タグ:ホテル ( 11 ) タグの人気記事

駆け足鹿児島旅行

体調の良い朝のうちに……。

先週末、鹿児島と宮崎に行きました!
まだ制覇していない県を巡っていくという巡業の旅です。
これまでの日本と今回の足跡。
b0043980_09250601.png
あ、沖縄塗り忘れてる。47分の37を制覇。

私はめまいがひどくて運転できないので、としくんにレンタカー担当してもらい
具体的には鹿児島市と隣の宮崎県の都城市にいってまいりました。
飛行機はマイレージで、行きは私はJAL,としくんはANAという別行動です。だって
それぞれ期限がくることになっていたので。でも5分違いで到着したので不便はなかったです。
それよりも、私のとなりに座った鹿児島訛りのオジサン2人が搭乗中ずっとおしゃべりしていたのだけど、私は彼らが何を話しているかぜんぜん聞き取れず、まるでタイ語とかベトナム語のようにきこえていました。

まっまっま、む~ん。
ぱかまっ、ぱまあ

のように聞こえたのです(笑)
普段家にいるときにCNNばかり見ていて英語脳になってるせいもあるんだけど、いや、本当に標準語の音脈じゃなかったですね。
標準語は韓国語に聞こえることがあるので、たぶんそんなルーツがあるんでしょうねぇ。
外国人からしてみたら、日本語ってこんな風にきこえるのか。そりゃわからんわ、と思いました。
そのオジサンたちは特に方言で話していたのだと思いますが、ホテルの受付でもへっ?ってなったので、きっと私の言語認知力が落ちていたんだと思います。風邪のせいで(なんでも風邪のせいになる)。


さて、行きは空港からホテルにいくだけ。
鹿児島空港は市内からおっそろしく離れていて、車で1時間ほど走ったところにありました。
平らな土地があまりなさそうで、きっと空港も鹿児島市と霧島の中間ぐらいにつくったのでしょうね。
私は鹿児島自体がこんなに山深いところにあるとは思わず、その起伏の激しさにびっくりでした。

東京はひさしぶりの快晴だというのに、鹿児島は雨で少し寒かったです。
(そしてこれがまた風邪を悪化させるという…笑)

お宿は桜島を眺めたかったので、城山観光ホテルをとりました。露天ぶろから桜島を眺めることができましたよ。
なにやらエキサイトのリンクが変わったようでゴージャスなリンクになってます。
朝ごはんがすごいらしい、という噂でしたが、いたって普通でした。
日本のホテルってなんかずれてるんですよね。朝食のレストランの雰囲気が会議室みたいで
ちょっともったいなかったです。

お夕飯はホテルの和食のレストランでした。
きびなごが有名らしいです。
b0043980_09080062.jpg

九州にきて別府のときを思い出したんだけど、九州の温泉ってぬるいんですよね。
気候が暖かいせいなのかわからないけど、40度あるかないかぐらいのお湯でかぜっぴきの私は、いくら浸かってもあたたまりませんでした。
なんであんなぬるいのか謎です。

と、散々なことを書いてはいますが、途中、道の駅でしょうがを買ったりとそこそこ楽しめましたよ。
この辺はしょうがの産地なんですねー。
買ってきた新鮮なしょうがは甘酢につけて、牛丼の付け合せにしたり、ちょっとずつ食べています。
九州は残るところ、佐賀県と長崎県。こちらもなかなか手ごわそうです。
b0043980_09161977.jpg

[PR]
by MySakuranbo | 2016-10-22 09:19 | -日本 | Comments(0)

サムイの思い出

そうだ、去年の夏はサムイ島に行ったのだった。

もう10年も前の気がする・・・。

で、たぶん、旅日記は途中で終わっていたと思うので、フォローアップの写真だけをちょこちょことアップしようと思います。
リアルな感想というより、すっかり思い出話(ボケ防止)になると思うけどね。

b0043980_21111783.jpg
インターコンチネンタル・バ-ンタリンガムを海から見た写真。
この桟橋の先の右側に見えるように梯子があって、海に降りられるようになっている。
でも、ふつうはボートとか、浮き輪とかそういうものを用意して降りると思われる。

この日はこの沖合50mほどを海岸と並行にずっと泳いでいる人がいて、それはそれは美しい泳ぎだったのです。
ちなみに男。

ブイのところまでいって引き返してたぶん距離にして往復500mか600mはあると思う。
海の中で500mも足もつかずに泳ぎ続けるってすごいことですよ!!

