<   2016年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

現在のところと今後の予定

※私は現在とある予備校の講座をうけながら、米国公認会計士試験にチャレンジ中です。このカテゴリーでは専門用語や進捗を沢山書くので、なんじゃそりゃ、ってのが多くあるかもしれませんが適当にスルーしてください。2017年Q3中に全科目合格を狙ってがんばりまーす♪

いひひ、テンプレートを作りました!
なんだか昨日はあまりにも高い壁を見上げてしょげていた一日でした。
でも、いちにちずつやっていくことに意味があると思って問題集を解いていったら、そこそこ学んだ知識が展開できているようで今週末の単位試験はなんとかなりそうな気配。それで少し元気がでました。

USCPAの科目試験の順番、今考えているのは

BEC(ビジネス)→REG(税法)→FAR(会計)→AUD(監査)

今はここ


です。ちょっと人と違うけれどそれぞれ理由がある。

BEC:新試験制度に変わる前になんとかQ1中にとりたいから。また、好きな科目なので得意なところからうかってはずみをつけたい。
REG:覚えることが沢山あるので脳が1日でも若いうちに(笑)さらに、これもまた嫌いではない科目だから。米国法は結構おもしろい。
FAR:ボリュームと密度が濃いけれど、いままで死ぬほどやってきたので再々学習していけばなんとかなりそうだから。
AUD:あまり得意ではないので一番最後に。BECとREGが終わったらボチボチ再開予定。

仕事の話もぼちぼち来るんだけど、BECにむけてしばらく集中していたいのが本音。

追記
やっぱりBECのあとはAUDにしようかとも考え中。あ、CBT3になったら横断がでるからFARをしっかりやってからでないと無理か。
だったら最初にFARやればいいじゃん(笑)
むぅ、12月の終わりに結論をだそうと思う。


[PR]
by MySakuranbo | 2016-11-30 11:01 | -US CPA | Comments(0)

学習と自信

勉強をガシガシと開始しています。
仕事しながらではないので、結構進むのね、という印象。
最初は1か月から3か月単位で一つの科目習得を考えていたけれど、週レベルで考えてもいいかもしれないと思い直しているところ。

しかし、インプットとアウトプットのバランスって大変ね。
試験って知識とテクニック(アウトプット力)のバランスだと思っているのだけど、私はおそらくアウトプットは苦手なほう。
実力がないとも言えるけれども・・・。

世の中にはさほど知識がなくとも、あるいは、あるひとつの知識だけでも、十分に使いまわせている人がいます。
そんな人を会社で見ると、「あらあら」とか「よくもまあ」と思うと同時に、「凄いな」と感心もしてしまいます。以前にどこかでも書いたけれど、アウトプットできる人はたぶん実力もあって自信のある人なんでしょう。

そういうのって成功体験っていうの?そんな小さな積み重ねなんでしょうね、たぶん。
それか、なんの成功も成果もなかったとしても、自信に満ち溢れている天然素材のどちらか。

ちょっと心理的に心配になってきたので、もろもろ検索すると
「できないことに着目する性質」をもつ人は常に自信がないのだそうです。

これ、わたし(笑)

こういうのは一種の癖のようなものなのだそうです。

100点満点のテストで、90点しかとれなかった、と思う人と、90点もとれた(10点しか間違わなかった)と思うかの差。

思えば子供のころから私は前者でした。
まぁ、90点台だったら、92点でもそこそこうれしかったけれど、97点じゃなかったな、と思うタイプ(笑)
80点台は悲劇。
それ以下は想定外。

気持ちを大きく持てる人は、おそらく90点だったら、すっかり天狗でお祝い気分になれた子供だったのでしょう。

今日できたことに注目をして明日に臨む。
試験勉強には忘れちゃいけないコンセプトだ。

今週ひとつさっそくテスト(大学の単位試験)があるのでそれに向けて勉強をすすめています。
まずはこの目標をクリアすることから。





[PR]
by MySakuranbo | 2016-11-29 13:37 | -US CPA | Comments(0)

急にキングスマン

最近キングスマンをTVでみて(2回目)、また思ったのはこの映画面白いなぁってこと。

コリン ファースも最高にいいし、音楽もいい。
何だろう、あの病みつき感。

2が来年公開になるみたい。
前回コリンは死んだはずだけどまた出てくるのかなぁ。

実家で父の介護中につきちょっと暇なのでした。
介護といっても5分おきに同じことを言う父に頷いてればいいのだけど、毎日やってる母は大変だ。
通所介護もしているけど、家にいる時は母なしではもう生活できなさそうです。
認知症もゆっくりすすんでくれればなぁ。
[PR]
by MySakuranbo | 2016-11-27 15:46 | 日々の出来事 | Comments(0)

