<   2016年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

イタリアンの歴史ー今年最後のバジル

夏の間活躍してくれたバジルの苗が終わりました。
昨日は最後の芽を摘んでパスタになりました。
としくんがサバ好きなのでサバ缶とナスのトマトソースにしたんだけど、私はちょっと魚っぽくて大きなサバの塊はたべられませんでした。
やっぱりツナのほうがいいかも。
b0043980_09142560.jpg
ディチェコの大袋を買ったのでまだまだパスタは当分できそうです。
調理時間は少々かかるけれど、スパゲッティー(1.8mm)はスパゲッティーニ(1.6mm)よりも美味しいかも。

いつから私たちはこんなにパスタを食べるようになったんだっけ、とちょっと調べてみたら、パスタ料理のバラエティが増えたのは1990年代になってからだそうで。
確かに昔はミートソースかナポリタンぐらいしかなかったものね。
私が結婚した当初だってこんなにパスタ料理は食べなかった気がする。そう思うとずいぶんと食卓も開かれたものです。
20代半ばのころ勤めていた会社の近くにパスタ屋があって、そこでよく茄子とシーチキンのトマトソースパスタを食べていたのを思い出します。たぶんあれが私の胃袋的には本格的イタリアンデビューだったのだと思う。
なるほど、やはりそれも1990年代の話でした。


当時はバジルを家で育てるなんて考えもしなかったけどね。
今年は苗を買ってしまったけど、来年はたくさん種をまこうかな。


PS: 体の調子はようやく上向いてきた!

[PR]
by MySakuranbo | 2016-10-31 09:30 | -Eat, Drink, Cook | Comments(0)

イタリアに呼ばれたい

としくんがまた風邪をひいて寝込みました。
9月、10月にかけて二人で合計2回ずつ大きな風邪をひいてます。
もうねー、菌がいったりきたりですよ(笑)
私もまだ喉の調子がよくないまま。

家もしっかり換気しているので、明らかに外からもらってくるんだけど、としくんが外から風邪をもらってくると、また今度はこっちにくるんだよなぁ。
今日はとしくん歯医者で大工事のはずが発熱のためそれも延期。予定がどんどん先延ばしになってます。
とはいえ、私のほうも今日も雨だったので特別にやることはなかったんだけどね。

なので、ひとりでWowowの映画をみてました。
The Trip to Italy(イタリアは呼んでいる) (2015年公開)

イギリス人の男ふたりでイタリアをドライブしながら美味しいものを食べるというシンプルなストーリーで、ほぼ映画の話をしながら延々と会話を続けるというもの。
私が一番わらったのはヒューグラントの物まねですね。あれは最高に似ている。
なんか、アメリカの映画みたいに、親子の○○とか、男女の○○とか押し付けてこないところが素晴らしい。人生かくあるべし、みたいな映画でひさしぶりに晴れ晴れするような映画でした。

これみていたら本当にイタリアに行きたくなりました。
料理もどれもこれも美味しそうだった。
ふがふが。



[PR]
by MySakuranbo | 2016-10-29 18:51 | 日々の出来事 | Comments(0)

我が家の支点

もひとつアップ。
これは結婚してすぐに買ったパキラ。15年近くでこんなに太く成長しました。
今年伸長しすぎた上をバッサリ切って新しい葉をたくさんつけてます。
それにしても長い付き合いです。
b0043980_21060082.jpg

[PR]
by MySakuranbo | 2016-10-25 21:02 | -Gardening | Comments(0)

冬支度

夏の間テラスに出していた植物たちを取り込みました。
今日はまた一段と寒くなった東京。朝晩の気温が10度を下回らないうちに第一弾です。来月下旬にはあと二ついれる予定。

なければないですっきりしてたけど、やっぱり室内にあったほうがなんだか落ち着きます。
b0043980_12424317.jpg

[PR]
by MySakuranbo | 2016-10-25 12:34 | -Gardening | Comments(0)

チリコンカン

小豆を煮たので半分を砂糖で味付けしてぜんざいにして、残りをメキシカンにするという暴挙(笑)
b0043980_10423468.jpg

シンガポールで買ってきたジャスミンライスがまだあったので、それをつけあわせました。
うま~~。

興味ある方はcookpadでレシピ公開中です。




[PR]
by MySakuranbo | 2016-10-24 10:43 | -Eat, Drink, Cook | Comments(0)

駆け足鹿児島旅行

体調の良い朝のうちに……。

先週末、鹿児島と宮崎に行きました!
まだ制覇していない県を巡っていくという巡業の旅です。
これまでの日本と今回の足跡。
b0043980_09250601.png
あ、沖縄塗り忘れてる。47分の37を制覇。

私はめまいがひどくて運転できないので、としくんにレンタカー担当してもらい
具体的には鹿児島市と隣の宮崎県の都城市にいってまいりました。
飛行機はマイレージで、行きは私はJAL,としくんはANAという別行動です。だって
それぞれ期限がくることになっていたので。でも5分違いで到着したので不便はなかったです。
それよりも、私のとなりに座った鹿児島訛りのオジサン2人が搭乗中ずっとおしゃべりしていたのだけど、私は彼らが何を話しているかぜんぜん聞き取れず、まるでタイ語とかベトナム語のようにきこえていました。

