A tag for "English Speaker" 英語ネイティブというレッテル

"But don't forget you are a Japanese."

と、そのネイティブは言った。


私は英語に対しての圧倒的な熱望、渇望があり、さらなる高みを目指している。
どのような場面であっても、ネイティブと話をする時には

By the way, it may be a stupid question if I ask you about...

「ところで、もしかしたら馬鹿な質問をしているかもしれないのだけれど・・・」


と前置きをしながら、私の英語のレベルは客観的に見て、聞いて、どのような印象を持つのだろうか、ということが気になるのだ、と打ち明けてみる。

数秒の





そこにあり。


Well, you are a Japanese who speaks English, so we just think you are a English speaking Japanese. Then our interest is to communicate with such Japanese who speaks English, so and so... you are no native speaker afterall...

「きみは英語を話す日本人だから、僕たちはきみのことを日本人で、英語を話す人だと思うだけだし、だから僕らの関心というのも、英語を話す日本人とコミュニケーションがとっているってことだし、それに、それに、きみは結局はネイティブスピーカーじゃないんだから・・・。」


と、いうような回答をもらうことになる。

期待とちょっと違う答えをもらっている、ということはお気づきになるだろうか。
別に「君の英語はいいねぇ」と言ってもらいたいわけではない。 
ただ、客観的に、普段接している他の日本人の英語、外国人の英語と比べてどうなのか、ということを「文字にして」表現してほしいだけなのだ。

でも、彼らはそんな答えはくれないの、きっと、ずっと。


英語ネイティブの外国人は、英語しか話さない、という人が多く、それは育った環境とか、必要性とかが関係してくるのだろうけれど、概して、バイリンガルとはどのようなものか、が『想像の域』を超えないことが多い。

これがたとえば、フランス人で英語を話す人と、英語についての話になると、もっといろいろな意味で盛り上がる。 

きっと、わたしがさっきのような質問をしたときの数秒の間にすべての答えがあるのだろう。
結局のところ英語がネイティブだろうが、ネイティブレベルだろうが、流暢(fluent)だろうが、自国の言葉以外の言葉を用いて、他の人のことを理解できる”可能性”がある、とういことが、英語を使う一番のメリットではないか、と思うのだ。

英語ネイティブスピーカーが非ネイティブスピーカーを見る目線というものは

"OK, he is a native, but she is a non-native English speaker."

と、いちいち区分を付けているとしか思えない。

私たちは、あなたは日本語ネイティブ、だけど、あの人は日本語ネイティブじゃない、と、いちいちタグをつけたりはしない(と少なくとも私は思っている)。
だけど、私たちは

あの人は日本人だけど、あの人は日本人じゃない、というタグはつける。

そちらのほうがむしろもっと危ういのだが、この際そこはスルーする。
[PR]
by MySakuranbo | 2012-05-25 16:15 | -English | Comments(0)

毎日が新発見


by me
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30