やっぱりきたか

11月に雪。
北国か!
予報をまゆつばものと侮っていたけれど、本当に降ってきた。

うちのあたりは雨まじりのみぞれ→雪→みぞれ→雨を繰り返してます。積るほどではない。
同じ東京でも新宿になると気温が2度ほど下がるので雪だったりする。

そう、新宿は寒い。
以前に新宿がオフィスだったとき、うちのあたりとの気温差が体にこたえた(笑)
コートを着ないで出社しようものなら、ひぃって感じになったし。でもコートを着ると通勤時に暑くて汗だくになって本当に調節がむずかしかった。

50何年ぶりってことだが、雪が降るってことはそれだけ雨が多いってことなんだよね~。
南岸低気圧。
最近ちょっと増えてない?

今日は一日ぬくぬくしていようっと。
ロビンが最近風邪ひいたのかコホコホしているのがちょっと気がかり。



[PR]
by MySakuranbo | 2016-11-24 09:31 | 日々の出来事 | Comments(0)

やらかし

近年(という書き方はちょっと大げさかもだけども)、11月になると忘年会がはじまったりしてません?第一弾なのかはわからないが、世の中的にどんどん前倒しになっているらしい。

としくんが酔いつぶれて夜中に帰ってきた。
お風呂に入っているようだったので、ヨシヨシとそのまま放って私は寝た。
帰ってくるまではやっぱり熟睡はできないし、途中何度も起きたし、私はめっちゃ不機嫌。
睡眠障害がやっとおさまってきたとこだというのにもう!ですよ。

そして朝起きてみたら脱衣場が綿棒であふれていた(爆)

1本出そうと思ってひっくりかえしてしまったのでしょう。飲んで帰ってきて、風呂上りに綿棒はいかん。

わたしゃしらん、と起きてくるまで放っておいた。
こういうのは自分で片付けていただきましょう。
失われた過去に直面してもらうに限ります。



[PR]
by MySakuranbo | 2016-11-23 13:29 | 日々の出来事 | Comments(0)

洗いたてのシーツ

なんか今日は思ったよりも天気がよく、洗ったシーツがよく乾きました。
朝まで雨が降っていたのにラッキー。

我が家は海外のホテル風な感じで上下シーツに挟まって寝ています。
これ冬季限定。夏はさすがにこれをすると暑いので頃合いをみてデュベだけにする。

季節にかかわらずデュベカバーもしているのだけど、カバーをはずして洗うのは毎回結構手間がかかるのと、カバーの色持ちをよくするためでもあります。回数洗っていると色褪せてきちゃうから。
シーツはねー、ベッドの上も下もフラットシーツなんだけど、日本ではフィットカバーが主流みたいであんまり売ってなかったりする。
絶対にフラットシーツのほうがつけたりはずしたりしやすいと思うのだけどねぇ。
ま、好みなのかな。

洗いたてのシーツにくるまって寝るのは至極すぎる。
出来れば毎日洗い立てとしたいとこだけど、我が家では夏場は3日に1度ぐらいで、冬は1週間に1度ぐらいが洗う頻度であります。



[PR]
by MySakuranbo | 2016-11-22 18:03 | 日々の出来事 | Comments(0)

今日はせかせかと

そうそう、続き。
今日はちょっと忙しい日だった。
午前、不必要だと思われる戸籍謄本をとってくる。戸籍のある町役場まで15キロかと思ったら25キロもあった!(この前15キロだと思ったのはなんだったんだろか)
往復50キロってちょっと遠い。

そしてこの帰り道にひょっとしたらいらないんじゃない?とか思い出す。
だったら最初から取りにいかなければよかった・・・。

そして午後。
健康診断を2年ぶりにうけた。
昨年はバタバタしていてパスしちゃったので渋々。
免疫力がない以外の点では私は結構健康体。胃もつるつるだった。去年胃カメラしたときにも検査したけど、ピロリ菌もひとつもいないからねん。


