カルチャーギャップ

会社の文化ってなんだろう。
この年にもなって「文化に合わせよ」と言われても、それがいったい何なのかさっぱりわからない。
逆に、仕事だけじゃだめなんですか、ですよ。

でも、ファミリーフレンドリーで、子育て応援企業たるもの、周りを支えつつ、いがみ合わず、痛いところを突かず、まぁまぁのレベルでよく、ついでにスピードも求めず、できなくても仕方がなく、さらには結果もどうでもよく、プロセスが大事なんだ、と。

そう、上司はいいのけた。

はぁ、そんなもんですか。
私のいた世界とは違います。

わたしは仕事に責任をもってやりたいし、あまりもずぼらな仕事をする人には、痛いことも言うし、ちゃんとやろうよ、って言う。

でも、それは

会社のカルチャーとは違う

のだそうです。

「女性が多い職場だからですかね」と聞いてみた。

「たぶん、そうでしょうね」と、その人は言った。

彼女たちは言う。
自分の都合ではなく、子供の都合だから休むんだ、と。子供の保護者会だったり、PTAだったり、朝の見守り?だったり、子供のイベントだから、休みます、と言う。

でも、私にとっては「それは私用だから休む」と何が違うの?
と、思ってしまう。

休むな、と言っているわけではなく、自分の都合ではなく、子供の都合だから、をあえて私は知る必要はないわけです。

どのような人にもどのようなシチュエーションがあるので、ことさら、子供を強調することのメリットもデメリットもないと思うので、理由を言う必要はなく、休む、とだけで別にいい、と言ったことがあります。

それの何がわるいのか。

会社のカルチャーは女性や弱者(よばわりされているLGBTI)に寄り添うのだそうだ。
へー。 あなたはLGBTIの何を知っているのか、と問いたい。

ま、言わないですよ。
私が子宮がないこととか(笑)

ブラック過ぎるから。

でもね、そういう風にして業績がよくなるのではなく、業績が下降するのであれば、何かを変えなくちゃ。それがたとえ守りたい『文化』だったとしても。

今日はひっさしぶりに頭にきました。
涙でました、あまりにも情けなく(トイレで)。


そうですか、文化ですか。

という

責任逃れではないんですか?

ええ、わかっています。
ふぅ・・・。

最近のごたごたの8割はこれですね。
守りたい人たちのエゴは強く、とても排他的です。

3年耐えましたが、もう疲れました。そろそろ潮時です。





[PR]
by MySakuranbo | 2015-07-15 20:52 | -Jobs | Comments(0)

毎日が新発見


by me
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30