少しは泳いでみようかしら、と考えもしたけど、やっぱりあの泳ぎがないと海で泳ぐのはまだいかんだろう、と思い直す。
プールごときで疲れているようでは海はアダルトな感じがするんだな。

下はメインビルのバーからの夕日。
ここのバーテンダーさんは女性が多く、きさくでいい感じだった。

b0043980_21123647.jpg


[PR]
by MySakuranbo | 2016-06-16 21:21 | -Thailand | Comments(0)

サムイのプール と etc.

またまた日付があいてしまった・・・。
身辺忙しく、というのがようやく落ち着いてきたのでちょっと備忘的に書いておくことにします。

(昔にくらべてネットでの情報の取扱いにやや気を付けなければならない、と思うようになったこともあり、あまり身の回りのことを書けていないけれど、それなりに書きたい気持ちはあります。)

わたくし転職することにしました。
今の会社にきて3年経ちましたけれど、予定ではもう少し長くいるはずだったのと、もう少し昇進したかった予定だったので、少々計画が狂いました。でも、転職でまた新しい出会いと可能性が膨らんだので、今はとても楽しみにしています。

いままで女性の多い組織でしたが、今度は男性の多い組織に戻る感じ。
自分に期待されていることも多くなるので、まずは体をしっかり休めてエネルギーを貯める生活をつづけなければね。今の会社は10月半ばでおわり。

休暇中に海外も考えたけれど、もろもろあったので、海外旅行もプチおあずけです。
ちょっと痴呆のでてきた父の看病や、自宅の本の整理や、これからの通勤着の整理(毎日デニムというわけにはいかなくなったのでw)をしながら、フツフツとわく英気を養います。


では、サムイ島のつづき。

b0043980_07311830.jpg
フレッシュマンゴーの朝食をいただき、プールへ、プールは下のほうにあるので、5分ほど歩きます。
b0043980_07315856.jpg
b0043980_07321420.jpg
こんな吊り橋を歩いたりして、到着。
b0043980_07315238.jpg
パラソルやカバナで日がな一日本を読んで、暑くなってはプールに入り、を繰り返していてま~っくろに日焼けしました。(日焼けLOVE)
ランチはピザがおすすめです。

プールはイタリア人、フランス人、イギリス人が多く、たまにちょっとうるさい集団もいたりしますが、日本人とおぼしき人はごくわずか。イタリア人はやはり泳ぎがうまいですね。
プールの深さは深いところで1.2Mです。広さは 30m x 15mぐらいでしょうか。

インターコンチのプールは小さいのもいれると5か所ほどあるんだけど、ここが一番おすすめ。
ロビーフロアにあるプール(以下)は濾過と循環がいまいちで、どうも雨水っぽい感じがします。
b0043980_07320648.jpg
景色はいいだけどね。
朝ガシガシ泳ぐときだけここで泳いでいましたが、池で泳いでいるような気分でした(苦笑)
まだ、海で泳ぐことには慣れてないわたし。来年こそは海およぎデビューしなくちゃなぁ。







[PR]
by MySakuranbo | 2015-10-04 07:40 | -Thailand | Comments(0)

タイブッフェ サムイ島旅行記2015夏

今日も友人と食事をした際に、タイってけっこういいかも、という話になりました。私はもともとシンガポール好きでもありますが、タイはシンガポールにはないものがあります。

逆にシンガポールはひとことで言うと何かというと、前も書いたかもしれないけれど、全部が映画のセットみたいなんですよね。ディズニーランドを地でいくみたいな。
もちろん生活感がある街もあるんですが、そういう植民地的なところを文化の発端としているのではなく、近代的を超え、前衛的で精神的なものを文化として作っていっている最中な感じです。ちょっと肩肘はってるんですよね。

それが魂をゆさぶる感動にはつながらない。
タイにはタイなりの大自然と長い食文化があると思います。(それほどタイ料理の歴史に詳しいわけではないけれど。)

そんな話をしていました。

インターコンチネンタル・バーン・タリンガムのレストランでは週に1度だけタイ民族舞踊のDinner Buffetが開催されます。ちょうど初日がその日でしたので、予約をいれておきました。

b0043980_23060488.jpg

お席は外のテラスが格上のようで、予約順に埋まっているようでした。
b0043980_23060920.jpg

ありとあらゆるタイ料理がBuffetでいただけます。
トムヤンクンも辛さ自由に作ってくれます。

ここでも日本人であることに感謝。スタッフがまず、それぞれの料理を説明してまわってくれるのですが、

This is Chicken, and that is pork. This is vegitable (みりゃわかる)

