンボルのひょうたんがたくさんあった。→

宿泊地は岐阜駅前にある「ホテルサンルート岐阜」
さすがに安かっただけあって、部屋も狭いし小汚い
印象は否めません・・・。
もうちょっと清潔感がほしかったね。
素泊まりひとり6800円ナリ。



 夕方になり、場所とりもあるので早めにホテルを出て
 長良川の河川敷へ向かう。
 途中、鵜飼乗り場の近くにこんないい景色があったので
 パシャリ。












肝心の花火はというと、もうすごいすごいの連発。


もっと本当は大きいんだけど、写真でとると大したことなく見えてしまうのが残念!
この日はビールとつまみで夕食はおしまい。
とてもご満悦でした。

7月28日 (日)天気 晴れ

今日は岐阜から名古屋に移動する日。
名古屋までは国道22号をひたすらまっすぐなので比較的楽チンでした。
名古屋港水族館まで約1時間半のドライブとなりました。
朝食をどこかのファミリーレストランで食べようってことになり、国道沿いに
あるかと思いきや、全くない!
目に付くのは焼肉屋ばっかり・・・。
朝から焼肉はさすがにねぇ。
そういうわけで、結局朝食は食べれずじまいだったので、水族館につくやいなや
そばにあったスナックフード店できしめんをずるずるとすすった。
スーパーの1Fにあるようなフード店にもかかわらず、味はまぁまぁおいしくて
きしめんも食べられたし、よかったよかった。

名古屋港水族館は主に、イルカやペンギン・カメなどの繁殖にも力をいれている
自然派の水族館で、イルカショーも楽しめた。
一度はいってみたかった水族館だから、念願を果たした!



おみやげに、お魚天国みたいなポスターを買ってきた。300円なり。
いつか部屋に飾ろう。

4時半に名古屋を出発し、岡崎インターにて東名に乗るが、案の定厚木あたりで
渋滞30キロの表示がある。
急いで走ったところで渋滞につかまるのがオチなので、新しくなった富士川SAで
夕飯をとる。
昔はすごく汚かったSAだったけど、こんなに生まれ変わるとは驚き。
レストランの食事がすごくおいしくて、ここは是非おすすめです。
4階だてのたてもので、3階が東名のSAなんだけど、1階が国道にでれた。
これって、車をSAにとめっぱなしで、外にでれちゃうってことだよね・・・。
へんなの。


ここから先はとしくんに運転を変わってもらい、25キロの渋滞を抜け、工事だらけの
首都高を抜け、帰宅したのが日付が変わる夜の12時でした。
おつかれさまでした。


[PR]
by MySakuranbo | 2016-06-22 18:25 | -日本 | Comments(0)

毎日が新発見 【2017限定】USCPA合格への道を綴ります


by me
プロフィールを見る
画像一覧