そのあと予備校にちょっとしたお金を払いにいく。
1回海外旅行がお預けになるぐらいの金額をまたもや自己投資にしてしまうのです。
っていうか、普通は投資→回収っていう順番だと思うんだけど、私の場合なんだか順番がぐちゃぐちゃ。

ふつうは大学を卒業し一般企業に勤めた場合、もうすこし自分のキャリアをなんとかしたいと思うのが20代のうちだから、30歳あたりで受験して合格して、いざ転職!なんていうパターンなんだけどね。

私の場合は大学はつい最近だわ、転職はいっぱいしてるわ、本当に受験する意味なんていまさらあるのか、と、たぶん思われるはずである。
この資格は忍耐力と根性だけあればなんとかなる資格だけに、2017年はじっと腰をすえてやることを探していたのでちょうどはまっていく形となった。



さらに・・・
[PR]
by MySakuranbo | 2016-11-21 19:59 | -US CPA | Comments(0)

手続き続き

うーむ。
思い立ったらすぐに行動するわたしの悪い癖が続いています。

また戸籍謄本をとってきた。
が、もろもろ資料を読んで見ると、氏名が変わった場合新旧のパスポートのコピーで代用できるみたいなのである!
じつ、丁寧に手続きをするのなら大使館での公証が必要になるんだろうけどね、何せただではないわけです。
大使館の手数料は$50!
ごじゅうどるー?ですよ。

約6000円。
せっかく謄本をまたとってきたけど、公証なしで進めてみようと思う。うちの予備校は児のやりかた進めているわけではないが、たぶん行けるだろうと確信。もしだめなら改めて公証とって提出すればいいさ。

さらに。。。
続きはまた。
[PR]
by MySakuranbo | 2016-11-21 15:11 | -US CPA | Comments(0)

林先生に教わる

もうひとつ書いてみる。
先日TVをみていたら、林先生が言っていたことになんだか頷いたことがあったのでそのメモも兼ねて・・・。
彼が言うには、むかしやりたかったので株の投資をしたんだけど、そのときはうまくいかずにかなりの借金を作ったそうだ。それでやっぱりこれは自分に向いていないと思って、自分が得意な予備校の講師を生きるための仕事にしたという。生きるための仕事、英語ではthe jobs pay the rentがいちばん私的にはしっくりくる。いわゆる食っていくための仕事に彼は予備校の講師を続けながらTVなどでも活躍している。逆に予備校をとったら彼はおそらく自分ではうまくいかないとわかっているんだろうと思う。

そのときに言っていたのはやりたいこと得意なことの考え方で以下のような図だった。
b0043980_16045531.png
林先生にとって教えることは①にあたるらしい。もちろんそうじゃなかったら長続きしない。
こういう絵で言われてしまうと私は自分がどんなふうに仕事というものを考えている(いた)のかを考え直す必要があるなぁ、と思ったわけです。
私は結構な確率で②を選ぶ傾向にある。
なんだろう、苦手克服症候群とでもいうべきか。あるいは努力は報われると信じているか。
ひどいときには欄外だけど、苦手でやりたくないことだって向かってしまうこともある。後先を考えずにね。

自分のPay the rentとしての仕事はちょっと③に近い。①と③の間ぐらい。
実はそんなにやりたいわけでもない(笑)
長くやってて言うのもなんだけど。

得意なことをずっとやっているとだんだんやりたくなくなる、というのが正確なのかもしれない。でも、圧倒的に②と③とでは違いがある。
②はいつか①になるかもしれない。そこに至るまでに険しい道のりを経さえすれば。
③はやりたくないかもしれないけれど、険しい道のりはないのだから、②と比べるとフリーな時間はおそらくある。
そして、おおかたの人はなるべく①か③で人生を生きていこうとしているはず(実際はどうかはさておき)で、自ら②や④(書いてないけど)に飛び込む人は正直無謀だし危険な賭けなのです、たぶん。
もちろん何が得意か何がやりたいかわかっていない若者にはこの図はあてはまらない。なんでも手をつけてみてもそれはそれでいいと思う。

そんなことを客観的にヴィジュアルとして見れてなんかよかった。
自分もそっちの方向にいないとな、と思ったのでした。

[PR]
by MySakuranbo | 2016-11-19 16:18 | 日々の出来事 | Comments(0)

手続きもろもろ

最近なんだかお役所がらみの手続きが多い今日このごろ。
どれもこれも面倒なのと時間がかかるってことだけはよくわかった。そして何よりも不自由に感じたのは、奴らはメールやオンラインサービスというものに全く興味がないことだ!