みたいなアバウトなんですけれど、

これっってソムタムだよね?というと、わかるわけです。
それに、パッタイも、トムヤンクン(クンでなく、グンのほうが正しい)もわかるわけです。
日本人は。
グンはエビ。
パッタイグン、だとエビいりの平たいビーフン炒め。

日本語はすごいですよ。
中国人にはこれわかりませんからね~。
ふふふ。

タイ料理ってサラダや野菜料理がけっこう多いってことに気づきました。
辛いものもあるけれど、全体的に美味しかったです。

b0043980_23061413.jpg

お待ちかねの民族舞踊も見目麗しく。
素敵な一日目のDinnerとなりました。

レストラン:Amber
Intercontinenal Samui Baan Taling Ngam Resort
ピーク時は予約必須(19:00がおすすめ)
お値段: ひとり1700バーツ (6000円弱)

以下ホテルより抜粋

WORLD OF SIAM (EVERY THURSDAY)

Discover the World of Siam through a culinary journey of flavors from every region of Thailand accompanied by traditional live performance. World of Siam includes local dishes such as Samui fish soup with turmeric, fried minced meat with hot basil leaves, and papaya salad with salted baby mud crabs. Live classical and contemporary Thai music and dance complement the evening.
Priced at THB 1,700++ per person
From 7:00 pm onwards with Live Thai Dance show starting 8:00pm - 8:30pm.

[PR]
by MySakuranbo | 2015-09-15 23:22 | -Thailand | Comments(0)

スパと夕陽と サムイ島旅行記2015夏

サムイに行ってなにをする?

アイランドツアーのようなものがエクスカーションとしてでています。
ビーチから見える島。その付近ではお魚がたぶん沢山いるんだと思います。

そういうエクスカーション的なことを一切無視し、ひたすら4泊このホテルの中で過ごしたわたしたち。

そう、1歩も敷地からでませんでした。

でも、建物と起伏にとんだ地形が織りなすコテージの配置など、随所に目を楽しませてくれるのです。

ざっと書いてみましょうか、どんな過ごし方をしたのか。

1日目: 到着、無用な朝食を食べ、部屋に行き、そのあとすぐにビーチサイドで少々寝そべって、SPAに行く。
2日目: 朝全速力スイム(誰もいない時間帯にがっつり泳ぐ)。そしてビーチサイドで寝そべる。
3日目: 朝全速力スイム。そしてビーチサイドで寝そべる。少しだけワークアウトをする。
4日目: 朝全速力スイム。そしてビーチサイドで寝そべる。


いやぁ、かわりばえない4日間だ(笑)
読んだ本3冊。

何をしに行ったのか、と言うとほぼ読書ですね。
そして文明的なものからなるべく遠ざかり(携帯電話はなるべくONにしないなど)、夕陽が沈むまでのんびりとする、という究極のリゾート。
2日目でこんがり焦げまして、帰るころにはほとんど現地の方と同じ色に・・・。

こういう、寝そべり型リゾートはやはり美味いものがある土地に限ります。
タイはその点いいよね。飽きないから。

1日目にはSPAをちょっとしたんです。
Harnn (http://shop.harnn.jp/)のスパがあったので出発前に予約をしておきました。
ひさしぶりのカップルスパ。としくん何年ぶりでしょう。

SPAはリゾートのいちばん頂上にありますので、バギーで送っていただきます。
b0043980_20530110.jpg
b0043980_20525857.jpg
2時間のコースで体はつるつる。心もさらさらになります。
マッサージはちょっと強めでとても上手でしたよ。


お部屋に戻ってきたら、ちょうど夕陽が沈むところでした。

b0043980_20552534.jpg
いつもこの先には雲がかかってしまうのだけど、初日の夜は最後までみることができました。
うーん、もう一度見たい!



