タグ:Singapore ( 14 ) タグの人気記事

香港とケニーG

エキサイトにしてはシンプルで素敵なスキンだったので、こちらに変更してみました。
空が好きなんです、単に。

さて、GWのシンガポール&香港の旅も終盤です。
香港までのキャセイ便は昼間の移動ということもありあっという間でした。香港に夕刻入りし、翌朝には出発するスケジュールでしたので、少しの時間も無駄にしたくなく、ホテルのリムジンをお願いしてました。

お宿はカオルーン・シャングリラにしてみました。香港島に行くのが面倒で(笑)
場所はEast Tsim Sha Tsui (尖東)にあって、ウォーターフロントです。
お部屋はいたってシンプル。
b0043980_19162477.jpg


お部屋からの景色。
b0043980_19224296.jpg

なかなか良いです。

この写真の右側のほうにはインターコンチネンタル香港があるんですが、今その隣で大規模な工事が展開中につき大変居心地が悪いことになっていると思います。カオルーン・シャングリラからの眺めも西側に変化が生生じるでしょうね。以下がそのプロジェクトの記事の抜粋です。

New World Development's hotel management arm, Rosewood Hotel Group (formerly New World Hospitality) which operates the Rosewood Hotel & Resorts, New World Hotel & Resorts and Pentahotels brands, is developing two new hotels on the site of the demolished New World Centre on the harbourside at Salisbury Road in Tsim Sha Tsui. The 600-room 63-storey Rosewood Hong Kong and neighbouring 334-room hotel are expected to open in early 2017. Rosewood operates over 40 hotels under the three brands in 14 countries including 16 under the Pentahotel brand in Europe and Asia and has a target of 80 hotels globally by 2020. It opened its first hotel under the Pentahotel brand in Hong Kong at San Po Kong in Kowloon in August 2013 and is seeking opportunities to build four more hotels in Hong Kong.

-source

要約しますと、

ローズウッドホテルグループはかつてのニューワールドセンターを取り壊し、新たに63階建てで600室あるタワーと、その他に334室あるホテルを2017年にオープンさせる。ローズウッドグループは14か国にて40ものホテルを経営しており、ヨーロッパやアジアにおいては「ペンタホテル」のブランドで運営している。香港では2013年のサン・ポー・コンホテルを九龍にオープンしたのを皮切りにこのあと4軒のホテルを開業する予定。


ということで、63階のホテルなんかできた日にはカオルーン・シャングリラもかなり厳しいことになりそうです。
ハーバーフロントのお部屋の価値が下がりますものね。

ホライゾンクラブフロア、最上階でのんびりさせてもらってから、カオルーン・シャングリラの香宮(シャンパレス)にて本場の広東料理をいただきましたよ。

b0043980_19354822.jpg

b0043980_19354889.jpg

b0043980_19354740.jpg


広東料理は意外と肉臭いということを思いだし・・・。
本当はレイユームン(というフィッシュマーケット的レストラン街)に行きたかったが断念。
その甲斐があったかと聞かれると、うーん。

完璧に舌がシンガポール寄りになっているのだと自己分析してみた。
美味しいものもあるんだけど、ことごとく脂っこいのです。
年齢かな?
しかし、シンガポールとの落差のようなものを感じ、やはり香港にわざわざストップオーバーする必要もあまりないのかなぁ、と思ったのでした。

ホテルの話だけど、カオルーン・シャングリラのリムジンサービスはSクラスのメルセデスがゆったりと送り迎えしてくれ、これは本当によいサービスだと思う。香港って空港から遠いんです。このようにお迎えに来てもらってノンストップでハイウィイを走ってもだいたい30分はかかります。
まして、香港のタクシーはトランクスペースが小さいので大きいスーツケース2個はかなりきついです。エアポートバスもありますけど、なにせ通りに人が多いのでスーツケースを引いて歩くのはあまりお勧めしたくない。
リムジンのドライバーは英語も話しますし、なによりとてもフレンドリーです。

「ワタシの名前はテリーです。ホテルまでお連れいたします。」
「今日は道がそれほど混んでいないので、ホテルへは30分程度で到着します。おしぼりをどうぞ」

と、冷たいおしぼりを差し出される。(彼は既に運転中)

「おしぼりを回収します。アームレストに置くと邪魔になりますからね」

と、トレイを差し出す。(彼はもちろん運転中)