そっちのほうがなんとか落ち着いたと思ったら、今度はUS CPAがらみの手続きにまた手間がかかるとわかったところです。

先日、まぁ、背中をまた押された感じで、やるかな、と再開しようと思った米国公認会計士の受験について。以前行っていた予備校にも連絡をとって、再受講(比較的安くできる)の手続きができることがわかったし、あとは机に向かうだけなんだけど、手続き関係は早く済ませるに越したことはないのでさっそくとりかかっています。
しかし!
やっぱり受験に至るまで面倒なことが満載でまずはここで心が折れそうになるわけです。

日本はMarriage Certificate(結婚証明書)がないために、結婚して苗字がかわると何もかもがとたんに面倒になることがひとつ。
日本の戸籍謄本を翻訳して(これは自分でもできる)、それをアメリカ大使館まで行って公証(Notarization)してもらわないといけない。

また、戸籍謄本にしても今我が家ってちょっと戸籍のあるところから離れているので(といっても車で15キロ程度なんだけど)、とりにいくのが少し面倒。いや、百歩ゆずってそれはそうでもないとする。
でも、区役所が歩いてすぐのところにあるから戸籍は面倒なんだよなぁ。
(戸籍なんてそもそも必要なのか、日本!って思ったりもする)

さらに学歴について英文でかかれた成績証明書を各大学(私の場合2つあるから)から取り寄せなくてはならない。
ここでちょっと面白いことが…。

最初の大学は私学で、最近行ったところは国立大学だった。
各種証明書の手数料なんだけど、私学は1枚1000円!(2枚必要なので2000円・・・)
でも、国立大学は無料!!
おおー、こんなところで国立大学の成果があったわけ?とちょっとだけ喜ぶ。
そして、この国立大学は郵送で依頼してわずか2日後に書類を届けてくれた!そのスピードたるやすばらしい。

対して私学の方は…。
そもそもここが名前が変更になったのだから、新しい名前で成績証明書を発行してくれればいちいち戸籍謄本の翻訳も大使館へ行く必要もないというのに、融通がきかないのである。
さらに、今の名前が大学卒業時と違うので、戸籍謄本の原本まで郵送しないと動いてくれない。
2週間ぐらいかかるって書いてあったけど、早くしてくれないかなぁ。
結局はアメリカへの学歴審査を通すための最初の手続きを始めるまでに、まだあと1週間はかかりそうな感じです。

なんだかね、年のせいにするのは今日で最後にしようと思うのだけど、「ああ、これは面倒くさそうな予感がする」というのは年を重ねて得る正しい予感だと思うのよね。そして年をとると、なるべくそういう「面倒なこと」を回避して、なるべく「楽に」やろうとするように体も心も動くのが自然な摂理なのです。きっと動物として。
美味しいものがそこにあるけれど、採るのが大変な木よりも、下でまっていれば自然と落ちてくる木を見つけたら、確率的に多少低くても待ってるわけですよ。猿だって。
そんなたとえはいらない?(笑)

大学に入ったときも思ったけれど、若さというのは、その先にどんなことが待ち受けているか予期していないし、予期などしないからこそひるまず立ち向かう勇気なのだよね。そういうのを効率よく都合よく、できる限り無理をせず通過しようとすることは、大きく言ってしまえばすべての老化の始まりなのだ。頭にある程度そういう面倒な電気信号を流してやらないと脳も楽してしまうわけです。

だから面倒なことを面倒と思わないようにして、ひとつずつ解決していかなくちゃいけない。
やり慣れていないことをやったり、遠回りだとわかっている道をあえて歩いてみたり、時にはその先に何が待っているかと考えるのを止めたりしながら日々を過ごしてみるのもきっといいことがあると信じる。
まぁ、それしかないでしょう、この場合には。

そういうがむしゃらないい年した大人は馬鹿っぽいのかもしれないけれど、いいのいいの。
人からどう思われようが、今やろうと思ったことをやりたいだけ。もちろん10年前に完了させておけばもっと今は楽だったと思うけど、今だって別に悪くないじゃない?

新しいカテつくるかなぁ。





[PR]
by MySakuranbo | 2016-11-19 15:11 | -US CPA | Comments(0)

毎日が新発見 【2017限定】USCPA合格への道を綴ります


by me
プロフィールを見る
画像一覧