[PR]
by MySakuranbo | 2015-09-11 20:57 | Comments(0)

インターコンチネンタル・バーン・タリンガム サムイ島旅行記2015夏

台風一過。
わたしのまわりでは事なきを得ましたが、大災害になってしまってテレビの画面でドキドキしていました。うちから少しいったところにも小さな川があって、定点カメラで写されている映像をみると、かなりの水位でした。水位の調整は湾際で行っているようですが、さらに上流となると水の行き場がないですよね。

雨の降り方が最近は東南アジア化しているような気がします。
先日行ったタイ(サムイ)でも最終日の朝は豪雨でした。遠くに雷鳴がとどろき、雲があっという間にひろがる様子が見て取れました。

雲がたまりやすいところ、というのが地形的にあるのでしょうね。
サムイの西海岸ではあまりひどい雲がかからなかったのですが・・・。


さて、この流れでサムイ旅行のつづきです。
わたしたちが宿泊したのは、サムイ島の西側にあるプライベートビーチを持つリゾートでした。

インターコンチネンタル・サムイ・バーン・タリンガムリゾート
http://www.ihg.com/intercontinental/hotels/jp/ja/koh-samui/usmks/hoteldetail

空港からは車で約40分と少し距離があります。
ホテルに予め頼んでピックアップしてもらいました。

サムイ島の場合タクシーは交渉が必要ということなので、面倒でしたからホテルサービスを利用したんです。街のトラベルエージェントや空港でも頼めるみたいです。お値段はホテルサービスのほうがやや張ります。でも、インターコンチネンタルに泊まると決められたのであれば、ピックアップを利用されるのをおすすめします。(冷たい水におしぼりも用意されていますし!)
b0043980_15320557.jpg
ホテルロビーからの景色です。

わたしたちは10:30ごろ到着しました。
当初お部屋の準備ができていない、ということで、仕方がないので朝食をたべていましたが、ほどなくして、ホテルのちょっとした係りの人がやってきて、部屋の用意ができたとのこと。
私がIHGのメンバー(ホテルメンバー)と知らせたからみたいです。たいしてお腹もすいていないのに、食べていたのでなぁんだ、という感じでしたが、ともあれ、すぐにチェックインできたことはなによりでした。

b0043980_15330074.jpg
b0043980_15330513.jpg


食べていたものはこれ。
タイとは無関係なナシゴレンとサテー(笑)
でも、タイ風のアレンジだったかな。

インターコンチネンタル・バーン・タリンガムについてはもっともっと写真で紹介する予定。
このロビーフロアはメインビルディングにあり、ヒルサイド、ビーチフロントと上下にわかれていきます。
わたしたちはメインビルディングの200番台のお部屋。
なかなかよい位置でした。

b0043980_15381912.jpg
お部屋は広々していて、ひろいバルコニーがついています。
b0043980_15374980.jpg
ちょっと光を外に合わせて・・・。
目の前は海。

b0043980_15394519.jpg
ステキなリゾート時間のはじまりを予感させてくれました。



[PR]
by MySakuranbo | 2015-09-11 15:41 | -Thailand | Comments(0)

朝食 @ シャングリラ・シンガポール - シンガポール旅記2015

シンガポール旅の続きです。
ちょっと時間を先にすすめて、土曜日の朝。

b0043980_13300392.jpg
エレベーターのマットはいつもその日ごとに変えられることに気が付きました。
前日がFridayだったからひょっとして明日は・・・と期待していたら、やっぱりSaturdayになっていました。特にバケーションで来ていると、今日が何曜日かってあまり気にしなくなるものだけど、さりげなく「土曜日です」って言ってくれている心配りを感じてちょっといいよね。

さて、エレベーターを降りて朝ごはんにむかいます!
Valley Wing宿泊者は1FのSummit Room(サミットルーム)にて朝食がいただけます。
Half Buffetのような形で、エッグ料理などはオーダーし、あとは好きなものを持ってくる仕組みでした。

サミットルームはドレスコードがあり、朝食でも男性は短パン、ビーサンはNG。男女とわずいつでもビジネスカジュアル以上のドレスアップが求められる点が、他の朝食場所のLineやWaterfallとは違いますね。とはいえ、それほど気にすることも実はなく、男性はチノパンにポロシャツ、女性はワンピースでも、トップス&パンツでもいいのです。

特に土日はビジネスの方々もオフになるので、くだけた雰囲気でした。
b0043980_13293514.jpg
こちらはわたしの選んだスクランブルエッグ+ベーコン+トマト
b0043980_13292893.jpg
としくんは目玉焼きにほうれん草、ソーセージです。
さらに、私はワッフルもお願いしました!
b0043980_13293233.jpg
間にリンゴのコンポートが詰まっていて、甘くておいしかった。
サミットルームでの朝食は味もすべてエレガントでした。