「エアコンの温度はいかがですか?ちょうどいいですか?」
「音楽は何にしましょうか、いろいろいありますよ。」

ええと、何か静かな音楽でいいんですが。

「ケニーGとかもありますよ、ケニーGいかがですか?」

と、彼はモニタをスクロールする。
ケニーGじゃなくていいんだけどな、と思いながらも、他に何があるのかのやりとりが面倒で、ケニーGをお願いしてしまったのです。

空港からホテルまでの道すがら、ケニーGにそこそこ癒されながら快適なドライブだったのでした。
リムジン利用される方は、ミュージックを何にするかも考えておいたほうがよい、という教訓。

アイランド・シャングリラのときはそんなに音楽のことを言われなかった気がするのだけど。
香港へはしばらく行く機会がないとは思いますが、このローズウッドのホテルができたらまた行ってみたいとは思ってます。


2016年GWのシンガポール&香港旅日記、以上でおしまい。

More
[PR]
by MySakuranbo | 2016-06-09 19:56 | -Hong Kong | Comments(0)

シンガポールでイタリアン

さぁ~て、ぐだぐだはさておき、またシンガポール旅記録に戻ります。
いつまでやるんだ、これ(笑)

シャングリラ・シンガポールには4つのレストランがあります。

The Line (オールディダイニング:なんでもある)
The Waterfall (イタリアン)
Shang Palace (広東料理)
なだ万

この日はウォーターフォールにてDinnerをいただきました。予約はしたほうがベターです。席はテラスと中とあって、どちらも素敵でいいのだけど、このレストランは冷房が効きすぎることがいつも悩ましいので、テラス席を予約しておきました。

んが!
予約の19:00になってもその日はとても暑い。
どうしようかと思っていたら、中の席でも冷房直下ではないところがあるよ、とのことなのででそこに変更してもらえました。(それでも十分寒かったけどw)

ウォーターフォールには長いワインリストがあります。
イタリアのものが豊富ですが、その他も沢山ある。

今回の食事に合わせるワインはトスカーナのキャンティを選んでみた。
b0043980_23342317.jpg

マルケーゼ・アンティノリ・キャンティ・クラシコ・リゼルヴァ
MARCHESE ANTINORI CHIANTI CLASSICO RISERVA 2011
シンガポールではワインはとても高いのだけど最近は少しずつ安くなっている気がする。 気のせい?
これにします、と言ったら「ワンダフルチョイス」とソムリエに言われ、ちょっとうれしくなる。

b0043980_23342320.jpg

こちらが前菜。ナスのグラタンとサラダ。
そしてメインの肉!
b0043980_23342474.jpg

付け合せにポテトもお願いしたのでこれでちょうどよい腹具合でした。

このお肉がワインにとっても合い、やっぱりワインは料理を引き立てるなぁ、と思ったのでした。
キャンティ・クラシコはヘビーすぎて最近はあまり飲んでいなかったのに、はまるときははまるもんだ。 イタリアワイン自体少し遠ざかっていたので、もう少し飲んでみようかしら。
[PR]
by MySakuranbo | 2016-06-09 00:05 | -Singapore | Comments(0)

シンガポールでドイツビール again

さて、シンガポール旅行のつづきです。
う~ん、いまどきこんなに情報があふれている中、いちおう世の中の読者の目線も含めて書いてはいます。
皆さん興味あるんでしょうか?!

でもね、書かないと、「アレ、あの旅行のときってどのレストランに行ったんだっけ」となってしまうので、自分の記録もしっかり兼ねているのは事実。

シャングリラネタも飽きたと思ったら、毎年そこそこ新たな美味しさ、面白さを発見するのがいいところ。
だから毎年シャングリラに通ってしまうんですね。

最近のトレンドはずばり、テニスです。
ラケットなど貸してもらえるので、へたっぴしかやらない真昼間を選んでとしくんとパカンパカン、スカッっとやっています。毎年少しずつ上達はしているけれど、年に1度しかやらないので亀以下の進捗(笑)
去年よりラリーが続くようになったねぇ、と汗かきながら楽しめるのがなによりではないですか。

ある日、散歩がてらインディアンストリートに出かけてみました。
b0043980_19565412.jpg

えーと、見るだけで終わり、サマセットまで戻ってきて、
b0043980_19565721.jpg

いつものビール屋。

ところが!
なんとここPaulanerとの契約をやめてしまったようで、日本でも飲めるレーベンブロイが主になっていた・・・。
本当に残念。下調べしなかった自分が悪いのだけど、あとで見たら、な、な、なんと、直営店を開いているではないですか!