まっまっま、む~ん。
ぱかまっ、ぱまあ

のように聞こえたのです(笑)
普段家にいるときにCNNばかり見ていて英語脳になってるせいもあるんだけど、いや、本当に標準語の音脈じゃなかったですね。
標準語は韓国語に聞こえることがあるので、たぶんそんなルーツがあるんでしょうねぇ。
外国人からしてみたら、日本語ってこんな風にきこえるのか。そりゃわからんわ、と思いました。
そのオジサンたちは特に方言で話していたのだと思いますが、ホテルの受付でもへっ?ってなったので、きっと私の言語認知力が落ちていたんだと思います。風邪のせいで(なんでも風邪のせいになる)。


さて、行きは空港からホテルにいくだけ。
鹿児島空港は市内からおっそろしく離れていて、車で1時間ほど走ったところにありました。
平らな土地があまりなさそうで、きっと空港も鹿児島市と霧島の中間ぐらいにつくったのでしょうね。
私は鹿児島自体がこんなに山深いところにあるとは思わず、その起伏の激しさにびっくりでした。

東京はひさしぶりの快晴だというのに、鹿児島は雨で少し寒かったです。
(そしてこれがまた風邪を悪化させるという…笑)

お宿は桜島を眺めたかったので、城山観光ホテルをとりました。露天ぶろから桜島を眺めることができましたよ。
なにやらエキサイトのリンクが変わったようでゴージャスなリンクになってます。
朝ごはんがすごいらしい、という噂でしたが、いたって普通でした。
日本のホテルってなんかずれてるんですよね。朝食のレストランの雰囲気が会議室みたいで
ちょっともったいなかったです。

お夕飯はホテルの和食のレストランでした。
きびなごが有名らしいです。
b0043980_09080062.jpg

九州にきて別府のときを思い出したんだけど、九州の温泉ってぬるいんですよね。
気候が暖かいせいなのかわからないけど、40度あるかないかぐらいのお湯でかぜっぴきの私は、いくら浸かってもあたたまりませんでした。
なんであんなぬるいのか謎です。

と、散々なことを書いてはいますが、途中、道の駅でしょうがを買ったりとそこそこ楽しめましたよ。
この辺はしょうがの産地なんですねー。
買ってきた新鮮なしょうがは甘酢につけて、牛丼の付け合せにしたり、ちょっとずつ食べています。
九州は残るところ、佐賀県と長崎県。こちらもなかなか手ごわそうです。
b0043980_09161977.jpg

[PR]
by MySakuranbo | 2016-10-22 09:19 | -日本 | Comments(0)

単なる風邪にしては長すぎ

体調の悪い日々が続いています。

免疫システムの再構築が必要。
寝込んでばかりですっかり筋肉が衰えました。
まずいんじゃないだろうか。

書きたい記事もあるのだけど、しばらくモニターを見ていられないためお休みします。


[PR]
by MySakuranbo | 2016-10-20 17:56 | -Body | Comments(0)

ホッカイロはじめました。

さむい~~~。
さむすぎる。

長い雨期が終わったと思ったら、冬ですよ。
32℃もあったのに、急に15℃とかにならないでほしい。

ホッカイロを背中に貼ってなんとかやりすごせればいいのだけど、また、免疫システムが弱ってきました。

床暖房いれようっと。




[PR]
by MySakuranbo | 2016-10-13 12:57 | Comments(2)

欲望の塊の魂

昨日から新しい取り組みをはじめました。
といっても、至極簡単なこと。

まず、夜ベッドに入ったらスマホを見ないこと。
そして、夜は11時には寝ること。

このところ随分と体調不良が続いていたので、ちょっとした生活のリズムを変えればもう少し自律神経にもよかろう、ということです。

スマホねぇ・・・。
本当に、なければ困るわりには、あっても得をしないという存在。

以前の仕事中にもスマホ2個持ちで、会社のメールも四六時中みなくてはいけなかった。
こんな生活は続けられん!とどこかで腹をくくり(日本語変か?)、スマホは1個に減らし
仕事もやめたわけです。

はぁ、そうなのです。

仕事はやってもやっても終わらない。
何かを改善しようとしてもそこには終わりがない。
そういうのを延々と続けていく体力も気力も、もはや持っていないのでね、私は。

それで、好きなことをしようと思いつつ、就活もしなくちゃとか。
なんだかどうにでもなれ、って思い始めていたら、またポッとお話しをいただいたり、とか。

でもやりたいことってキリがないんですよ。
なんなのでしょう、この欲望の塊は。
どうしたらいいのでしょう、この魂を。




[PR]
by MySakuranbo | 2016-10-12 13:57 | 日々の出来事 | Comments(0)

英語の修得についての雑考

2回目のUS大統領選の討論会を見過ごしてしまったので、今日フォローアップのためCNNをみながらいくつか書きものをしています。このブログもそのひとつ。
耳で英語を聴きながら、手もとで日本語を書くというのは