では、最後に

シャングリラ・シンガポールの朝ごはん勝手にランキング~~☆

1位 Summit Room : 断トツ! 静かですし、小さなお子様があまりいないです。でも、がつがつBuffet気分で食べたいときはLineに行ったほうがいいですね。

2位 Line : 中華、インド、ヌードルなどあらゆるものがそろっています。ちょっとガヤガヤしているのと、お席によっては薄暗い場所もあるので、好みがわかれるところ。場所は窓際と言ったほうがいいかもしれません。また、席を案内してくれるスタッフと片づけ専用のスタッフとはヒエラルキー的に完璧に分かれていますので、特別なお願いがある場合には、黒服の方々に声かけたほうがいいですね。 私的にはここのインド料理が一番好きです。フルーツはその日によってバラエティがわかれますが、雨期のほうが種類が多いのは当然。ドラゴンフルーツははずれがないけれど、メロンは時折美味しくない(笑)

3位 Waterfall grill: ここは冷房がきついです(笑) あと、朝食のバラエティで言うとチーズとパンは充実しています。朝食1度、夕食1度しか食べたことがないけれど、たぶん、Waterfallはランチが一番いいのかな、という気がしてますね。
ランチなら予約なしででウォークインもOKです。Dinnerは最近は予約しないときついです。






[PR]
by MySakuranbo | 2015-07-19 14:33 | -Singapore | Comments(0)

マイアミ快旅記2014-Loews Hotelとマイアミビーチでの朝食

翌朝、なぜか6時に目が覚める。
えーと、日本は何時だっけ。夕方の4時?
ひょっとして、夕べ1時ごろからの睡眠は昼寝?
という具合で、時差を考えていると、ぜんぜんわけがわからなくなります。なんだかおなかがすいたからひょっとして朝?という感じ。






つづきはこちらから
[PR]
by MySakuranbo | 2015-01-15 16:33 | -Miami | Comments(0)

マイアミ快旅記2014-マイアミビーチのホテル

マイアミ行きの航空券の手配をすませ、いざホテル選びなんですが、なにせ私がもっていたマイアミに関する知識はほとんどないも同然。治安が悪いエリアだと聞いていたけれど、むかしに比べ少しは良くなっているっぽい程度でした。



つづきはこちらから
[PR]
by MySakuranbo | 2015-01-13 18:32 | -Miami | Comments(0)

2013年締めのシンガポール旅行記: 大晦日レストラン事情

年末シンガポール旅行記です――

大晦日のDinnerをどこで、何を食べるのか。
私がどうしても行きたかったのは、広東料理のシャンパレス(香宮)です。
前回行ったとき、すごく美味しかったので、大晦日もぜひにと考えていました。
しかし!
これは旅行前からの最大の関心事項でありながら、気が付いたときにはホテルDinnerの予約サイトからでは既に満席。予約対象日から除外されていたのでした。
さぁ、どうしましょう。

頼みの綱は、ホテルにチェックインのときにレセプショニスト経由での予約です。
チェックインの騒動のあと、さっそく頼むことにしました。

ガーデンウィングの専属のレセプショニスト、シャネルさんはすかさず電話をとり、レストランマネージャーと直接話をしてくれます。そして、最後の1席を確保!ホテルゲスト(In-house Guest)のDinner reservationはVisitorとはちょっと違う扱いなのですね。

チェックインが30日だったこと(当日は絶対に無理)も、ぎりぎりよかったみたいです。
でも、何事もギリギリはダメですね。 次回はもっと事前にお願いしておきます・・・。

大晦日のメニューはFestive Set Menu(プリフィックスコース)のみ。
2種類のプリフィックスから選べますが、私は燕のスープに興味がなかったのでベーシックなほうのメニューにしました。

カウントダウンパーティーさながらの、ハットとクラッカーつき。
ハッピーニューイヤー!
b0043980_13442329.jpg
ちょっとライティングが暗いですが、お料理の写真も一部ご紹介。
b0043980_13443774.jpg
b0043980_13443151.jpg
b0043980_13442703.jpg
やっぱりシャンパレスは美味しいです。
写真うつりが悪いけれど、この鴨は最高においしかった。

[PR]
by MySakuranbo | 2014-02-15 15:11 | -Singapore | Comments(0)

毎日が新発見 【2017限定】USCPA合格への道を綴ります


by me
プロフィールを見る
画像一覧