いったい何をやってるんだーーー。




われらはいつもの313 Somerset にあるブロツァイトにてしかたなくありもののビールをいただく。
b0043980_20953100.jpg

b0043980_2095596.jpg

もちろんすごく美味しいし、このカレー味のソーセージはミュンヘンの味そのものであったが、そこはかとなく残念でした。

でも、Paulanerもみつかったことだし、やっぱりブログを書いてよかったな(笑)

場所はここでマリーナエリアのミレニアウォークにあるらしい。

本当にいったいいつからあったんだ・・・

気を取り直し、情報をば。

http://www.paulaner-brauhaus.com/?s=y&g=

9 Raffles Boulevard
#01-01 Millenia Walk
039596 Singapore
SINGAPORE
+65 6883 2572
+65 6883 0702

Opening Hours
BAR:
Lunch (Mon-Fri): 12pm-2.30pm
Sun-Thu: 12pm-1am
Fri-Sat & Eve of P.H.: 12pm-2am
RESTAURANT:
Lunch (Mon-Fri): 12pm-2.30pm
Dinner (Mon-Sun & P.H.):
6.30pm-10.30pm
Sunday Brunch: 11.30am-2.30pm

次回のシンガポール訪問時は必ず行こうっと。
しかしなんで日本にはドイツビール屋さん来ないのかなぁ。やっぱり本邦麦酒会社が強いからかね。
[PR]
by MySakuranbo | 2016-06-01 20:13 | -Singapore | Comments(0)

デンプシーでカニ

夕食に予約していたのはDempsey HillにあるLong Beachです。
ここは蟹で有名なレストラン。以前にイーストコーストのお店で美味しかったので、また行きたいと思っていたのでした。

Long Beach
http://longbeachseafood.com.sg/
住所: 25 Dempsey Road, シンガポール 249670
電話:+65 6323 2222
営業時間: 11時00分~15時00分, 17時00分~1時00分

b0043980_21533732.jpg


デンプシーヒルは初めての場所で、シャングリラからは結構近いです。
予約は必須。

19:00の予約でしたが、まだ明るくて、丘の上にあるので風も気持ちよかった。
外か中かでいうと、テラスの外のほうが自然の風もあってよいお席だと思います。
b0043980_2153433.jpg


まずはビールでしょう。
b0043980_21565620.jpg

タイガーの生ビール。
現地ビールはやっぱりその土地で飲むのが美味しい。日本でタイガーを飲んでもピンとこないときもあるけれど、シンガポールだとなんだかより美味しく感じる。

b0043980_215788.jpg

b0043980_2157726.jpg

b0043980_21574273.jpg


上から、青菜、茄子のXO醤ソース炒め、そしてチリクラブ。
このぐらいの量で二人でちょうどよいです。


帰りも歩いて帰るわけにはいかないので、お店にタクシーを呼んでもらいました。
指定のナンバーを書いたもの小さな紙切れをもらうのでそのナンバーの車を待って乗る仕組みでした。

チリクラブはひさしぶりに食べたけどやっぱり外で食べると美味しいです。
おなかいっぱい。
[PR]
by MySakuranbo | 2016-05-22 22:04 | -Singapore | Comments(0)

朝食 @ シャングリラ・シンガポール - シンガポール旅記2015

シンガポール旅の続きです。
ちょっと時間を先にすすめて、土曜日の朝。

b0043980_13300392.jpg
エレベーターのマットはいつもその日ごとに変えられることに気が付きました。
前日がFridayだったからひょっとして明日は・・・と期待していたら、やっぱりSaturdayになっていました。特にバケーションで来ていると、今日が何曜日かってあまり気にしなくなるものだけど、さりげなく「土曜日です」って言ってくれている心配りを感じてちょっといいよね。

さて、エレベーターを降りて朝ごはんにむかいます!
Valley Wing宿泊者は1FのSummit Room(サミットルーム)にて朝食がいただけます。
Half Buffetのような形で、エッグ料理などはオーダーし、あとは好きなものを持ってくる仕組みでした。

サミットルームはドレスコードがあり、朝食でも男性は短パン、ビーサンはNG。男女とわずいつでもビジネスカジュアル以上のドレスアップが求められる点が、他の朝食場所のLineやWaterfallとは違いますね。とはいえ、それほど気にすることも実はなく、男性はチノパンにポロシャツ、女性はワンピースでも、トップス&パンツでもいいのです。