けっこうな

けっこうな

作業だと以前は思っていたけれど、このところふつうにできるようになっている。
この前もっとビックリしたのは、朝日新聞を読みながらCNNを聴いていたこと。ごく自然にやっていたのです。

英語力の成長カーブは階段式って前にどっかで書いたっけ?
とにかく、英語はある程度ステップがあがると、一定の調子でつづきます。そこで何もしないでいたら、そのまま曲線はゆるやかに下降して、ある程度のところで止まります。
それは人によると思うんですが、階段の高いところまで行っていれば下限のラインも高くとまる。もし、最初の階段がとても低ければ、下限はおそらく、見る影もないほどゼロに近くなります。そのときには中学校の英語もすべて忘れ去ってしまいます。
逆に、年をとってからでも、いくらでも英語の力を伸ばすことはできると思うのです。
英語の力、と一言でいっても、ニュース用語を理解すること、映画を見れるようになることや、旅で困らない程度の会話ができることなど、いろいろなシチュエーションがあると思います。もっともゴールに早く近づくには、〇〇をするために英語を勉強する、というアバウトな目的をもつことではないかと、そう思うのです。
最近では、アメリカの政治を傍で見ているのが面白くて、もっと理解したいと思っていると自然とそれらの言葉に耳がむく、とそんな方式です。

暇にまかせてこんな表をつくってみました。

b0043980_10575498.png
これは私があくまでも、あちこちから集めた情報と経験と勘によって適当に分類した表ですので、正確なものではないと思いますし、個人のレベルによってもまったくちがいますので、本当に参考程度にしてほしいのですが、という前置きを読んで、理解していただいたという上で解説します。

日本人は英語を義務教育から(最近は小学生から)8年~10年も勉強しているのに英語が話せるようにならない、と言いますが、決してそれは胸を張って言えることではありません。
語彙については12000語を学んではじめて、英語ネィティブの小学生レベルです。
それに引き替え、日本の高校までは何語かといいますと、だいたい4000語、がんばっている高校で5000語がいいところだと思います。
これでは6歳児でしかなりえないわけです。

簡単な会話はできます。

〇〇がしたい。〇〇が食べたい。
今日は〇〇が意地悪をして、ボクは嫌な気持ちになった。
パパは明日野球に連れてってくれる?
約束は守らないといけない。
先生はこう言ったけれど、ボクはなんだかやりたくなかったんだ。
ボクは将来パイロットになりたいよ。

などなど。
できない会話はこんな感じです。

あなたが悲しいと思ったとき、周りのお友達がどう思ったか想像してみたことがある?
その結果君がとった行動はどんなふうに評価されるべきなのかな。
パパとママが離婚することになっても別に平気だよ。だってボクは自立した男だし、ひとりで
バイトでもなんでもして学費ぐらい稼ぐことができるから。心配無用だよ。
隣の女の子のことが好きなんだけど、どうやって気持ちを打ち明けようか悩んでいるんだ。
彼女が好きなものをプレゼントしたいけど、ママならどんなものがいいと思う?

6歳と12歳の会話の中身はそんなに変わりません。
でも、目に見えない気持ちや物事への表現方法、長い文章を理路整然と伝える方法。
そして、相手との会話のキャッチボールが相手の考えを読んだ上で適切な表現を伝える。

これが12歳の会話だと思うのです。
おませな子は政治や恋愛のことももっと話すでしょう。
そういう教育をもっと日本でやらない限り、とてもじゃないけれど「英語を使う」レベルには至らないのでないかと心配してしまうのです。

必要がないかもしれません。
でも、6歳児が近所で遊び、12歳児が自転車ででかけるようになるのと一緒で、18歳になったとき自分の周りの世界をもっと広げたいと思うのであれば(親がそう思うのであれば)、英語の勉強の有り方を根本的に変える必要があると思うのです。

その方法は:

1 本を沢山読む(もちろん英語)
2 単語を沢山覚える(本からでもニュースからでも映画からでも)
3 誰かが言うことを真似する(映画でもニュースでも演説でも)
4 英語の環境にできるだけ長く置く(一週間に何時間と必ず決めるなど)

が考えられます。

4については、そんなん無理やわ、と思うかもしれません。
「2時間英語で映画を見続ける」もひとつの方法。
「1時間ニュースを聞き続ける」もよし。
ある瞬間、耳から日本語をシャットアウトし、どっぷりとつかる必要があるのです。
そのとき、日本語と対応しなくなっていることに、いつか気づくはずです。

President=大統領かもしれないし、President=社長かもしれない。
頭の中でいちいち置き換えなくても、その会話のシチュエーションで何を言っているのかを必死にとらえようとすることを、継続的に続けていけば、必ず道は開けます。

今からでも遅くないです。
私も毎日階段をひとつでもあがれるようにKeep upするつもりです。
世界は思ったより近いですからね。




[PR]
by MySakuranbo | 2016-10-11 11:25 | -English | Comments(0)

毎日が新発見 【2017限定】USCPA合格への道を綴ります


by me
プロフィールを見る
画像一覧