特に土日はビジネスの方々もオフになるので、くだけた雰囲気でした。
b0043980_13293514.jpg
こちらはわたしの選んだスクランブルエッグ+ベーコン+トマト
b0043980_13292893.jpg
としくんは目玉焼きにほうれん草、ソーセージです。
さらに、私はワッフルもお願いしました!
b0043980_13293233.jpg
間にリンゴのコンポートが詰まっていて、甘くておいしかった。
サミットルームでの朝食は味もすべてエレガントでした。


では、最後に

シャングリラ・シンガポールの朝ごはん勝手にランキング~~☆

1位 Summit Room : 断トツ! 静かですし、小さなお子様があまりいないです。でも、がつがつBuffet気分で食べたいときはLineに行ったほうがいいですね。

2位 Line : 中華、インド、ヌードルなどあらゆるものがそろっています。ちょっとガヤガヤしているのと、お席によっては薄暗い場所もあるので、好みがわかれるところ。場所は窓際と言ったほうがいいかもしれません。また、席を案内してくれるスタッフと片づけ専用のスタッフとはヒエラルキー的に完璧に分かれていますので、特別なお願いがある場合には、黒服の方々に声かけたほうがいいですね。 私的にはここのインド料理が一番好きです。フルーツはその日によってバラエティがわかれますが、雨期のほうが種類が多いのは当然。ドラゴンフルーツははずれがないけれど、メロンは時折美味しくない(笑)

3位 Waterfall grill: ここは冷房がきついです(笑) あと、朝食のバラエティで言うとチーズとパンは充実しています。朝食1度、夕食1度しか食べたことがないけれど、たぶん、Waterfallはランチが一番いいのかな、という気がしてますね。
ランチなら予約なしででウォークインもOKです。Dinnerは最近は予約しないときついです。






[PR]
by MySakuranbo | 2015-07-19 14:33 | -Singapore | Comments(0)

シャングリラエリア散策ー夏の初めのシンガポール記2015

シンガポール旅のつづきです。

シャングリラ・シンガポールのあるオーチャード西のエリアは”THE 高級コンドミニアム”というエリアでちょっとしたお散歩も気分がよいものです。
オーチャードロードに行くまで裏側から回っていくことができます。

b0043980_00212875.jpg
こんな涼しげなエントランスをぬけると個性的なコンドミニアムが立ち並んでいます。
b0043980_00255496.jpg
b0043980_00253855.jpg
この裏道、治安もよいエリアなので散策にほんとおすすめ。
アンダーソンロードを歩き、スティーブンスロード(Stevens Rd.)に抜けていくとグッドウッドホテルの脇を通り、ちょうどオーチャードのマリオットホテルに出ます。
あるいはArdmore park (アードモアパーク)も素敵な抜け道。

オーチャード通りは本当にいつも人でいっぱいなので、静かな散歩にはこのエリアがいいかなぁ、と思います。ちょこっとオーチャードでショッピングをし、このあとは予約していたテニス!
コートを事前に予約をし、レンタルでラケット&ボールを借りて、としくんと二人で初テニス(笑)

お互い下手なので、人の邪魔にならないコートを、とお願いしていましたが、真昼間、2時からテニスをやる人はそうはいないらしく、大胆に使うことができました。
2時間ヘトヘトになってテニスをし、そのままプールに直行というヘルシーそのものな一日を過ごすことができました。

プールはあまり子供がいなく、泳ぎたい系の人が多かったので、私たちもしっかりと泳げました。
やっぱりシャングリラのプール。うちのジムよりも水質がいい!
あぁ、帰ってきた、と思わずにいられない本当に楽しみなプールです。

深いところに行く楽しみもあり、1.2Mエリアでの水と戯れる楽しみもあり。
心のままに体を動かし、水と一体化する喜びで、これぞバケーション、という気分になりました。

世界中まだ数えるほどのホテルにしか泊まっていませんが、何度きても、本当にここは素晴らしいファシリティーだと思えました。

このあとはディナータイムにつづきます。




[PR]
by MySakuranbo | 2015-07-08 00:41 | -Singapore | Comments(0)

夏の初めのシンガポール 2015

シンガポールの旅行記をはじめます!
東京はうっとおしい天気が続きますが、シンガポールは良いお天気でした。
今回はANAマイレージでの往復ビジネスクラスの旅です。
合間にANAのマイレージの規約が変わったり、なかなか面倒でしたが、電話の担当の方も快く
新しい予約に変えてもらったり、幸先がよい旅でした。
正味2日の3泊4日の旅のはじまりです。

成田は・・・

すっとばし、一気にシンガポールにいくことにしますね^^

今回の宿もシャングリラシンガポール。
予約センターからのオファーでValley Wingにアップグレードしました。
いままで宿泊したことのなかったヴァレーウィングでしたが、やっぱり(というか、当たり前に)居心地よく快適なステイでした。

まず、お部屋は高層階を指定し、こんな内装です。お部屋はガーデンウィングより大きく、お花は胡蝶蘭がありました。また、フルーツは毎日たくさん入れ替えられます。



b0043980_23034401.jpg
b0043980_23034482.jpg
この後方には大きなクローゼットルーム

b0043980_23034440.jpg
そしてダブルボールのシンクにバス、シャワーブース、ロクシタンのフレグランスシリーズのアメニティでした。
到着したのは深夜でしたので、食事は機内で済ませたためシャンパンのみをお願いしておきました。

Valley Wingは他のウィングとちがって入口がOrange Grove Rd.ではなくAnderson Rd.にありますので、Valley Wingのエントランスに行くようにタクシーに伝えたほうがよいです。Orange Groveから入ってしまっても、駐車場を通り越してタクシーが通れるようにできていますので、とにかく「Valley Wingへ」と伝えるのがよいかと思います。
b0043980_23130611.jpg
b0043980_23130664.jpg
こじんまりとしたステキなエントランスが待っていますよ。






[PR]
by MySakuranbo | 2015-07-06 23:17 | -Singapore | Comments(0)

2013年締めのシンガポール旅行記: 大晦日


 
年末シンガポール旅行記です――

大晦日のディナーを終えて、お部屋に帰ってきたらこんなサプライズがありました。
b0043980_11184849.jpg
シャングリラ・オーチャードでもカウントダウンパーティーが行われました。
ロビーバーにステージを作って、歌手やダンサーも来たりして、結構賑やか。パーティーへの参加はIn house guestはフリーでできるのだけど、シートはない。これは$300ぐらい支払った人たちが確保されている様子で、地元のゲストも楽しみにしているみたい。 わたしととしくんは軽く雰囲気だけ味わってから、部屋に帰ってNHKワールドでやっていた紅白歌合戦をみることにしました。

シャンパンをオーダーし、けっこう楽しかった。
ちょぃと奮発し、Moet Roseなど入れてみたが、シンガポールのインルームでボトルシャンパンを頼むのは清水から飛び降りる勢いです(笑)でも、パーティー気分&大晦日な我々には、この日ばかりは何でもアリだったのだ!

b0043980_19571612.jpg

この不思議な感覚をみてください。
シャンパン、半袖、そしてTVに映るのは・・・

生さだ

ですよ。

2013年はこんな風にして終わっていきました。
b0043980_19570452.jpg

タングリンロードのデコレーション


[PR]
by MySakuranbo | 2014-02-16 20:22 | -Singapore | Comments(0)

2013年締めのシンガポール旅行記: 香港乗り継ぎキャセイパシフィック

年末シンガポール旅行記です――

時をぐっと戻して、出発の成田空港のこと。
キャセイパシフィックでシンガポールに向かったので、利用空港は第二ターミナルでした。
第二ターミナルでは、あの悪名高かったサテライト行きのモノレールの撤去工事が行われていて、その代りに動く歩道が設置されていました。
b0043980_18322785.jpg
いや~、やっとあのモノレールが無くなるのか、と思うと感慨ひとしお。
跡地にはショッピングモールになるんじゃないか、という噂もあり。

キャセイパシフィックのビジネスクラスラウンジのロケーションはいまひとつです。
だって、こんな景色。
b0043980_18323555.jpg
出発時は空もグレーで猛烈な寒さ。
10時ごろのフライトでしたが、もちろんビールはしっかり飲みます。
b0043980_18323227.jpg
このところ直行便のシンガポール航空を使っていて、エコノミー席が多かったので
ひさしぶりのビジネスクラス、楽しかったです。お値段もハイシーズンはエコノミー直行便とビジネスクラス経由便との差が小さく、ほんの数万上乗せするだけで乗れたこともありこちらを選択しました。1年おつかれさまの意味もこめてね。

でも、正直少し実験的なこともあったのです。 
東京ーシンガポールの直行便だとフライト時間は6時間半ほど。
香港経由を含めて10時間というところです。トランジットは1時間5分なので、正味のフライト時間としては8時間半で、その差は2時間ということになります。

ただ、東京ー香港は5時間半、香港ーシンガポールは4時間という比較的短い二つの区間を飛ぶにあたり、機内の過ごし方に変化があるかな、と思っていました。
フライトスケジュールは以下のとおり。

NRT
10:35

HKG
15:00

HKG
16:00

SIN
19:50

SIN
20:15

HKG
00:05 +1

HKG
01:05

NRT
06:15



東京ー香港

出発前:シャンパンサービス
30分後:ドリンクサービス
1時間後:ランチ11:30(デザート・アイスクリームつき)
2時間後:撤収
4時間後:降下開始
4時間半後:到着

香港ーシンガポール

出発前:シャンパンサービス
30分後:ドリンクサービス
1時間後:ディナー 17:00(デザート・アイスクリームつき)
2時間後:撤収
3時間半後:降下開始
4時間:到着

なんだか、慌ただしくないですか?
そして、ランチもディナーも機内食というのがどこか哀しい。
だから、到着日はホテルで軽く飲んだだけで終わりました。これが昼間の直行便だったら、17:30ごろ到着するので、ディナーは絶対に現地で取ると思うのです。いままでもそうしていましたし。

シンガポールの楽しみは食べること。
その楽しみを一つ減らしてまで、ビジネスクラスの乗り継ぎ便で行く意味があるのかな、とか考えてしまいました。
もちろん、直行便で予算内のビジネスクラスが取れれば申し分ないです。
今回の旅が決まったのは10月の半ば。 この時点で割引価格のビジネスクラス料金が豊富に提示されているわけでもなく、エコノミーのPEXに近い価格帯のみしか空いていなかったので仕方なかった。
仕方なかったのだけど、どこか哀しいのです。

b0043980_18595498.jpg

機材は例によって、成田―香港より香港ーシンガポールのほうが新しかったです。それと、帰りは夜間のフライトだったので、フルフラットのコンパートメントでした。同じAirbus 330-300ですが、シートアレンジが違います。比べてください。

シンガポールにはANA、シンガポール航空、キャセイパシフィックの3種類でいく機会がありましたが、やっぱりシンガポール航空の直行便かな、No.1は。

[PR]
by MySakuranbo | 2014-02-16 19:02 | -Singapore | Comments(0)

2013年締めのシンガポール旅行記: 大晦日レストラン事情

年末シンガポール旅行記です――

大晦日のDinnerをどこで、何を食べるのか。
私がどうしても行きたかったのは、広東料理のシャンパレス(香宮)です。
前回行ったとき、すごく美味しかったので、大晦日もぜひにと考えていました。
しかし!
これは旅行前からの最大の関心事項でありながら、気が付いたときにはホテルDinnerの予約サイトからでは既に満席。予約対象日から除外されていたのでした。
さぁ、どうしましょう。

頼みの綱は、ホテルにチェックインのときにレセプショニスト経由での予約です。
チェックインの騒動のあと、さっそく頼むことにしました。

ガーデンウィングの専属のレセプショニスト、シャネルさんはすかさず電話をとり、レストランマネージャーと直接話をしてくれます。そして、最後の1席を確保!ホテルゲスト(In-house Guest)のDinner reservationはVisitorとはちょっと違う扱いなのですね。

チェックインが30日だったこと(当日は絶対に無理)も、ぎりぎりよかったみたいです。
でも、何事もギリギリはダメですね。 次回はもっと事前にお願いしておきます・・・。

大晦日のメニューはFestive Set Menu(プリフィックスコース)のみ。
2種類のプリフィックスから選べますが、私は燕のスープに興味がなかったのでベーシックなほうのメニューにしました。

カウントダウンパーティーさながらの、ハットとクラッカーつき。
ハッピーニューイヤー!
b0043980_13442329.jpg
ちょっとライティングが暗いですが、お料理の写真も一部ご紹介。
b0043980_13443774.jpg
b0043980_13443151.jpg
b0043980_13442703.jpg
やっぱりシャンパレスは美味しいです。
写真うつりが悪いけれど、この鴨は最高においしかった。

[PR]
by MySakuranbo | 2014-02-15 15:11 | -Singapore | Comments(0)

毎日が新発見 【2017限定】USCPA合格への道を綴ります


by me
プロフィールを見る
画像一覧